2009年9月 3日 (木)

女脳・男脳

拝啓シュート女さま

参議院選挙は予想以上の民主党圧勝でしたね。興味津々でYahooニュースをチェックするダーリンとお嫁。でもね投票できなかったの。在外投票にはいろいろ規約があり、登録申請に時間がかかって今回は無理だったのよsweat01

しかし…投票できたとしても誰に&どの政党に投票すべきか悩んだはず。だって投票したい候補者・政党がないんだものdespair

今回、民主党が圧勝したけれど、これは国民が「民主党の政策に期待」しているわけではないと思うのよね。「自民党、あかんよねぇ~。じゃぁ民主党にでもしとこうか」っていうネガティブ票が集まっただけ…。

だから民主党よ、今回の勝利に酔いしれないこと&いい気にならないこと。そうでなけりゃぁ、やがて「やっぱり民主党もあかんやん」って言われるのがオチですぞ。(←何様発言のお嫁であります…

さて、昨日よりジュニアの学校がスタート。いろいろ事情があってお嫁はジュニアと毎日登校することに。この学校、規模が小さいのもあって、親たちがしっかりと活動しないと運営できない。だからお嫁、ばっちりお手伝いを頼まれちまいましたぁ。アートアシスタントとしてアートの授業をサポートすることになりましたの。(注:絵やら創作やら音楽やら演劇などアートにすごく力を入れている学校なので…つまり…めっちゃお手伝いをすることが多そうwobbly

ジュニアのクラスは女の子6人・男の子6人。昨日、子どもたちの遊んでいるようすを眺めながらアマンダ(先生)とクスクス。

女の子たちはお人形遊びとおままごと。男の子たちは海賊ごっこ。

男の子たちはキャーキャー奇声をあげながら走り回る・走り回るだけ(お猿クン状態)。だけど女の子のグループはもうひとつの社会ができている。会話もおませ。

A「人形遊びをやめて砂遊びをしましょうよ」

B「いいわよ。でも、人にモノを頼むとき、そんな言い方でいいのかしら?なにか一言忘れていない?」

A「Please…」

ですって。男子グループは頭から湯気が出るほど汗をかきながら走り回っているだけなのにね。女脳と男脳の違いを見せていただきましたって感じimpact

まぁどちらにしても、本当にすばらしい環境のなかでのびのびと育つ子どもたち。本当に羨ましいかぎり。 森のなかを駆け回り、自然のなかでさまざまな創作を愉しみ、子ども一人ひとりのレベルにあった丁寧な授業を受けているようすは、まさしく(お嫁にとって)理想のかたち。子どもも親も、そして有形無形のサポートしてくれる周囲の大人たちも、みんなハッピーそうheart01

民主党のみなさんよ、頑張って日本をハッピーな国にしてくださいませな。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年4月 8日 (水)

特番♂と♀の暗い溝の解明

flairflairflair

拝啓浪花嫁さま、読者の皆様,

今日はお嫁の出発前日、まだ大阪においででやんす。が、こんな不思議があるやろか?お嫁が大阪を出ようとしている今、オイラにはまた別の浪花の友が湧いて出た。彼女(あきらちゃん)のコメントがあまりに凄いので、コメントとしておいておくにはもったいない。そう、今日は特番でおます。以下コメントより:

ーーーーーーーーーーーーー

こんにちわ。
”カナダの姑さん”の友人でーす。

あのぉ・・・私、未だに未婚者やからここにコメントする資格なんて全くないんですけど。タイトル(男と女の違いNo。2)にめちゃ興味持ってしもたんで、乱入させて頂くことにしました。m(_ _)m

んとですね。心理学&生物学の観点から言うとですね、
「モナちゃん」さんと「浪花嫁」さんのご意見は、世の中の女性の殆どが感じてはることらしいです。妻に限らず・・・日本人に限らず。

結論から言うと『脳のつくりが全く違う』のが大きな原因らしいです。お2人のトピックから少しズレてしまうかもしれませんが、少し例を挙げてみますね。

1.自分はハッキリ覚えとる事も、相方は覚えとらん

2.自分は相手の態度に我慢出来ずに発言してるのに、相方は黙ったまんま。その沈黙に対して、「私の話、ちゃんと聞いとんのsign02 何考えとるんsign02punch」と更に怒りが倍増してしまう

3.相方がTVを観てる時に話しかけても無反応な時がある

・・・とまぁ、他にも色々とあるんですが、列挙すると枚挙にいとまがないので今回はこの3点に絞りますね。

それではまず、一つずつ解明していきましょう!

1.脳の中にある、”記憶”をつかさどる「hippocampus」という部分が、男性の場合、一般的に女性よりも小さいんです。
つまり、モナちゃんさんの相方の場合も同じで。モナちゃんさんが「”何年何月何日何時に、あんたは、こうこう言ったでしょう?」
と言っても相方は全く覚えていないんです。
元々、hippocampusが小さいので・・・。sweat02

2.この解説は少し複雑です。

a. 会話をする際、男性の脳の中では平均3~4ヵ所が機能していますが、女性の脳の中では平均5~7ヵ所も機能しています。

b. 人間の脳の真ん中には、右脳と左脳のシグナルを繋げるバンドみたいなもの(corpus callosurn)というものが存在します。このバンドが太ければ太いほど、右脳と左脳のシグナル交換のスピードが速くなります。一般的に、女性のバン ドの方が男性よりも太いと言われています。

a &b の事実を組み合わせると、以下の結論が出てきます。

例えば。浪花嫁さんがダーリンに対して怒った時に、ダーリンはその感情を右脳で受け止めているハズです。そして、自分の頭の中でも(浪花嫁さんの言葉に対する)新たな感情が生まれています。
がしかし、バンドが細い為に、その”自分の感情”を、右脳→左脳へ移動させるスピードが(女性よりも)遅く、左脳に伝わっても、今度は「言語機能ヵ所が少ない」為に、すぐ言葉に出てこないんです。
で、その感情を言葉に出そう・・・と男性がもがいている間に、女性の方が(感情を左脳に伝え、言語化するスピードが速いですから)次から次へと感情をハッキリとした”言葉”に現わしてしまいます。
その弾丸トークに追いついていけずに参ってしまう男性は
「・・・・・・・・・。」
と話さなくなってしまうんです。

更には、1.の回答と関連してきますが。
人間の脳は、「言葉に発することで、記憶力が増す」という特徴を持っています。なので、女性の場合、

「感情を言語化し、言葉に表すことに長けている」
   ↓
「口に出したことが、hippocampusに記憶される」
   ↓
「hippocampusが大きいのでより記憶が長持ちする」   

というメカニスムが男性よりも発達しているわけです。
だから、女性の場合、20年も前に言われた相方からの酷なセリフなども記憶しているんです。男性は「そんなことあったっけ?」とトボけてしまいますが。

3.これは驚くべき事実なのですが・・・。
一日の中で、女性の脳内は(眠っている間も)機能しています。
一方、男性の脳の場合、一日の中で一瞬脳が(無意識のうちに)
シャットダウンしてしまう時間が必ずあるんです。
この現象が起こり易いのが、男性が「TVを観ている時」です。
野球ファンやサッカーファンの男性が、スポーツを夢中になって観戦している最中は大丈夫です。(苦笑)
でも、リモコンを独り占めしてチャンネルを回しつつ、大したことのない番組を暇つぶしにボ~ッと観ている瞬間。その瞬間に、眼はちゃんと開いているのにも関わらず、脳内の機能が全て停止してしまっているんです。
だから、女性が「ねぇねぇ、あのさぁ~」と話かけても、(脳がシャットダウンしてしまっているので)聞こえていないんです。決して無視しているわけじゃぁないんです。不思議なことに・・・。

というわけで、長くなってしまいましたが。
女性と男性の脳のつくりが根本的に異なる為に、「なんで!?」と
相方が理解出来ないことがある・・・ということらしいです。

ちなみに。余談ですが。勿論、全ての男性が前述に当てはまるとは限りません。男性の中には、女性の脳のつくりに似た脳を持っている人もいます。そういう男性の脳は、Michael Gurian氏によると、
"Bridge Brain"と呼ばれています。この"Bridge Brain"を持つ男性と結婚すると、夫婦の関係に歪みが起きにくい・・・と著者は述べています。

以上、マメマメ知識でした。( ̄▽ ̄)

ps; これらの情報は、様々な本に書かれていますが、私が一番お勧めする本は、Michael Gurian 氏がとても分かり易く書いている「What Could He Be Thinking?」という本です。
「それそれ、めっちゃ分かる!」と同感する読者も多いと思いますよ。

ーーーーーーー

読者の皆様おわかりになりましたん?オイラは思わず浪花嫁が去った後、この「あきら」ちゃんをI教授に紹介しちゃおうかと思ったくらい。あきらちゃん、あんた勉強家やったもんな〜?と思い出しておりまする。

皆さん、いつでも飛び込み乱入歓迎です。知識は分ちあいましょう。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (8)

2009年3月27日 (金)

女と男の違い Part2

拝啓シュート女さま

そうそう、女と男には暗くて深い溝がありますわぁ。しか~し、あの穏やかでジェントルマンそのもののハズさまにも押してはいけないボタンwobblyがあるとはびっくり。やはり夫婦といえども他人ですものねぇ。

つい先日、ダーリンと話していてヒョエ~っと思ったことをご紹介。

普段は基本的にあっけらかんとしていてあまり物事をこだわらない浪花嫁。しか~し、私たち夫婦を苦しめ、ジュニアを不登校に追い込んだ例の一件の張本人と、一貫して傍観者の立場で私たちを助けてくれなかった学校だけはいまだに許せない。正直言っていまでもどす黒い思いが心の底に渦巻いている(←すみません、うっとうしい話で)。

だからお嫁が「出発前にあの人たちにビシッときつい言葉を投げつけたい」とこぼしたところ、ダーリンは

「えっ、いまだにあのこと、引きずってるん? ええやん、もう。ジュニアはあんなに元気で毎日笑顔を見せてくれているやから、それだけで十分やん」

と言うではないですか。ヒョエ~。ダーリン自身だってあんなに悩んで苦しんで胃腸薬のお世話になっていたのにぃ。そんなにあっさり忘れられるもんなんですかい? しかも

「向こうになにを言ってもしょうないでぇ。相手にする価値もないんやし。浪花嫁ちゃん、自分をわざわざ向こうのレベルに落とす必要ないやん」

ですって。ヒェエ~。なんちゅう達観。7歳下とは思えまへん。

これって女と男の差? それとも人間の差ですかねぇ。

どちらにしてもダーリンに惚れ直したお嫁。そう、終わったことはしょうがない(まだ弁護士を通じての話し合いは続いているけれどね)。しかも、今回のことがあったからこそ、お嫁もようやく重い腰を上げて長年の夢の実現に向かって動けたんだものねぇ。これこそ「災い転じて福となす」でしょう。

いやはや他人と暮らすのは大変だけど面白い。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (5)

2009年3月26日 (木)

暗くて深い溝があるのよ、、

拝啓浪花嫁さま,

男と女なんて解り合えたり、うまく行ったりするほうが不思議なんだと、つくずくと思ったわ。

というのも、今日は中国人の友達(♂)とお昼を食べたんだけど、まあね〜、彼は私の友達だけあって(?)仕事も子育ても家事もできて理想的な夫。でね、彼のワイフは日本人で見た目はきれいで、優しそうで、穏やかそうで、どこが不足か?と思うような方。

ところがどっこい、彼はストレスでイッパイ。DVDプレーヤーをひとつ買うにしても、いや、どんな会話をしても喧嘩になり、机をひっくり返したりするらしい。でもそんなふうには絶対見えない彼女なの。キーキーなっちゃうんだって。

うちだって、マイハズはそれはそれは優しそうに見える夫だけど、なんのなんの、、。本気で喧嘩してアレを言ったらもう終わりだなっていうボタンがおそらく二人ともにあって、それを押さないようにして、、、るわけ。でもその彼のワイフはドンドン押しちゃって、そうすると気分が晴れて機嫌良くなるんだって。

あんなに仲の良かった夫婦がなんで急に離婚したの〜?なんてケースだって一杯あるでしょう?夫婦は外からでは絶対にわからない。

でも解る事は、ワイフはハズバンドにどんなことでも受け入れて欲しい訳よ。理屈じゃなくって「気持の大きな」男を望むんだわね。我がままをなんでも受け入れてくれる男。そんな男あんまりいないけど、、、。でも

Do you want to be happy? Or do you want to be right?

家庭円満は男が少々のことを見逃して、「お前の言うとおりだ!」そうだ、そうだ。って言ってくれればいいんだよ。でも、マイハズは絶対そんな事ないんだもん。

可哀想な男/夫たちよ! それでも人は結婚するのね?なんでだろう?

男と女なんて所詮解り合うなんて無理なのよ。だって女は別に理屈で食ってかかっている訳じゃないのよ、ケビン。て言ってあげたくなっちゃった。

可哀想な、ボン、ジュニア。同情しちゃうわ♪

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年3月25日 (水)

女と男の違い?

拝啓シュート女さま

相変わらずドタバタのお嫁でございます。なんだか細かい手続きが続々と出てきてもうウンザリwobbly

「がんばるんだぁ、お嫁、これを乗り越えたら楽しいカナダでの生活だぁ」

と自らを叱咤激励する毎日ですぅ。

文字通り髪を振り乱しているお嫁。なのになのにダーリンはなんだか優雅(のような気がする。ひがみか?)。ショッピングに行って新生活に向けてお洋服や靴を買ったりしてらっしゃる。私なんぞいまは「服なんぞなんでもえぇ」、「もうそこらへんにあるもんでええわぁ」って気分(←ビューティフル・アラ還に絶対になれないわ・た・し)。

BCの教育委員会や小学校、不動産屋さんからのどっさり送られてくる資料に目を通し、慣れない英語のEメールに奮闘するだけでゲンナリ(←ほんまに私は翻訳をなりわいにしているんやろかぁと思うほど資料を読むのもメールを書くのも時間がかかる…)。

ダーリンの渡航までの「To Do List」をちらりとのぞいたら6項目ぐらいしかないの(クラクラ)。私のんなんか30項目以上ありまっせぃ。しかも日々増えていく…。

女性と男性ではやはり「観点」というか「気がつく点」が違うのかしら? ダーリンなんて日本男児としてはとても気がつくタイプで細やかな気配りができる人なのにねぇ。

それでもダーリンの存在は大きい。どっしり落ち着いているから(お嫁より7歳も若いのにね。若年寄タイプ?)そばにいてくれるだけで「まぁなんとかなるだろう」って気分になる。

カリカリしながらもせいぜい楽しみながら準備を進めていきまっせぃ!

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年2月28日 (土)

息子を見習うべし

拝啓シュート女さま

締め切り続きでお休みしちゃってごめんなさい。ウィスラーでは贅沢な時間をお過ごしだったのね。でも…ビレッジで「うどん」を求めてさまよい歩くシュート女さまを想像したら笑っちゃった。

先日の出来事をご報告。ジュニアと一緒にデパートに行ったときのこと。プラプラと歩いていたら上品な初老の女性がお嫁に近づいてきてこうおっしゃったの。

「あなた、すてきな格好をなさっているわねぇ」

って。そしてジュニアに

「おしゃれなお母さんでいいわねぇ」

と言ってくださったの。忙しくてなかなかカットにいけなくて中途半端に伸びている髪を隠すために被っていたベレー帽がおしゃれに見えたのかしらん?とにかく嬉しいじゃありませんか。誉められるって嬉しいもん。

その夜、ダーリンに報告したの。そしたらなんて言いやがったか……

「それって新手の宗教の勧誘ちゃうん?」

ですって。プルプル(怒り)。「そうだよ、浪花嫁ちゃんはおしゃれだよ」となぜ言えんのじゃぁ~~。なぜ妻の美しさを認めんのじゃぁ~~(←私、無理言ってますぅ?)

わがジュニアはイタリア男も真っ青な甘い言葉を日々囁いてくれるのに……。

「大きくなったら絶対結婚しようね」

「母さんがいない世界なんて考えられないよぅ」

「母さんのことを考えると胸がいっぱいになっちゃう」

「どんなものより母さんが作るごはんが一番おいしい」

などなど。あぁ嬉しいなぁ。ジュニアよ、大きくなったら恋人(パートナー)に優しい言葉をいっぱい囁いてあげるんだよ。

大好きな優しいダーリンだけど今日はガツンと言わせてもらいまっす。

息子を見習うべし!!!

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年2月10日 (火)

浪花のアホ夫婦?

拝啓シュート女さま

ハハハ…happy02 失恋したら友人に電話をし、「なぁ私のええところ、10個、言うてぇ~」と迫り、相手が3個ぐらいで詰まったらぎゃんぎゃん怒っちゃう……なんて、その人、お嫁によう似てはるやありませんかぁ。

実はお嫁、仕事やらで落ち込んだとき、ダーリンに「ねぇねぇ、お嫁っていい妻?お嫁のええところ、言って、いっぱい言って~sweat01」と迫るクセがあるのよ。

心優しいダーリンは「お嫁は優しいし、家事も育児もよくやってるし、仕事も頑張っているよ」と言ってくれるけれど、お嫁はもっともっと言って欲しいのよぅ(←身の程知らずの欲張り)。だから3つぐらいでダーリンが言葉に詰まると、「それだけ?それだけなの?もうないの?」と迫り、プンプン怒ってベッドルームに直行して不貞寝をするの。

そして翌朝、ダーリンに「昨夜はごめんね」と謝り、ダーリンも「ごめんね」と謝るのがいつものパターン。

ホンマ、アホ夫婦ですなぁ。それでももう8年もってますわ。こんなん、他人さまには言えません(←ブログに書いているけれど……)。

すみません、ちっとも高尚な話題やなくて。本日は締め切り2本でドタバタなので柔らかい話題で失礼します。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

日本、男女格差改善せず!

拝啓浪花嫁さま

ふ〜ん、そんな母って本当にいるのね〜?で、肝心のジュニアはどの程度にうけとめているのかな?こういうのって、ホント親はでたくはないっていうか出ない方がいいんだけど、あっちの親がそんなだと子供もね〜、どんな奴じゃい。それにさー、例の担任の先生だって器はおおきそうじゃないしぃ〜、回りがそういうのだらけだとジュニアにどんな態度とってくれるかね〜?そこで、ジュニアにとって頼りはオカンだけ。ジュニアの気持は探っておいた方がいいだろう、って思うオイラです。それにしても暇な親がいるもんだ。

ところでね、「日本、男女格差改善せず」って見出しの記事を読んだんだけど、世界経済フォーラムで、給料だとか、教育だとか、政治参加などいろんな角度から男女の社会的格差の調査で、世界の130カ国を調査して日本は去年の91位から98位に転落してた。何故か寿命みたいなものも入っているから、それ抜いたらば、えらく低くなっちゃうんだよ。

オイラは本気溜め息でちゃう。そりゃ男達もわるい!政治もわるい!でもね、実際女たちが主婦でマッタリ生きていたいって思ってんじゃないの?大学行って会社にはいったって「お茶汲み」でいいわけ?「少子化問題」はどうなってんの?女をね!「赤ん坊生む機械」なんてお言い出ないよ。で、でも女が「赤ん坊生む機械」でいいってんじゃお話になんないじゃん。いえ、機械じゃなくて、「赤ん坊生む姫」ですかいな。男がセッセを外で働いて持ってくる$で気楽にしてたいって???「女の敵は女」なんて思いたくはないけれど、「コスモポリタン」って働く女性の雑誌も廃刊になっちゃったって聞くし、上野さ〜ん?どうしたらいいの?オイラ達の時代はそれでも何かあったよね〜?まったり生きたいなんて思っていなかったよね〜?

お嫁、大黒柱いや大紅柱がんばれよ!負けるなよ!

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくBanner_04


| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

男と女と台風と

拝啓浪花嫁さま

そんな〜?なんでなんでオイラの行きたい場所に絶対すっきり行き着けないのか?わかんな〜い。いや、いや、最終的には行き着けるんだけど、それまでの道のりのながいこと〜shock

勉強隊の発表が終わってサー、皆で「打ち上げ」にシュッパーツ。「眠いから行かない。」だってあんまり眠ってないんだもん、、、でも「やっぱり、行く〜。」だってお腹空いてるし、家に帰っても何にもないかもしれないしー。「じゃ、お店でね〜」っとパーッと飛び出して、「この辺だったかな? 一番乗りだ!」といってもその店はない。クルクル回ってみても見つからない。もう帰っちゃおうかな?でもココまでさがしたんだもん、見つけるキャない。

ソコで、携帯で、、、でも隊長の携帯は切ってある。スイッチONを忘れてるんだ。何回かTryして、メッセージを残してもかかって来ない。結局別の頼りになりそうな人に電話して、なんとか見つけて行ったらば、皆ちゃっかり席についちゃって、、、「隊長、何で電話きっておくのよ〜?」ってなことから始まって、ブチブチブチ、イヤ、ガーガー始まって、、。そしたら、男1が「ウチのがそうなったら、嵐が通り過ぎるまでジーっと我慢して待つしかない。」そしたら、男2が「え〜?ウチなんかそれじゃダメよ。もうなんでもかんでも賛成して、『そうだ、そうだ』って間の手いれないと収まらないんだから。」オイラ「Do you want to be right?  Or you want to be happy?」男3(若い学生さん)「参考になりまっす。」

お嫁の家なんか、そんな理不尽な痛めつけはないでしょう?ないよね?ないはずだよね?ないってことはないかしら?あるのかな〜????

そうだね、ジュニアにどんな嫁がくるのか?でも、覚悟しておいたほうがいい!自分の事考えた方が良い。だって、男1や男2の妻たちだって全然そんな、台風が、、、なんてふうにや見えないしぃ〜。「母さん一番」の今を大切にね。

今日もプチリと応援してねbleah 人気blogランキングへ

 

Banner_04

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

大家泣かせの男と女

拝啓浪花嫁さま

Upが遅くなってしまってごめんなさいね。なぜかどうしてもcocologの具合が悪くって、ついにあきらめて出かけてしまったの。というのもなぜか最近とっても忙しい。なぜかというと、ご存知のように組のテナントを抱えているオイラとマイハズ。副業とでもいいましょうか?なぜかここのところ続けて3組がMoveOut宣言をしてしまったの。

こういう風に毎週だと週末が全部つぶれてしまう。陽気は春。春の風にのって気持はアチコチ。でも、現実は毎週SHOWNING. このSHOWINGってこう重ならなければ楽しい時もあうんだけど、こうも時間をとられると、週末にやらなければならない用事がゼーンブたまりにたまって、お支払いが遅れれInterestをとられたり、いつもいつも探し物ばかりしていて時間の無駄。それにストレスがたまる事!!!

でね、「引っ越し」の一番の理由が、リレイションシップ。引っ付いたり、離れたり。今オイラたちが住んでいる家だって、およそ4年前に、もとのオーナー夫婦が離婚して、「売り」を急いでいたのよ。彼らはたったの4年間住んだみたい。で、オイラ達のレンタルマンションも、一年の契約なのに一年もたずに分かれているカップルの多いこと、多いこと。カテゴリーを「男と女」にしたけれど、実はひとつのカップルは「女と女」だったのよ。バンクーバーは家賃がドンドンあがって、とても一人の収入ではまかないきれないからなんだけど、これは「大家泣かせ」。こちらの「男と女」、「女と女」、「男と男」どんな組み合わせでも決して長続きはしないのよ。

この大家業を始めた理由は「Passive Income」なんて甘い夢を見ていたけれど、絶対に「働かずに甘い汁をすう」なんて絶対にあり得ない、なんて今更気づいた今日この頃です。

人気blogランキングへ ← あくせくあくせくのシュート女のプチリと応援御願いします!
Banner_04


もしかしたら、そのコーディネーターの方からのメールって3億円より意味があったりして、、。こんな時の一週間だもの。何が気に入っ

| | コメント (2)