« 2009年8月 | トップページ

2009年9月15日 (火)

またお会いする日まで♪

拝啓読者さま

オイラがブログを始めた時には「桃栗3年というから、3年は続けましょう」と心に決めました。そしてあっという間に3年たったしまった。ボンが結婚してベィビーが生まれてもう2歳半。いっぱいいっぱいマイハズとの思い出もあります。もしかすると「生きるって思い出作り」なのかもしれない。浪花嫁と出会って、今、浪花嫁がボウエンで暮らしてる。いろんなことがありました。そして、お嫁と「ブログはとりあえず「999回」で最後にしようね」と話していて、気がついたら今回が「999」。だからとりあえず「おしまい」。いろいろなことがありました。これからもいろんなことがあります。また、なんかの形で違うブログを始めるかもしれない。ひとつだけシュート女が最後に言いたいこと、「Live Fully」。これはどういう事かというと「朝おきたとき、その日にやる事のある人生」だそうだ。つまり「生き甲斐もって生る。」ってことで、いつもLooking Forwardすることをもっているように生きること。どんなことがあっても-Live Fully」。じゃぁHave a great life! また会う日まで♪ by シュート女

PS:バンクーバー虎の巻 これは私の仲間がやってるブログです。時々よんでやって下さいね。

… … … … … …

台風ガール(命名byお嫁)ことシュート女さまの「嫁姑ブログ」にお嫁入りしたのは2007年2月のこと。それから約2年と6ヶ月、手を携えてブログをやってまいりました。大好きなシュート女さまとの蜜月、あぁ楽しかったぁ。

仕事でフラフラになってヘロヘロな文章を書いたこともありましたし、ストレス解消に下品ワールドに突入したこともありました。親バカを炸裂したことも少なくなかったように思います。読者の皆さま、よくぞお付き合いくださいました。心からお礼を申し上げます。

シュート女さまと出会ったことも、一緒にブログをするようになったのも今思えば不思議。住処を日本の浪花からシュート女さまの住むカナダに移すことになったのも今思えば不思議(注:ジュニアが不幸な事件に巻き込まれたのがきっかけなので、ハッピーな状況での決断ではなかったけれど…)。そして読者の皆さまとの出会いも不思議・不思議。

人生山あり谷あり不思議あり。お嫁がつくづく思うのは「人生っておもしろいなぁ」ってこと。これからもウロチョロしながら&おもしろがりながら人生の喜怒哀楽を味わっていきたいと思います(注:お嫁は歳を重ねてもちっとも成熟しないタイプなもので…)。

とにもかくにも楽しかった2年6ヶ月に感謝。伴走者のシュート女さまに感謝。そして皆さまに出会えたことに感謝。

大変なこともあるけれど人生はおもろいもんですわ。お互いおもろい人生を歩きまひょう。by 浪花嫁(島嫁)

P.S.ジュニアが「ブログ、やめたらあかん。続けな。どうしてもやめるんなら、じゃぁ次はMちゃん(ジュニアのこと)とやろうよぅ」と誘ってくれているので(ホンマ、親孝行なええ子やなぁ…またしても親バカ炸裂)、ひょっとしたら近々「母息子カナダ日記」が誕生するかも。そのときはまたどうぞよろしくね。

| | コメント (72)

2009年9月14日 (月)

曲がり角の向こうには…

拝啓シュート女さま

昨夜シアトルから帰ってまいりました。国境での移民局のお兄ちゃんとのやりとりはドキドキものでしたが、いろいろ質問を受けたあと、「じゃぁこの申請内容になにかあったらすぐに再申請をすること」との一言で終了。パスポートにガチャンとスタンプを押してもらって完了。

いやはや書類の準備に手間取り、右往左往しましたが、これでしばらくカナダでご機嫌に過ごすことができそうですscissors あぁ面倒くさかった(プラスお金のかかったことよ…pouch)。

バンクーバーでささやかな帰国祝のごちそうを食べ、フェリーの時間までショッピング。珍しくバッグを買っちゃった。あの~お嫁ってものすごく物持ちがよくって、ず~っと愛用しているバッグなんぞ愛用歴15年なり。外側もそうとうボロボロだけど、内側なんてすっかり色が落ちている。倹約家のマダム大家Sでさえ、このバッグの内側を見せたところ、「オーマイッガ」って叫んだほど。よほど哀れに思ったのか誕生日にボウエン・アイランドのアーティストがデザインしたバッグをくれたほど。いぇ、お嫁、超ビンボーちゅうことじゃないんです…ただ買い物嫌いというか、モノが増えるのが嫌いなのよん。だからおしゃれをしないでも全然OKなこのボウエンはお嫁にぴったり…happy01

帰宅したらドアに張り紙。大家さんファミリーからのもの。「すべてが上手くいったかな?」とのあとに「家族でウィスラーに遊びに行くので動物の世話をよろしくね」とのメッセージ。いやぁ、こき使ってくれますなぁ……いえいえ、信頼されているのね。親戚のような付き合いができて嬉しいことでありますわ。

カナダにやってきて早5ヶ月。大家さんファミリーをはじめとして、すばらしい出会いを重ねている日々。さてビザの延長も出来、次はなにをすべきか、これからの人生、どのような未来図を描いていくべきか、人生の曲がり角に来ている感があるお嫁。嬉しいような、ちょっと怖いような、ワクワク感。曲がり角の向こうにはどんな出会いや経験が待っているのかしらん。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年9月13日 (日)

変わりゆくバンクーバー

拝啓島嫁さま、

なにはともあれ、長期ビザとれておめでとう。これでゆっくりシアトルで遊んで来れるね。よかったよかった!おめでとう!

さて、読者のみなさま、島嫁と「あきら」がオイラを差し置いて「折り紙」でもりあがってるの知ってます?「コメント」であ〜だのこ〜だの言ってるんだけど、読んでいて「折り紙」でそんなに盛り上がれるんだdashて、なんだかわかんなくって、桜や☆やメープルリーフってシンボルなんだ?日本のシンボルは「日の丸」じゃないの?折り紙で「日の丸」作るのは簡単そう。赤い折り紙をま〜るく切って、何色でもいいから折り紙をウラッ返して真ん中にグルーではる。あ、これならベィビーとやってることとさして変わらないわ。と思ったんだけど、☆だの桜だのなんだのかんだのになんて思い描いていたら、頭がグチャグチャになるわ、指先がイライラしてくるわ。だから考えるの止めた!ま、いいか、「お若いの」ゴチャゴチャ言ってなさいよ。

土砂降りの雨のなか、今日はメディアコンファレンスに行って来た。フィルム・フェスティバルがはじまるからまたオイラは忙しくなるな〜。カナダ・ラインはチョー便利。車にのらないでダウンタウンに直ぐ行けた。家から30分かしら?バンクーバーもだんだん徐々に便利になって行く。コンファレンスの後は美味しいリステル・ホテルのレストラン提供の美味しいランチをいただいて、会社に行ったけど気持は見たい映画でいっぱい。記事書いてそして、役所広司とかフェスティバルに来る監督達のインタビューなんかもできて、、ア〜この仕事すき!って思うけど、書かなくっちゃならないのがね〜、なんて勝手なこと言ってんじゃないの!

あのね〜、最近すっごくオシャレな長靴をいっぱい見るわよ。ボウエンからバンクーバーに出てらっしゃい。ゴムの長靴でかっこいい模様があったり、オシャレな色だったり、、。ここ数年なんだけど、バンクーバーもオシャレになったのかな?

 Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくcloud

Banner_04

| | コメント (2)

2009年9月10日 (木)

浪花嫁(島嫁)in シアトル

good拝啓シュート女さま

シアトルからのhelloです~kissmark

昨夜遅くにシアトルに到着。今朝5時(!!)に起きてカナダ総領事館に行って参りました。(注:いろいろお世話になっている弁護士さんから「6時半には行っておくのですよ」とのアドバイスがあったから…あぁ眠うぅ)。

おかけで整理番号は6番なり。しめしめすぐにインタビューを受けることができるって思っていたところ、あとから来た人たちが先にどんどんインタビューを受けていく…なんでぇ?

しかも面談室に入ると出てくるまでに時間がかかる&かかる。厳しい尋問でもあるのか、皆さん、ぐったりとした顔で出てくるの。ひぇ~~~ドキドキするぅimpact

2時間以上待ってやっとお呼びが…。

しか~し、面接官のおっちゃん達、簡単な質問を2、3しただけで

「まぁ問題ないですな。OKです」

でお・わ・り。

拍子抜けですわい。

まぁいずれにしてもVisa Statusを変更することができましたgood あとは問題なくカナダに再入国できることを祈るだけ。

せっかくシアトルに来たのでちいと観光して帰ります。2年前にはシュート女さま&ハズさまとご一緒だったのよねぇ。夜遅くまでおしゃべりしたあの夜が懐かしいわ。

P.S.シュート女さま、長靴のビジネスなんぞどうでしょうかねぇ。 ボウエンでは長靴が必需品。でもおしゃれなものなんてないの。日本だったら通販でも安くてかわいいものがあるのよ。長靴輸入なんて案はどうかしらん?

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (4)

2009年9月 9日 (水)

傘談義

拝啓島嫁さま、

あ、そう言えばオイラもあんまり傘をささなくなっちゃったし、長靴なんてもんもレインコートなんてものも持っていないの。その代わりいつも帽子はバッグの中よ。陽射しのきついバンクーバーの夏、日本のように日傘をさしてる人は殆ど見ない。中国人かとおぼしき方達がなんだかパッとしない雨傘を日傘でさしてるのは見るけれど、、。だから、夏は「日避け」に冬は「雨避け」に帽子は必ず持っている。それと、移動は車だからレインコート、長靴はまずはいらないのよ。

確かにコチラに移り住んだ時に、オシャレな傘は売ってないかとつくづく思っただった。そのころはSkyTrainで通勤していたから、日本と同じように満員電車の中の雨ボタ傘もイヤでね〜、本気でオシャレなそれでいてプラクティカルな傘屋さんをやりたいと思った物だ。傘サックのデザインまでちゃんと考えて、特許をとって、それを2010オリンピックの時にホテルとかお土産屋さんで売ったらひと財産できるぞ!と言うようなコレっていう傘サックのでザインがあるんだけど、、、もうオリンピックはそこまで来ているから、間に合わないね。

オイラにはお金をもうける才能はない。アイデアは沢山あるけど実用化をする才能は無いのだと、またひとつバツをつけたのでした。え?なにを言ってるかっていうと、最近思うんだけど歳を取るってことは、自分の才能さがしの旅の過程でやりたい事リストに出来ない事のバツをつけて行く作業だな〜と思ったんだ。商売には向いてない。はい、バツいち。翻訳もあんまり辛抱のないオイラには無理、はいバツ2。ッてな具合。

そうそう、オイラがやらなかった間に本当に傘ビジネスで成功した移民の女性のことが新聞にのっていた。ほ〜ら、成功するビジネスだったんだよね、傘屋は。

お嫁、もし傘日ビジネスやるのなら、オイラの案を提供しますからね。rain

ビザ、入国、ショッピング、全てがうまく行くように願ってますからね。scissors

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくcloud

Banner_04

| | コメント (2)

2009年9月 8日 (火)

Just keep your fingers corssed

拝啓シュート女さま

そうそう、すっかり秋めいてきたバンクーバー。なんだか雨が多いですわねぇrain 昨日なんぞここボウエンでは大量のヒョウが降ってびっくり。まだ9月上旬というのに…dash

ちょうど大雨が降っているとき、大家ファミリーの長男のDクンが我が家に遊びに来ていたの。Dが「そろそろ帰る」って言ったので、お嫁が「こんな大雨だから傘を貸してあげるわ」と言ったところ、Dは「傘ってなあに?」ですってwobbly お嫁の発音が悪いからかなぁって思って傘を見せながら「これよ」って言ったら「あぁ見たことある」だって…。カナディアンって少々の雨では傘を差さないのよねぇ(大発見)。

Dは「こんな雨、慣れてるから大丈夫」って一人帰っていきましたとさ…。

お嫁の急務はカッパとレインシューズと(雨にぬれても大丈夫な)カバンを買うこと。そういうことで本日お買い物に行ってきましたわ。でも…なかなかないのよねぇ、こじゃれたモノって。しかもお嫁はキッズサイズなり。

キッズ専門店では子どもたちに「このおばさん、なんで私たちと一緒に試着しているの?」って冷たい目で見られ、レディス専門店では「あなたのサイズはありません?」と冷たくあしらわれる。あぁお嫁はどこに行けばよいのかしらぁ~sweat01 教えてシュート女さまぁ。

だから明日から行くシアトル小旅行の目的は、その一)ビザの書き換え&延長、その二)お買い物、なり。

スムーズにビザの書き換え&延長ができること、こじゃれた小物類が見つかることをバンクーバーから祈っていてね。現在移民局の規制が厳しいことを専門家から聞いているので少々ドキドキのお嫁ファミリー。無事新しいビザでカナダ再入国ができたらお祝いだぁbirthday。この夏はお互いにバタバタしてなかなか会えなかったのですもの、ぜひ秋にはしっとりとしたレディスデーを企画いたしましょう。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

プライム・サスペクト

拝啓島嫁さま、

日本はまだまだ暑そうだけど、バンクーバーはもう秋。雨の日々が始まった。昨日はベィビーと一緒にサイアンス・ワールドに遊びに行って、雨の土曜日を楽しく過ごして来た。

でも大人の「雨の休日」は朝おきたら、コーヒーマグをもってマイハズご一緒に大きなTVのスクリーンの前に座り込む。そして、じっくりお気に入りのDVDを楽しむんだ。窓か見えるのはグレーな世界。疲れている夜よりも朝のほうがジックリ腰を落ち着けてたのしめる。しかも外は雨。罪の意識無くDVDの世界に入り込める。

この週末はこれ、プライム・サスペクト

1991年から始まって最後が2006年なので、週1とかじゃなく、年に2本とかのペースだったんだ。あ、日本で言ったら「家政婦は見た」のようにタマにやるってかんじかな。オイラが最初にみたのはモチロンカナダに引っ越して来た時に見始めて、そしてはまった。ヘレン・ミレンが演じるジェイン・テ二スン女性警部。すっかり忘れていて、3年前(2006年)に最後のシリーズが出ていた事に気がついた。そして、この週末は心行くまでじっくりとJaneと過ごした。

最後はアメリカのショーにはみられない終わりかた。アルコール中毒からたちなおろうとするJaneが、ひとりで彼女の全人生を過ごした警察のビルを去って行くという幕引き。家族もなく、(今回のエピソードの中で父親の死があり、シスターや姪っ子とも疎遠)友人もなく仕事にかけた人生を終える彼女の次の人生はどうなるんだろうと思ってしまう。彼女の年齢設定は54歳。まだまだこれから出直すのにはちっとも遅くはない、というか、出直さないでこの後の時間を人生を過ごせる訳がないじゃないか、、。

などなど、と思いを巡らせてしまう程、身近に感じていた彼女。TVじゃないけど、オイラの大好きなもう一人の女性は、ドクター・スカペッター。パトリシア・コーンウェルの「検死官」シリーズ。彼女もジェインと同様、毅然とした女性。だからこそ男社会、組織のなかでは煙ったがられているんだけど、この二人の女性プロフェッショナルに共通する「毅然とした強さ」が大好きだ。スカペッターにはマリーのというラフなポリースの友達がいる(ダンダンと信頼関係がうまれてきたような、、決して恋人にはなれない全然ちがうタイプだけど)そして、姪っ子のルーシーがダンダン大人になって行くなかで培われる関係があって、スカペッターのほうがジェインよりは人間関係がある?かな?といってもコレくらいなんだけど、、。

雨ふるバンクーバーで、オイラの大好きな孤独で強くて毅然とした女性たちに、思いを巡らせているオイラです。

 Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくcloud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

親子共に育ててもらう?

拝啓シュート女さま

ベィビーちゃまとの日々を愉しまれているのね。そう、カナダは本当にすてきな公園がたくさんありますよねぇtulip 大阪 特にお嫁の住んでいた大阪市内なんぞちっぽけな公園がポツンポツンとあるだけ。しかもいわゆるホームレスのおっちゃんが寝ているところも少なくない…。

ブルーシートのテントで寝ているおっちゃんの横で子どもが遊んでいる…大阪では「まぁ仕方がないなぁ」なんて眺めていたけれど、こちらでは考えられないことよね。

… … … … …

そうなのよ、アートアシスタントってなんだか忙しそう。しかもアートの先生のL、もうそれは張り切っているのよ~。

「折り紙プロジェクトを考えましょう」

「日本料理は芸術的だから、日本料理の授業もやりましょう」

「お互いにアイディアをどんどん出しましょうね」

とかね…。あぁ~大変そうwobbly

しかも…ジュニアの学校では「Parents Helper」として月数時間授業のサポートをする役割もあるのよ。このまだまだ英語難民のお嫁がどんだけHelpできるか心配ですわい。

しかし…有難いことよねぇ。シュート女さまがおっしゃるように生半可な英語学校に行くよりもずっと英語の勉強になりますわ。しかもタダで…scissors

先日は本年度初のペアレンツ・ミーティングがあったの。「まずはひとりずつ自己紹介をしていこう」ってことになり、お嫁内心ドキドキsweat01

息子は英語がほとんどしゃべれず、しかも親である私たちもまだまだヘタ。言葉の壁を越えて温かく迎えてくださって本当にありがとう。このすばらしいコミュニティの一員になれたことを誇りに思います。

なぁ~んてドキマギしながら自己紹介の挨拶をしたの。

みんな、私の英語、分かったかなぁ~gawk

だけどミーティングのあと、何人もが「日本からはるばるこの島によく来てくれたね。ありがとう」って言ってくれて嬉しかった。しかも翌日偶然道であったあるママさんは「あなたの昨日の挨拶、すごく良かったわ」だって。単細胞のお嫁、どれほど嬉しかったことかheart01 こちらの人は誉め上手。

息子だけでなくお嫁も周囲の人に誉めて育ててもらっておりますわ。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (9)

2009年9月 4日 (金)

ジュニアの幸せ、よかったね。

拝啓島嫁さま、

長い長い夏休みを終えて、ジュニアの学校が始まった。なによりなにより。よく頑張りました。いえ、ジュニアじゃなくって親のほうが、、、。何もスケジュールのない生活に子供を飽きさせないってのは凄い技。お見事でした。

ベィビーを連れてマイハズと新しい公園をさがしては連れて行く。最近じゃ「あ、こんなところに公園があったよ〜。」「あ、ここは面白そうな遊具がいっぱいある〜」とか車に乗っていてもやたらと気がつくのよ。もう9月でしょう、お嫁さま。覚悟をしておいて下さいな。ドンドン雨ばかりの日にちが増え、日がどんどん短くなるの。今だって、ベィビーのお外遊びの時間は完全に一時間は短くなったかな。

そして、ハロウィーンなんかがあって、アートの先生、出番がいっぱいよ。外で遊べない男の子たちはどこを走り回ればいいのかしらん?そういえば、ベィビーも「I'm cooking.」なんてやっていたわ。いつまでもお砂場で。今は水性のペンで「マニキュア」や「ボディーペインティング」と言えば聞こえがいいけれど、ま、色んな色で塗りたくって「コレはなに〜」って聞かれるから、「お花かしらん?」とかいってるけど、、、。それに自分でやれない事にいらつくから、なるべくは公園でも放っておくようにしてるの。

反抗期、自立の時間です、うちのベィビーは。それにしても、日本に行ったらこんなに素敵な公園どこにあるのかしら?と今から心配。ま、イザとなったらカナダに帰ってくればいい。

ジュニアの走りまくる姿が目に浮かぶ。良かったね、いいところが見つかって。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (2)

2009年9月 3日 (木)

女脳・男脳

拝啓シュート女さま

参議院選挙は予想以上の民主党圧勝でしたね。興味津々でYahooニュースをチェックするダーリンとお嫁。でもね投票できなかったの。在外投票にはいろいろ規約があり、登録申請に時間がかかって今回は無理だったのよsweat01

しかし…投票できたとしても誰に&どの政党に投票すべきか悩んだはず。だって投票したい候補者・政党がないんだものdespair

今回、民主党が圧勝したけれど、これは国民が「民主党の政策に期待」しているわけではないと思うのよね。「自民党、あかんよねぇ~。じゃぁ民主党にでもしとこうか」っていうネガティブ票が集まっただけ…。

だから民主党よ、今回の勝利に酔いしれないこと&いい気にならないこと。そうでなけりゃぁ、やがて「やっぱり民主党もあかんやん」って言われるのがオチですぞ。(←何様発言のお嫁であります…

さて、昨日よりジュニアの学校がスタート。いろいろ事情があってお嫁はジュニアと毎日登校することに。この学校、規模が小さいのもあって、親たちがしっかりと活動しないと運営できない。だからお嫁、ばっちりお手伝いを頼まれちまいましたぁ。アートアシスタントとしてアートの授業をサポートすることになりましたの。(注:絵やら創作やら音楽やら演劇などアートにすごく力を入れている学校なので…つまり…めっちゃお手伝いをすることが多そうwobbly

ジュニアのクラスは女の子6人・男の子6人。昨日、子どもたちの遊んでいるようすを眺めながらアマンダ(先生)とクスクス。

女の子たちはお人形遊びとおままごと。男の子たちは海賊ごっこ。

男の子たちはキャーキャー奇声をあげながら走り回る・走り回るだけ(お猿クン状態)。だけど女の子のグループはもうひとつの社会ができている。会話もおませ。

A「人形遊びをやめて砂遊びをしましょうよ」

B「いいわよ。でも、人にモノを頼むとき、そんな言い方でいいのかしら?なにか一言忘れていない?」

A「Please…」

ですって。男子グループは頭から湯気が出るほど汗をかきながら走り回っているだけなのにね。女脳と男脳の違いを見せていただきましたって感じimpact

まぁどちらにしても、本当にすばらしい環境のなかでのびのびと育つ子どもたち。本当に羨ましいかぎり。 森のなかを駆け回り、自然のなかでさまざまな創作を愉しみ、子ども一人ひとりのレベルにあった丁寧な授業を受けているようすは、まさしく(お嫁にとって)理想のかたち。子どもも親も、そして有形無形のサポートしてくれる周囲の大人たちも、みんなハッピーそうheart01

民主党のみなさんよ、頑張って日本をハッピーな国にしてくださいませな。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年9月 1日 (火)

在外投票 「もう、うんざり」投票

拝啓島嫁さま、

そうか、長い長い夏休みを終えてやっと新学期だ。カカさまも英語すっごく上達しているに違いない。生半可な英語学校に行くよりよっぽど手っ取り早いよ。辛抱辛抱。もうすぐペラペラになるからね。

さてさて、カナダの新聞の一面でも鳩山代表が圧勝の花をバックに笑っていた。オイラも今回は行って来た、在外投票。今までは一体どの党に投票すればいいのか、云々カンカンで、踏ん切れなかったけど、もう「Change」がぜったいに必要。かといって民主党以外にいれても「Change」が実現しないから、とりあえず民主党に入れて来た。今回は前回に比べて、バンクーバーの在外帳票だけでも、100名以上の投票者の増加があったそうだ。

ふたを開けてみたら、民主の圧勝。おそらくオイラみたいな人が山ほどいたにちがいない、「自民にはもう、うんざりだ」って言う人たちが。どこまでも国民をなめていた自民が悪い。

日々変化する日本、世界、そしてオイラの生活も。

ベィビーたちの生活も、お嫁達の生活も、マイハズの生活も、そしてオイラの生活も、、。感傷的な秋なのかな。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ