2009年9月10日 (木)

浪花嫁(島嫁)in シアトル

good拝啓シュート女さま

シアトルからのhelloです~kissmark

昨夜遅くにシアトルに到着。今朝5時(!!)に起きてカナダ総領事館に行って参りました。(注:いろいろお世話になっている弁護士さんから「6時半には行っておくのですよ」とのアドバイスがあったから…あぁ眠うぅ)。

おかけで整理番号は6番なり。しめしめすぐにインタビューを受けることができるって思っていたところ、あとから来た人たちが先にどんどんインタビューを受けていく…なんでぇ?

しかも面談室に入ると出てくるまでに時間がかかる&かかる。厳しい尋問でもあるのか、皆さん、ぐったりとした顔で出てくるの。ひぇ~~~ドキドキするぅimpact

2時間以上待ってやっとお呼びが…。

しか~し、面接官のおっちゃん達、簡単な質問を2、3しただけで

「まぁ問題ないですな。OKです」

でお・わ・り。

拍子抜けですわい。

まぁいずれにしてもVisa Statusを変更することができましたgood あとは問題なくカナダに再入国できることを祈るだけ。

せっかくシアトルに来たのでちいと観光して帰ります。2年前にはシュート女さま&ハズさまとご一緒だったのよねぇ。夜遅くまでおしゃべりしたあの夜が懐かしいわ。

P.S.シュート女さま、長靴のビジネスなんぞどうでしょうかねぇ。 ボウエンでは長靴が必需品。でもおしゃれなものなんてないの。日本だったら通販でも安くてかわいいものがあるのよ。長靴輸入なんて案はどうかしらん?

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (4)

2009年8月27日 (木)

初めての家族一泊の旅 Part1

拝啓島嫁さま、

オイラもね、その方にこんなブログを見られないことを願いますよ。だって、別にどうのこうの言われたくないってのもあるけれど、そういう奴はシュート女の敵です!と言い切りまっす。そんな人はいつの世にもいるんでしょう。オイラが「子連れ留学」した時も「遊学」だのなんだの言われましたよね。「遊学」の何が悪い?って言いたいけれど、その人はオイラの事をしらないんだわ。絶対に「かかったお金の元は取る」ってタイプだもの。ツマラン、しんどい、生き方はやめましょうね、皆さん。

さてさて、ベィビーの初家族一泊の旅をまだお知らせしてなかったわね〜。電車にも乗ったし、今度はお船に乗りましょう。というわけで家からブンブン(車)でフェリー乗り場へ、11時のフェリーをのがし、12時のフェリーも満杯で結局1時のフェリーに。ツワッサンは子供達の為に公園ができていたりして、比較的待ちやすい。大人達(ボン、実嫁、マイハズ)はピックニックテーブルでお弁当(ババの作ったサンドイッチにお稲荷さんにコーヒーに麦茶に葡萄)を食べ、オイラとベィビーはブランコにのったりして遊んで、、、それにしてもベィビーは飽きちゃうよ〜。というわけでフェリーに乗った。なんと6階は子供フロアで、家族連れがいっぱい。滑り台やら、車の玩具やら、テレビでセサミストリートをやっていたり、子供達の天国だ。(普段はこんなものに気づかなかったよ)

で、ベィビーは「お船にのる〜、お船にのる〜」とのたまわった。すみません、今お船に乗ってるのよ。というわけで、デッキに行ってみた。海がみえるからお船に乗っているのわかってもらえるかしらん?と。

そして、夕方ホテルに無事チェックイン。お部屋を決めるのに一苦労。予約はしてあったけど、二部屋が近くにあってベィビーがアチラコチラに行ききしやすいロケーションがいいわけで、、。ラッキーにもお向かい同士の部屋がとれ、二つのお部屋のドアを開けておけば自由に行ったり来たり。ダウンタウンのホテルをとったから、「ウバググマ」でアチラコチラへ。エンペレスのまえの海のあたりをウロウロし、イタリアンをいただいて、夜はマイハズはホテルの真ん前の映画館へ。ボンと実嫁はボンの友達夫婦に会いにどこかのクラブへ。

オイラとベィビーは大人たちのいない(?)うちに、思い切り遊んで、隣の部屋の泊まり客に苦情をいわれ、、、でもなんとか次の日の朝がやって来ました、、。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月24日 (月)

クジラからの祝福?

拝啓シュート女さま

お嫁ファミリーも行きましたわよ~~Summer of Loveに。実に楽しかったぁ。子どものためのイベントがいろいろあったのにお気づきでした? ジュニアは腕に絵を描いてもらったり、可愛いペンセットやキャンデーをプレゼントしてもらい、アートのワークショップバスに乗り込んですてきな旗を作らせてもらって大喜び。

実はその日はBowen Islandでもイベントがあったの。BowFEASTというのがね。マダム大家は朝から大はしゃぎ。「浪花嫁ちゃん、今日はBowFEASTよ。急いでいくのよ~dash」と言うからどれほど大きなお祭りかと駆けつけたら…あぁたぁ、小さな朝市というか、野菜や果物やパンの直売所のようなものが数件あるだけ…。う~ん、これをどう愉しんだらよいの?って感じ。やはり私はスレた都会人かしらん?

… … … … …

過日の旅の途中、お嫁は誕生日を迎えましたのcrown

一番の思い出はユクルーレットでの出来事。三人で灯台へと続くトレイルを散歩していたときのこと。ダーリンが「ここからクジラは見えないのかなぁ?」と言ったとたん…

クジラが潮を吹いているのが見えるじゃないですか。それもかなり近くで。

海を凝視する三人。一頭の鯨がどんどん近づいてき、何度も何度も潮を吹き、ジャンプをするの。1度などははっきりと頭が見えたのよ。唖然とする親子。

そのときのジュニアの一言がそれはすてきだったの。

クジラさん、母さんにハッピーバースディって言っているんだよ

ですって。おぉなんちゅう可愛いことを言ってくれるやぁheart04

家族に祝ってもらい、クジラにまでお祝いをしてもらったお嫁。きっとこの一年もすばらしいものになるはず。そう確信した旅の一日でありました。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月14日 (金)

KAMIKAZIサーファー誕生

拝啓シュート女さま

そうかぁ、一番の話し相手のベビーちゃまとのお別れが近づいているのね。シュート女さまの気持ちを考えるとこちらまでシュンweep お別れの日までの1日1日を愉しんでね。

お別れとなっても日本とカナダを行ったり来たりすればよいわけで、楽しい旅の数が増えると思えばいいのよ~。そう思いましょうよpaper

… … … … … …

さて昨夜ボウエンに戻ってきたお嫁ファミリー。実は旅を続け、そのついでに国境を越えてシアトルに行き、ビザの書き換え・延長等の手続きをするつもりでございました。しかし…今回の手続きにはたくさんの資料・書類が必要であることが判明coldsweats02 島に戻って今朝からいろいろ準備をしているところなの。相変わらずのんびり&大雑把なお嫁でございます。

さてトフィーノご報告第2段をば。

トフィーノってなかなかおしゃれな若者の町って感じ。レストランもカフェもイケている。小さいけれどおしゃれなカフェでおいしい朝食をとり、そのエリアをぷらぷら歩いていると「Surf School」の看板を発見。覗いてみると爽やかなサーファー兄ちゃんがにっこりheart04

ジュニアに「サーフィンやってみたい?」と尋ねると「うんdash」。ダーリンもサーフィンに興味津々。そこでそのお兄ちゃんに「初心者の男2人に教えてくれる?」と訊いてみると、「もちろん」とのお返事。そこでダーリン&ジュニアは翌朝プライベートレッスンを受けることに。(注:お嫁には運動神経っちゅうものがありまへん。だから自分がサーフィンをする気は毛頭ありまへん)

うちの男性2人は初めての挑戦にわくわく。お嫁もイケメン・ルークにまた会えるので別の意味でわくわく(ホホホ…heart01)。

ジュニアは前日から大興奮。お風呂でサーフィンの真似に余念なし。

さて翌朝10時。レッスンスタート。レッスン早々、まだパドリング(注:サーフボードの上に腹ばいになって、海面を進むために両腕でこぐこと)の練習中なのにボードに立とうとするわが息子。「それは無理だってぇ」と波際でつぶやく母。

しかし…なんとあっという間に波に乗ってボードに立つじゃないですか。あらぁ~。毎日猿のように走り回っているだけあって身が軽い軽い。

もちろんルークのサポートがあるからだけど、すいすいと波に乗ってサーフィンをする息子。母ちゃん、びっくり。ダーリンはまだパドリングの練習中なのに…頑張れ、ダーリン。

ルークやサーフィンを見学に来ていたおじちゃんからも誉められて大得意のわが息子。ルークには「KAMIKAZIサーファーだぁ」とのお言葉まで。2時間みっちりサーフィンを楽しんで大満足。

また楽しい思い出が増えたね、ジュニア。ダーリンも最後のほうにはコツを掴んで楽しめたようす。よかった・よかった。

「これからもサーフィンを続ける」と宣言する我が息子。いいねぇ、息子がサーファーかぁ。ルークのようなイケメンサーファーになってね、カッコいい友だちを家に連れて来てね、と密かに思うお母ちゃんでありますscissors

親バカ・トフィーノ報告でありました。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

放浪の旅人--トフィーノ編

拝啓シュート女さま

緊急事態は落ち着かれたようね…。良かった・良かった。

そうなのよ。一家に1人、カスタマーサポート係が必要。私もどれほどダーリンに助けられたことでしょう。だからねぇ~腹が立ってもケンカができないのよ。困ったときに「助けて~」って言えないからね。

… … … … …

さて放浪の旅人家族は翌朝今度こそ旅人の憧れの地トフィーノへwave。しかし…ハイシーズンのいま、トフィーノでお宿が見つかるかしら?

インターネットでトフィーノのホテル、モーテル、B&B、ユースホステルを次々調べてみたけれど9月中旬までどこも予約で一杯(ガーンsweat01)。ダメモトで電話もしたけれど、どこも「満室です」とのお答え。さて…どうするお嫁ファミリー?

しかし…天はお嫁を見捨てませんでした(大げさ?)。

最後に電話をしたホテルのオーナーのおっちゃんが

「友だちのジョージがいろいろ情報を持っているから電話をしてみたら?」

って彼の電話番号を教えてくれたの。藁にもすがる気持ちで電話をしたところ

「僕の友人の一軒家を2日間だけなら貸してあげるよ」

との嬉しいお返事。パークスビルからトフィーノにるんるんドライブrvcar。待ち合わせの場所で待っているとやってきたのは素朴なサーファー系のお兄ちゃん。早速彼の友人の家まで行くことに。その間、ダーリンとお嫁は次のような会話をしておりました。

お嫁「ねぇ、ジョージっていい感じ。素朴な地元の人って感じよね」

ダーリン「うん。でも意外と大金持ちだったりして。友達の家も豪邸eventかもよ」

嫁「う~ん、その可能性は低いなぁ…。それよりも掘っ立て小屋の可能性のほうが高いんじゃない? どんなみすぼらしい家でも泊まるところがないよりマシだから我慢しようね」

ダ「そうやなぁ」

着いたところは静かな林のなかの古~いボロッちい一軒家。お嫁の予想がピッタンコdash

しかし・しかし…なかに足を踏み入れてみてびっくり。

き・き・きれいやおまへんかぁ。改装したばっかりのすてきな内装。広々したリビングルーム&ダイニングルーム。キッチンも大きいの。2つあるベッドルームもすてき。調理器具・ランドリーも真新しい。清潔なリネン・タオル類もたっぷり。

外見はすてきでも一歩足を踏み入れたらボロッちい家があるけれど、この借家はその正反対でありました。しかもジョージはとても親切。おいしいレストランやらカフェ、トフィーノの穴場をいろいろと教えてくれ、「なにか困ったことや分からないことがあればいつでも電話をしてね」と言ってくれる。なんちゅうラッキーな出会いでしょうscissors 大満足のお嫁。

さて…このトフィーノではのまた別の嬉しい出会いがありました。そこでジュニアの思わぬ才能が芽吹くことに…(これまた大げさ?)。それは次回ご報告いたしますねbleah

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年6月 9日 (火)

思わずパチリ! チョット変?

拝啓島嫁さま、

あ〜、ぶったまげた〜!そんな、さすが日本の翻訳家。「あんちょこ」つくってますか〜?それ暗記しちゃうんですか〜?考えもしなかったな〜、フーdash

もう、そこまで行けば二時間どころか一年だって会話はもちまっせー。私は翻訳家の夢(がまだあるとすれば、、、)もう諦めようとおもってきたわ。いい加減に乗り切るタイプ、あ、いや、いい加減に乗り切ってきた人生。まえにも反省したけど、ちゃんとまともに勉強したのは中学までかな?

盛りだくさんの一日。写真いっぱいとったかしら?これまた、なまけもののブロガーのオイラ。カメラを普通に持ち歩いていないんだものね。

Dscn3226

さて、昨晩「大仕事」を終えて、ホとしています。そして昨日取材に行って来た記事はまだ書き始めない。今日は溜まった家事仕事、ペーパーワークなんかをする日にしよう。

ところでこの犬「ちょっと変」(うちのベイビィーの最近のお気に入りフレーズ)。取材にいったからカメラを持っていたので、思わずパチリ。

どうやって?それにしてもいつまでおいておかれるのかしら?

バンクーバーにもこんな自然がアチコチにあります。

うちから車で20分。いえ、なに、オイラが知らないだけで色んな自然がアチコチに。「GPSで来た」と言った感心されちゃったわ。

ここはバンクーバーとバーナビーの境目にあるセントラル・パークというところ。今度はベィビーと皆でお弁当もって遊びにこよう。

ピクニック・テーブルも沢山あるし、子供のプレーグラウンドにも色んな遊び具があるし、ご覧のように木が沢山あるから、木陰もいっぱい。

で、この犬がどうやって上ったか、お分かりの方、おしえてね。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04



| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

最高(たぶん)の誕生日

bleah拝啓シュート女さま

そうね、そうね、まずは笑顔。世界の共通語だものね。

おいしい食べ物、笑顔、子どもたちの歓声…えぇ今度のポットラックパーティは絶対に愉しいことは、ま・ち・が・い・な・し。それにお嫁、いま「あんちょこ(虎の巻)」を作っているの。日本の教育制度や家庭教育の良いところや問題点などをまとめたものをね。これを何度も何度も声に出して読んで覚えておけば2時間ぐらいなんとかなるでしょうgood

それにしてもこちらの人はパーティが好き。本日はボウエンのお祭り。朝から3時30分までの予定。でもそれだけでは物足りない(?)らしいのか、夕方からも小さなパーティがいろいろ催される模様。えぇ私たちもあるパーティに呼ばれちゃった。

だってだって…

本日(6月7日)はジュニアの誕生日だから~~~!

おめでとう、ジュニアheart04

びっくりなんだけど、大家さんファミリーがジュニアのためにサプライズパーティを着々と準備していてくれていたのよ。あぁ~た、先週引越ししたばかりの私たちのためにですよ。親であるダーリンとお嫁は、「お祭りイコール誕生祝にしよう」、なんて不精なことを考えていたのにwink

Sがバースケーキを焼き、RがBBQを準備し、子どもたちはもうこっそりプレゼントを買ってくれているそう。あの~親の私たち、まだプレゼントを買っていないのですが…。(言い訳になるけれど、この島には小さな小さなおもちゃ屋兼本屋が1件あるだけだもん。選択の幅が狭すぎてなにも買っていないのよぅsweat01

本日の予定:

島のお祭りに参加(ゲームやら動物とのふれあいやらパイコンテストなどがあるらしい)

(お祭りの間にジュニアに気づかれないようにこっそりプレゼントを買う)

シュート女さまのお友達Jのお宅訪問(電話では何度かお話しているけれどお会いするのは初めて。とても愉しみ)

ジュニアの誕生日パーティ

なんちゅう盛りだくさんで贅沢な1日でしょう。最高の誕生日になること、これまた、ま・ち・が・い・な・しgood

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年5月21日 (木)

さて次の旅は?

拝啓シュート女さま

本日いよいよバンクーバーに到着予定のお嫁ファミリーでございます。2週間強の旅、ほんとうに愉しい夢のような日々でありました。

その日の気分で泊まるところを決める気ままな旅。よさげなホテル(またはモーテル)にふらりと寄って「部屋ありますか?」って尋ねるだけ。「6月に行ったほうがいいよ」とのアドバイスを友人・知人たちからあったけれど、やはりこの時期でよかった。夏だとこんな「ふらり旅」は場所によって難しいでしょうからね。

ボウエンの借家が決まればしばらく「巣作り」を励みたいと思うお嫁。

なのにジュニアは

カナダをず~っと横断しようよ

ダーリンは

ちょっとイギリスにサッカー観戦に行きたいなぁ

などなど、好き勝手なことをおっしゃる。

おいおい、ちょっとはゆっくり腰を落ち着けようよぅsad

そういうお嫁も

「もう一度ポルトガルに行きたいなぁ。次回はスペイン&ポルトガルをドライブしてみたい」

って言っている(おいおい)。

とにかくボウエンではすることがいっぱい。借家ことはもちろん、ジュニアの学校やら私たちのビザのこともある。ひとつひとつ片付けていかなければって思うと、ちいと頭が痛いけれど、やはりこれも大切だものね。

次の旅はしばしお預け。巣作りは大変だけど楽しみなお嫁であります。そうそう、シュート女さまの麗しいお名前を冠したサイトも立ち上がるそうな。愉しみ・愉しみ。なんだか愉しそうだから「**の会」の島支部の会員にしてくださいなpaper

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

旅が終わって、新たな旅が、、

拝啓旅嫁さま、

旅はまだまだ続いてますか〜?ボンと一緒にしたバプアニューギニア/インドネシアのバックパッキングの旅、マイハズとした4ヶ月のチベット/中国/ネパールのバックパッキングんの旅。延々終わらない旅でした。ホリデーとかバケーションじゃなくて本当に「旅」でした。車もない、一般的な交通の便なんてもんはあの辺の辞書にはないんだわ。行き当たりばったりの旅。先の解らないところには冒険あり!

ところでね〜、帰ってくるなり「私の会」のミーティングで起こされたのよ。これ「私の会」っていう「私」のところに本名がはいるの。いつか知らない間にこんな会ができていて、メンバー8名で立ち上げるあらたなブログサイトなんだけど、オイラは本気で名前を貸してるだけみたい。大人2名、働く独身女性一人、ワーホリ一人、学生4名。閉めて8名。オイラが何故かダントツで年上だとおもうんだけど、バッチシ仲間にとけ込んでいるカンジ

さ〜、合計8名のウッサモッサが始めるのは真面目なサイト、そのうちビジネスにしようとしているサイト。しかも「外国人を日本に呼び込むサイト」日本紹介のサイトで「え〜、いらはいいらいらはい、日本よいとこ、いちどはおいで!」と日本に呼び込み、そこの名物でもうりましょうか?ネットね。でもまだそこまでは言ってないんだけど、とにかく英語で書くサイトが来週、いや今週かしら?はじまるの。

そうしたらリンクさせてちょうだいね。でも〜、英語の外国人向けのサイトだからあんまり関係ないのかな。

帰ってくるなり、忙しくなっちゃったオイラですよ。

ボーエンきまりのようんでうすね?レンタルを探してくれるエージェントがあるんですかね〜、カナダにも。そんなお仕事してみたい。でも、コチラの人は自分で探しちゃうからあんまり需要はないかもね。

お天気もよくなったし、リノベーションも一応おわったし、ボーエンにわたる前にまた家でBBQしましょうか?

Blo
gランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

旅はいつまで続く?

拝啓シュート女さま

お帰りなさいませ、シュート女さま。忙しいながら愉しい旅だったようでなによりでございます。

こちら嫁一家、まだ旅の途中でございますわぁ。いつまで続く嫁一家の旅?

エドモンドからドラムヘラーへ

ドラムヘラー2泊(ダイナソー州立公園&ロイヤル・ティレル古生物博物館を堪能)

ストラースモア(ドラムヘラーとカルガリーの中間にある小さな街)1泊

本日はカルガリーをざっと散策して、西を目指してまたしてもロッキー山脈に到着。今夜はキャンモアに宿泊。

いったいいつまで旅が続くんやぁって感じ…wobbly まぁ愉しいんだけどねぇ。

ボウエン・アイランドから借家が見つかりそうとの連絡が入ったの。どんな感じが見てみなければわからないけれど、旅を堪能したから(まだ終わっていないけれどね)そろそろ腰を落ち着けたい。すてきな家だったらいいなぁ。希望のocean viewwaveはクリアしているみたいですわ。落ち着いたら遊びに来てくださいな、ベビーちゃまとご一緒にheart02

いやはやこんなに旅を続けるのは初めてのお嫁。旅はやはり体力と好奇心がないと楽しめません。旅の相棒2人(ダーリンとジュニア)の体力と好奇心は凄い凄い。一応、お嫁は旅の主導権を握りやすい英語係とナビ係なんだけど、実は主導権を握っているのは男2人。野郎たち、いぇ、ボーイズの元気なことよdash

昨日はロイヤル・ティレル博物館をボーイズに引きずりまわされました。もう恐竜は当分結構って思うぐらい堪能。男どもは目がランランで歩きまわる・写真を撮りまくる。あまりに疲れてソファでうたたねをするお嫁でありました…(ダーリンにばっちり撮られちゃったぁ)。やっと出口に出てホッとしたのもつかの間、Gift Shopでさらに目を輝かせる野郎たち。ボーイって恐竜が好きなのねぇ。

まぁあと2、3日は続く(であろう)旅。ボーイズと共に愉しむつもりです。バンクーバーで待っていてね、シュート女さま。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

より以前の記事一覧