2009年7月30日 (木)

自分のもちもの点検

拝啓島嫁さま、

読者の皆様、お嫁と待ち合わせした場所、ホテルバンクーバーのロビーは最高。勿論エアコンがきいているし、スペーシャス。とてもらくちんでいつまでも座っていたくなっちゃった。バンクーバーの猛暑。今までの夏は日中はオフィスだったからエアコンが効いていたし、こんなに暑いバンクーバーを経験したのは初めて。昨日は37度だったとか、、。なにもしたくないオイラです。

もうここまでハチャメチャ人生生きて来たら、大体の事はなんだって誰だって出来ちゃうと思っちゃう。「Listen to your heart.」ってよく言うじゃない。でもそれって結構難しいのよね。まず、手始めに自分が何をしたいか?どう生きたいか?って考える訳だけど、そんなもん今の時のながれに追われてなんとなく過ごして、あ、っと気がつくと3年、5年ってたってるんだよね。

自分の持ち物点検をしてみよう。

1、私はまだ若いわ。
2、私は結構外見がよく生まれて来たわ。
3、お金はないけど健康だわ。
4、机上の勉強は嫌いだけど、お金が欲しいわ。

う〜ん、じゃとりあえずモデルになろうかしらん?じゃ、2年後には必ずちょっとは名のうれたモデルになっていよう。じゃ、そのためには私は今何をしてたらいいの?と行動を起こす。

1、私はあんまり若くはないわ。
2、でも、〜〜の経験がこんなにあるわ。
3、蓄えも働かなくても1年くらい食べて行けるわ。
4、じゃ、この一年の時間を次のスッテプに向かっての投資にするわ。
5、3年後、5年後は私はあんな暮らしをしていたいわ。

う〜ん、じゃ今なにをしたらいいのかしら?って考えて行動を起こす。

こんな風に自分のもちもの点検をすると、自分の気持が見えてくる。

立ち止まった時には「自分のもちもの点検」をすると何が出来てなにが出来ないか、何がしたいか、したくないかが見えてくる。でもってチョット怖くても踏み込めば3年後5年後に「諦めなし」の自分を発見できていて、あ、あの時おもっていた自分がここにいるわ!ってなもんね。

また、ガールズトークしましょうね♪

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04






昨日は子供が3人もいる家族とサンフランシスコからの夫婦とボン家族のBBQ。ア〜暑かった。暑さは人々を怠惰にすること間違いなし。

| | コメント (2)

2009年6月25日 (木)

MILK

拝啓島嫁さま、

いや、本当に、誰でもいやいやどんな人でも、何にも無いところから何かを生み出して、何かを変える事は出来るんだ。お嫁も起業きっとできると思う。「するか、しないか」だけが問題なんだもの。日本にいるとなんだか、自由な発想がなかなか出来なくなってしまうけど、日経ウーマンのような雑誌を読んでインスパイヤーされて、サラリーマン(ウーマン)だけじゃない色んなところで才能を発揮できる社会になればいい。その点カナダは自然体で行動できちゃう。というもの色んな人がいるからだ。

で、先日みたオスカーに輝いた「MiLK」は実にはインスパイヤーされる。絶対おすすめ映画だわ、もしまだ見てないとしたら。79年にHarvy Milkが暗殺されて3年後の81年にオイラとボンはあのサンフランシスコでゲイパレードに参加してたんだ。そうか、あのパレードはそれはそれは凄かった。レスビアンでもない小さな日本人のオイラが4歳のボンを連れて、歩いていたんだっけ。胸にジーンと来るものがあったな。あの後日本に帰って来てからのオイラの生活は、とっても小さなバージョンだけど、「どんな困難にも負けない」っていうものが、お腹にガツンと落ち込んでいたから、辛いなんて思った事はばい。ハービー・ミルクは前にすすむしか無く、あれ以外の道なんてなかったんだ。恋人を死なせたり、色んな事があったけど、やっぱり社会を変えた。今じゃカナダではゲイ結婚は合法だ。MILKがいなかったら無かったことだと思う。

世の中を変えて来た人たちは、いつも暗殺されてしまう。それでも前に進むしかなかったわけだ。暗殺は個人規模の戦争だ。

久々に若い頃のオイラの心を思い出した映画でした。ション・ペンはオイラの大好きなアクターなのよ、おまけに。すねたような、冷たいような、役ばっかりじゃなくって、こんなにまっすぐ進むゲイ役も巧みにこなせるアクター。

ション・ペン、おめでとう。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

プライオタイズ、何が大事?

拝啓浪花嫁さま、

マイハズはよく言ってます。お父さんと子供の頃からぶつかり合っていたって。ところが弟はなんでも「ふんふん」or 「はいはい」って言っておいて、なんにもやらないんだって。だからちっともぶつかり合いがなかったんだって。タチってもかしらね〜。オイラもどちらかと言えば「真面目」タイプだと思うな♪だから、なにが「オイラにとって大事か」をもとにプライオタイズしました。おそらく、オイラが一番チャイナのマーケットでは経験者。だからオイラにお鉢が回って来たんだけど、でもね〜、いつまでも頼られてもね〜。$よりもベィビーと遊びたい。記者の仕事はオイラじゃなくても他の優秀な記者の方達が十分こなして下さるでしょう。でも、オイラはこの仕事が気に入っているのよ、今のところ。

で、やっぱり白黒つけないと落ち着かないオイラは会社と話しました。基本的には「半日だけ」ってことに。だってね、会社って結構ずるいから、「フレキシビリティー」をあんなに強調したのに、イザふたをあけたら、え〜?ウッソ〜、どうやって記事を時間や、ベィビーと遊ぶ時間を絞り出すの?って言う実態。いくらでもTimeオフOKよ!と言われても、あんな大きなアカウントを押し付けられたら無理。会社=$より、ユトリのある時間、かけがえのない時間が今は大事。だから、MoveOnしたんだからね。逆戻りはイヤですの。

あ〜、やっぱりオイラは真面目人間。「あいつに押し付けておけば絶対にやり通す」って思われてしまっているんだもの。信頼ってのかしらね?すっごいいい加減な奴も会社には沢山いるけど、、、ね。だから、自分の出来る分量を最初からはっきりさせて置かないと気が済まん、落ち着かない。

 あ〜、スッキリした♪
 会社にどう思われようとも、大した問題じゃなくなっちゃった
smile

お嫁がブログに復帰して、ウン?もう2週間ちかくたつのかしらんちかくたつのかしらん?よかった、よかった。楽しい週末をtulip

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくpig

Banner_04

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

ちょっといいこと、あったよね〜♪

拝啓浪花嫁さま、

最近は芸術系の取材が多かったけど、4大陸選手権が来週に迫り、メディアパスが降りて、いよいよ「メディア」とていいという許可が新聞社のほうからおりたのよ〜。しかし、書かせてはもらえないの。(当たり前か?無経験のオイラがこんな大きな記事を書けるか?)これからのための練習の為に観戦に行くの。

記者に応募して面接で「どんなものを書きたいですか?」なんて聞かれた時に、「オリンピックでフィギアスケートの記事が書きたいです。」なんて厚かましくいって、「あ、でもそれは沢山の記者の方がおそらく狙っているでしょうね。」てなこと言われて、「あ、それもそうね。」と思って、それでも心のどこかで「夢」「目標」になっていて、オリンピックのボランティアにインタビューでも、あれもコレもNOと言いつつ、フィギアスケートの時はYesなんて言っていて、メディアパスの申請のときも「スキーはダメです」なんて言っちゃって?なんて人なのだろう?と自分のこと思うけれども、なんとなくそれでも一歩一歩、近づいてるな。ず〜っと言い続けると、相手もNoって言いにくくなるからね。フフフ。

で、どうしてそこまでフィギアスケートにこだわるか?「だってタダ好きなんだもの」としかいいようが無いの。

「書く」ことに才能なんてないんだよ。知ってるの。でも、「書く」のが好きだからこうして、ブログも続けていられるんだし。あ、おしゃべりが好き。コレは自他ともにどこへいっても言われる。「よくしゃべる」って。ベィビーに遺伝しちゃって、今では実嫁、ボンに二人とも良くしゃべるな〜、ってあきれかえられている。で、ブログも大好きなオシャベリの延長線上にあるんだわね。

あ、また何言ってるのか混乱して来たので、今日はこの辺にてご機嫌ようtulip

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくpig

Banner_04

| | コメント (2)

2008年12月14日 (日)

楽しみながら真剣に

拝啓シュート女さま

早速お嫁もメールしましたよ。未来ある子どもたちの可能性がますます広がるとよいですよね。お嫁は(おそらく多くの日本人もそう)「二重国籍」のことをよく知らないの。ぜひこれからもいろいろと教えてくださいな。

先日、興味深いドキュメントを観たの。ダーリンが「これ絶対おもしろいよ」というので二人で仲良くウォッチンングheart01

それは高校生の男の子が2人、スペインにサッカー留学をするお話(2週間という短期間だけどね)。飛行機のなかで夢を膨らませる彼ら。しかし、スペインに到着して有名サッカークラブのユースの練習を見るやいなやあ然・呆然・愕然。これから2週間一緒に練習をする仲間たち、上手いのよ、スピードがあるのよ、迫力があるのよ。日本で「神童」などと呼ばれている彼ら、初日で自信喪失。

練習後、陽気でオープンな仲間たちに「どうして君たちが選ばれたの?」「日本ではどんな練習をしているの」など質問ぜめにあっているのに、日本男児二人は「……」終始無言。いえ、言葉の問題じゃないのよ。だって彼らには通訳が同行しているのだもの。日本人ってやはり「自己を表現する力」が低いのね。

初日から孤立してしまった二人。「あぁホームシックになっちゃった」ってね。

練習場でも違いがはっきり。楽しみながらいきいきとプレーするスペインの仲間たち。一方、管理型教育を受けてきた彼ら。教えられたどおりにプレーする「優等生」だけど、スペイン人コーチに「自由にやれ」といわれてもどうしてよいのか分からない。一層募るモヤモヤ感。

だけど仲間たちと寮で一緒に過ごすうちにいろんなことが分かってくるの。陽気な仲間たちだけどその背中には重いものを背負っているの。貧困層やら移民の子どもたちも少なくない。「有名サッカー選手になって家族を養うんだ」、「この寮を追い出されたら行くところがない」とか重い言葉が聞かれる。それでも彼らはサッカーが大好き。だから楽しみながら真剣にプレーしているsoccer

そうした仲間との触れ合いが日本人の男の子たちを徐々に変えていくの。日々積極的になっていく。オフの時間も仲間たちに溶け込もうと努力する。

留学最後の練習試合で大活躍する彼ら。仲間たちと抱き合う姿に、もう、あぁたぁ、お嫁は涙涙sweat02 すっかり母の気持ちですわい。

「型にはめて優等生」をつくる教育をしているようでは日本はあきまへんなぁ……というのが感想。これはどの分野にもいえること。それとなによりも目の前のことを「楽しみながら真剣に」取り組むことが大切と思ったお嫁。そういうわけで最近、翻訳や勉強をこれまで以上に「楽しみながら真剣に」取り組んでおりますの。そう、何ごとも楽しまなくっちゃねぇ。

blogランキングへ Banner_04 応援をお願いします!励みになります!

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

いつまでも、自分探し

拝啓浪花嫁さま

本のソムリエ。かっこいいじゃないですか?具体的にはひとり「一ヶ月に二冊」だもの、全然無理じゃないよね。ただし、グっとくる本にであうのはケッコウ難しいかもしれないけれないな。「本棚編集者」ってお仕事だけど、でも、何を編集するの?並べるお仕事も編集なのかな?じゃ、ジョジョに「ブログ・ブックディレクター」でも「ブログ・ブックソムリエ」としてでも、売り込めるように下準備。ホラみたことか?何がって、「読んで下さるかたにお裾分け」なんて謙虚な気持でいたオイラ、地が出て「売り込む」なんていってるの、も〜いや〜ね〜。

今のところドンドン「記者」のお仕事入っていて、自分ではけして行かないだろうな?って言うところに行ったり、決してこういう方にお会いする事もないだろうな?っていう人にインタビューに行ったりしているの。今週もいってきます。個人のブログで名前出していいかどうかわかんないから言えないけれど、けっこう有名人にも会うのね。(といってもオイラは知らない人ばかり。)だから無料でパフォーマンスなんかも見に行けちゃうわけ。で、なにが言いたいかというと、バンクーバーってケッコウ色んな人が住んでるのね?または講演にいらっしゃるのね?で、書道、空手、マイム、ミュウジッシャンヘア−サロンの経営者、学校経営者、どんな方にお会いしても「すごいな」って思うオイラ。でも、よく考えてみると、ひとつひとつの日本文化てきなものにはそれほど興味がないわけね。でも、おもしろいな!と思えるのは、それをメイッパイやってる人たちなの。オイラはやはりアーティストでは無くって哲学者だということに気づいたの、エヘン!

いくつになっても「新しいこと」に挑戦している人は素敵。何かを若い時にすでに成し遂げて、優雅に時間を楽しんでる人ってつまんないな。いつまでも、新たな事に挑戦し続ける!これがキーですよ。サクセスフル・エージングって。だからって、若い時のようなガムシャラに不幸や難に飛び込みたいとはおもわないけど、「自分の可能性」をいつまでも探り続けている人って素敵だよ。お嫁は問題なしね。だって体質だもの。いつもいつもTODOLISTをこなして、自分探しに挑戦してるもの。

blogランキングへ Banner_04 励みの応援プチリをよろしく


| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

人生チャレンジ

拝啓浪花嫁さま

お嫁はいったいいつ仕事をするのだろう?と不思議に思う人たちもいっぱいいるんではないかしらん?だって、家事(料理、おつかい、掃除、洗濯など)全部やって、しかもジュニアが昼間に帰って来ちゃうんじゃ、仕事は夜中になるのかしら?そして、さらにI教授のゼミなんかにいったり、本をよんだり、お習字習いに行ったり、、、。ま、性分なんでしょう。それにしても、そのうち、「お嫁の一日」とだいしてティピカルな一日を何とおりかピックアップして紹介してくださいな。きっと読者の皆様、すごく興味あるんじゃないかしら?オイラは興味シンシン。

ちょいと話はぶっ飛んで、、、、今のところ結構、「記者」の仕事が気に入っているオイラです。本当に色んな違う人々にお会いできるお仕事で、発見がおおいのよ。そのなかでも、先日取材した「あの方」の人生が、ここ数日オイラの頭から出て行かないの。移民をしてココにいる人たちは、多かれ少なかれ面白い人生を歩んでらっしゃるわけだけど、(だって、日本のような恵まれた国に偶然にも生まれ落ちたのに、脱出してココにいるんだもの)この女性の人生はすごい。皆様から波瀾万丈の人生生きたと言われるオイラが「すごい」って感服してしまったわよ。

自分で開拓した人生、てのかしらね。お友達になりたいわね!ああいう女性と。見た目は普通です。高校卒業して、お見合いされられて、フルスカラシップの留学を棒にふって結婚して、28歳にしてもう3人も子供がいて離婚して、、、もうそろそろリタイアーする今となって、振り返ればカナダで平和にくらしている。しかも、オイラのようにマイハズにくっついて来たんじゃありませんよ。カナダ移民にはポイントが必要だけれども、富も資格もなにもなし、あるのは子供だけ。それでも、カナダ大使館で試験官を説得してOKをださせて、、。オイラのようにカナダに来てすぐに仕事があったわけでもないでしょうに。

この女性、母としてもとても日本じゃやっていかれなかったでしょうね。カナダにいるべくしているんです。このお話はまたの機会に。そういえば、オイラも決して「日本の母」には不合格だったこと請け合い。

じゃ、良い週末を!

blogランキングへ Banner_04 励みの応援プチリをよろしく

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

サクセスフルエイジング

拝啓シュート女さま

あらぁ、シュート女さま、すてきな歳の重ねかたをされていますわよ~。(←ゴマスリじゃありまへん) TVや雑誌などでシュート女さまと同年代の女性を目にしてびっくりすることが多い。「なんじゃぁと~~、この人とシュート女さまは同級生ってかい? まるで親子ぐらい差があるやん」ってね。肌や目の輝き、そして全身から溢れるイキイキ度が全然違うのよ。お嫁もシュート女さまのようになりたいもんですぅ。

実はね……ここだけの話、先月高校の同窓会があったとき、お嫁は心底びっくりしやした。老けている人が多かったのぅ。まぁ向こうもお嫁を見て「この子、えらい老けたやん」って思っているかもしれないけどね……。でもね~、老けるのは当たり前だけどすてきに歳を重ねる人とそうでない人の差が激しすぎる。なんだか「私、もう人生の舞台から降りましたぁ」っていうオーラをガンガン漂わせている。あれはイケマヘンなぁ。お嫁は最後の最後までサイコロを投げていたいと思いますgood

そうそう、野際さんも草笛さんもすてき。格好いい大人のオンナですよね。シュート女は藤村志保さんっていう女優さんをご存知かしら? いま、NHKの朝ドラ「だんだん」に出演中の彼女、祖母役なんだけど、なんと娘役や孫役の女優さんよりもキリッとしていてきれいなのよ。見た目は優しげだけど、シンは「えげつのぅ」(←関西風にもっちゃりと発音してください)しっかりしている京女を見事に演じている。ひゃぁ~格好いい。お嫁はファンになりました。彼女を見ていると歳を取るのがまた楽しみになりますわ。まさしくビュウティフル&サクセスフルエイジングを体現されておられます。

一昨日、ノーベル物理賞の発表がありましたね。日本人3人同時受賞の快挙! 受賞者のかたがたもすてきな歳の重ねかたをされているみたい。青白い秀才っぽくなく、やんちゃな青年がおっちゃん・おじいちゃんになった感じ。

やはり、好きなこと、打ち込めることがあることが一番ですね。

blogランキングへ Banner_04 応援をお願いします!励みになります

| | コメント (0)

2008年6月29日 (日)

豊穣の季節

拝啓シュート女さま

長らくのワーキングウーマン生活、お疲れさまでございました。新しい季節の到来ですね。

ヒンズー教的にいえば、これまでは汗みずくの「夏」、これからは豊かに実った果実を楽しむ「秋」。

お金、時間、体力が3本セットが揃っているし、しか~も、一緒に楽しむハズさまというパートナーがいらっしゃって美貌まであるんだから、いやもぅこりゃ贅沢な季節ですなぁ。

ちょっと話が逸れちゃうけれど、お嫁の通っていた高校の校長は立派な教育者であり文学者でありました。朝礼のたびにそりゃすばらしいスピーチをされていました、と言うか、すばらしいスピーチをされていたらしい。当時、アホでお気楽な高校生だったお嫁は真面目に聞いていなかったもん。国語の先生がよく嘆いていたもんです。「あの校長のすばらしいスピーチは、お前たちには『ブタに真珠だ』」ってね。

それでも覚えているフレーズがあるのよ。それは……

春夏秋冬とあるけれど、唯一「心」という文字を付けることができるのは「秋」だけです。「秋」に「心」を付ければ「愁」となります。秋は人の心を内面に向けさせる季節。どうぞいろいろ考え感じて成長してください。

……という内容だったの。

シュート女さまはこれからまさしく豊穣の季節を迎えられるのね。「秋」を存分に楽しんでくださいな。考え感じたことをいっぱいご報告ください。お嫁は楽しみにしてまっせぃ。

浪花嫁はまだまだ汗みずくの「夏」が続くけれど、シュート女さまと遊んで「秋」のおこぼれを頂戴するつもり。8月にはそちらに行きますぞ。一緒に「秋」を楽しみましょう。待ってろよ~~、シュート女さまっgood

blogランキングへ Banner_04 シュート女のハッピーセミリタイアを祝してポチリとね!

| | コメント (3)

2008年6月27日 (金)

GOOD QUESTION

啓浪花嫁さま

いよいよ今週でフルタイムの会社員は終わり。長いフルタイム・サラリーウーマン生活に終わりを遂げる。まだ実感わかないけれど、良い潮時だと思います。時々は出勤するというコントラクトベースにしてもらったから、会社の皆に聞かれます、「働いてない時はなにをするの?」って。GOOD QUESTION!sun

答えられない質問をされたりすると、この「GOOD QUESTION.」ってよく言うけれど、ほんとに「GOOD QUESTION].ヒラリーさんはなにをするのかしらね?ま、彼女のことだからリタイアーしたりはしないでしょ。そう、オイラも良い引き時だと思うのは、完璧に粗大ゴミ化しないですむ時間の使い方のシフトが出来そうだから。人生というのは色んな物で成り立っているけれど、one健康two時間threeお金。大きくわけるとこんなところでしょう。そりゃ、愛だの人間関係だの色んなはあるとは思うけれど、究極的に個人だけを考慮すると、やっぱりこの3つが人生を支配うるものだと思うんだ。時間はあるけどお金がない、両方あるけど病気だから、、、。なんてね。

マイハズはよく「I want to live fully.」ってなことを言うけれど、このfullyてのがくせ者で、彼とオイラのFullyの意味が全然ちがうんだ。でも、ようは「何かをする」ってことになるんだけど、このonetwothreeがそろってはじめて何かができるんだよね。「時間はいっぱいあってもお金がないから出来ない。」とか「お金はまああるけど時間がない。」現役で働いている方達は、いつだってこのジレンマに悩んでいるんじゃないかしら?

オイラはだから、ちょいとだけ、お金と時間の配分をシフトしてみたの。まだ健康なうちに。(いつまでも元気でいるつもりだけど、80歳になっても、100歳になっても20歳の人々ができることが出来るかっていうと、ちょっと疑問。)

そして、この時間とお金の配分をシフトできる状態にあることに感謝しますnote何十年も会社勤めをしていて、急に行くとこなくなっちゃった状態が「粗大ゴミ」状態でしょ?ベビーブーマー達がドンドンリタイアーして行く時代。いつまでも会社員にしがみついていたなら、オイラなんか完全「粗大ゴミ」になっちゃうと思うの。

さ〜、楽しみだな。このGOOD QUESTIONにいつの日かちゃんとお答えできるようになりたいな。そこへ行くとOYOMEのような翻訳家たちは定年なんてないからいいな〜。積み重ねたものにドンドン磨きがかかる。うらやましいっす!

そうそう、皆様今日はOYOMEのお仕事の締め切り日なので、シュート女が代理を勤めました。

今日もプチリと応援してねhappy02 人気blogランキングへBanner_04

| | コメント (0)