« Just keep your fingers corssed | トップページ | 浪花嫁(島嫁)in シアトル »

2009年9月 9日 (水)

傘談義

拝啓島嫁さま、

あ、そう言えばオイラもあんまり傘をささなくなっちゃったし、長靴なんてもんもレインコートなんてものも持っていないの。その代わりいつも帽子はバッグの中よ。陽射しのきついバンクーバーの夏、日本のように日傘をさしてる人は殆ど見ない。中国人かとおぼしき方達がなんだかパッとしない雨傘を日傘でさしてるのは見るけれど、、。だから、夏は「日避け」に冬は「雨避け」に帽子は必ず持っている。それと、移動は車だからレインコート、長靴はまずはいらないのよ。

確かにコチラに移り住んだ時に、オシャレな傘は売ってないかとつくづく思っただった。そのころはSkyTrainで通勤していたから、日本と同じように満員電車の中の雨ボタ傘もイヤでね〜、本気でオシャレなそれでいてプラクティカルな傘屋さんをやりたいと思った物だ。傘サックのデザインまでちゃんと考えて、特許をとって、それを2010オリンピックの時にホテルとかお土産屋さんで売ったらひと財産できるぞ!と言うようなコレっていう傘サックのでザインがあるんだけど、、、もうオリンピックはそこまで来ているから、間に合わないね。

オイラにはお金をもうける才能はない。アイデアは沢山あるけど実用化をする才能は無いのだと、またひとつバツをつけたのでした。え?なにを言ってるかっていうと、最近思うんだけど歳を取るってことは、自分の才能さがしの旅の過程でやりたい事リストに出来ない事のバツをつけて行く作業だな〜と思ったんだ。商売には向いてない。はい、バツいち。翻訳もあんまり辛抱のないオイラには無理、はいバツ2。ッてな具合。

そうそう、オイラがやらなかった間に本当に傘ビジネスで成功した移民の女性のことが新聞にのっていた。ほ〜ら、成功するビジネスだったんだよね、傘屋は。

お嫁、もし傘日ビジネスやるのなら、オイラの案を提供しますからね。rain

ビザ、入国、ショッピング、全てがうまく行くように願ってますからね。scissors

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくcloud

Banner_04

|

« Just keep your fingers corssed | トップページ | 浪花嫁(島嫁)in シアトル »

コメント

ちがうのよ、気持がいいの、バツつける時って。いろいろやってみてからバツつけるのだから。そして、つけてるうちに次に「これやりたい」って思う事が自然に出て来て、ワクワクしてくる。ま〜、人が言うには飽きっぽい。でも、思っただけではバツはつけないから、いいんじゃない。

投稿: シュート女 | 2009年9月 9日 (水) 23時10分

なんか勿体ない・・・
シュート女さん、本当に発想が豊かなのに。
バツつけてゆくだけ・・・!?
勿体ないと感じてしまうなぁ。

投稿: あきら | 2009年9月 9日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Just keep your fingers corssed | トップページ | 浪花嫁(島嫁)in シアトル »