« あぁ一人っ子 | トップページ | クジラからの祝福? »

2009年8月23日 (日)

SUMMER OF LOVE

拝啓島嫁さま、

ボンちゃんはおしめをして保育園に行っていたからか?または生まれながらいい性格だったからか?または?よくわからないけれど、結構おっとりしてい たと記憶してますよ。ただし、ベィビーは確実に「一人っ子現象」が見られるわ。公園でもそう、先日家に3人の子供が来たときもそう、おなじ2歳の女の子 (上二人は兄ちゃん)は「皆と一緒の遊びかた」を知っている。泣かない、わめかない、取りっこしない、、。どう見てもベィビーの「我がまま」が見えた見え たbearing 世の中「一人っ子」がドンドン増えている、どうなるのかしら?しかし、兄弟姉妹がいても、いい子ばっかりじゃないから、これは親(ババだけど)の日常のかかわり方にかかってるのかも、と反省ですcoldsweats02

ーーーーーーーーーーーー

さてさて、いた驚いた。今年はウッドストック から40年。反戦反体制のコンサートから40年。ジミヘンのギターにピースマークが懐かしい。なんて話、わかる人いる?オイラの青春ですよ。

バンクーバーの4thアベニューでは毎年夏が終わる頃にSummer of Love がある。たったの一日のイベント。あれ?アレからもう一年もたっちゃったの?去年の今頃は?ナニしてたっけ?ベィビーと実嫁はもうバンクーバーに来ていた な。4thアベニューあたりはその昔ヒッピーが沢山住んでいたので、今でもベジタリアン・レストランがあったりもっとUBCのほうに行けば、真っ裸の人た ちのビーチ、レックビーチがあったりする。で、Summer of Loveのイベントでは4thを歩行者天国にして、マニアックの行くZuluレコード店(マイハズのおなじみの店)の前にもとか、バンドのステージが3つ ぐらい設置される。

わ!と驚くニールの歌声。何処だ何処だ?いえいえ、本当のニール・ヤングがいるわけ無いけど、ニールのコピーバンドがガンガン歌っているステージの 回りには大きな人の山。ニールにそっくりな歌声でヒットソングを次々に歌う。そして、ステージの回りでは、お〜、ヒッピーたちが踊っている。踊っている。 しかし、皆おとしよりのヒッピーたちよ。そりゃそうよね、ウッドストックからはや40年が立つんだもの。みんな50代後半からもしかしたら70歳近い人た ちもいるんじゃない?

そして終わりの方には若者達もジャッンジャンまざって踊っていたわ。え?オイラ?勿論、「同じアホなら踊らなソンソン」の体質してるから、じ〜とマイハズのように静かにたたずんで聞いたり見たりしている事なんか出来なかったわ。また、汗だくになっちゃった♪

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

|

« あぁ一人っ子 | トップページ | クジラからの祝福? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あぁ一人っ子 | トップページ | クジラからの祝福? »