« ブラウザー 緊急事態 | トップページ | 天使に見える我むすこボン »

2009年8月10日 (月)

放浪の旅人

拝啓シュート女さま

なんだかタイヘンな事態のようで…。(すみません、お嫁はパソコンのことはすべてダーリン任せなので、緊急事態がもうひとつよー分からんの。でもシュート女さまが「タイヘン」とおっしゃっているのだから「タイヘン」なのね)早い復帰をお祈りしておりますわ。

こちらも昨夜はタイヘンでした…。

州都のビクトリアからナナイモまでドライブを愉しみ、ガブリオラ・アイランドに渡って4月にしばらくお世話になったB&Bの方とお会いし、さぁ~って「次はトフィーノのだぁ」って旅人たちの憧れの地と呼ばれる地を目指したお嫁ファミリー。

今夜はナナイモとトフィーノの中間地で泊まろうかと、ポート・アルバーノに8時過ぎに到着。まぁ8時過ぎと遅い到着となったけれど、こんな辺鄙なところだから観光客も少なくて宿を探すのも簡単と思っていた私たち…。

…ありまへん。どこも予約で一杯。

普段なら「こんなシャビィなところは遠慮しますぜぃ」というようなボロいモーテルでさえ満室。

「夏のこの時期に予約もしないなんて…無茶だよ」ってモーテルのおっちゃんに言われちまいました。ガーン。そうなのねcrying

そこで数十キロ引き返し、パークスビルでお宿探し。

しかし、ここでもありまへん。どこのサインも冷たく「No Vacancy」。ガーン。もう何件聞きまわったことでしょう-「ドタキャンがあって部屋が空いてませんか?」「小さな部屋でも結構です」「小さな子どもがいるのでお願いします」って。こういう切羽詰ったとき、お嫁の英語はよどみなく出てくる・出てくる・やはり切羽詰ったシチュエーションって語学上達に必須ね。

どこでも「No」って言われてションボリ。ここがダメならナナイモまで戻ろうって思いながら「Travellodge」の受付におばちゃまに尋ねてみると、

さっきキャンセルが一件あったから、部屋、ありますよ。

とのお答え。おばちゃまが天使に見えました。「あなたが天使に見える」って、おばちゃまに言ったら、彼女、笑っていたsmile

そういうことで無事11時過ぎにお宿決定。

しかし、まだまだ放浪は続く・・・・Part2を乞うご期待 blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« ブラウザー 緊急事態 | トップページ | 天使に見える我むすこボン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラウザー 緊急事態 | トップページ | 天使に見える我むすこボン »