« カナダライン初乗り♪ | トップページ | 初めての家族一泊の旅 Part1 »

2009年8月26日 (水)

ええ加減大魔王

拝啓シュート女さま

カナダライン初乗り、おめでとうございますtrain

いいですねぇ、歴史的イベントにベビーを連れていく…そのノリの良さ、フットワークの軽さ。そういう好奇心や遊び心がシュート女さまの魅力のひとつなのよん。

いやぁ~人間っちゅうのは、遊びというかアホなところ、オバカさんなことをする心の柔軟性やええ加減さが欲しいとしみじみ思う昨今。

なんでそんなことをわざわざ書くかと言えば…

実は先日、お嫁、ある方からお叱りというか苦言を頂戴したのよ。ある日長い長いお手紙が届き、そこには嫁としての心得、姑に仕えるものとしての心構え、なんぞがびっしり書かれている。海外に夫と子どもを連れ出し(無理やりじゃないんだから別に良いと思うんだけどねぇ)、お気軽に生きている私への、まぁ批判というか、苦言というか…bearing

すべてが世に言う正論だから反論の余地なし…gawk

女の道(いわゆる婦道ですな…シブイ)の王道、ど真ん中を歩いている彼女。ご立派です(ちょっと嫌味?)。でもなんだか息が詰まりそうだし、あんなに真面目に生きるのは生き辛いんじゃないかな。しかし、あの方が皇室に入れば上手くやっていくだろうな(鬱になろうが適応障害になろうが公務をガンガン果たしそう)なんて思うお嫁。

ダーリン&ジュニアとご機嫌かつ元気に過ごしているから許してくださいな、っていうのがええ加減大魔王のお嫁の本音。めっちゃ怒られそうだけどwobbly

このブログがあの方の目に触れることがないことを心から祈るお嫁であります…合掌。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« カナダライン初乗り♪ | トップページ | 初めての家族一泊の旅 Part1 »

コメント

あきらはん、おおきに~。
そうなのよ、ジュニアのイキイキとした笑顔、のびのびと育って
いる姿を見ていると、今回の選択は「大正解」だったと確信
しておりますの。ごちゃごちゃ言われてもガン無視だすッ。

ここだけの話ですが…手紙の差出人は夫側の親戚であり、
なんと浪花嫁(島嫁)よりもうんと年下の女性なのよん。
若くてもババくさい(失礼!)、いえ、シブイ考え方をする
人がいるのねぇ~って改めて思っちゃった。陰でこそこそ
言うよりは本人にはっきり言うタイプの人だから嫌いじゃない
んですけれどね(友だちにはなれんけど…)。

本日は晴天なり。初秋の爽やかさ。
あきらはんからコメントを頂戴して嬉しい爽やかな一日に
なりそうです。


投稿: 浪花嫁(島嫁) | 2009年8月28日 (金) 01時52分

そんなng手紙、即効燃やすに限りますよ( ̄▽ ̄)
手元にKeepしとく意味なんて全くなしナシ無しっsign03

最近思うんですよ。
一度きりの自分の人生、自分らしく満喫する為にあるわけで。
島嫁はんの場合は、大切な家族と楽しむ為に生きてるわけで。
世間体で作り上げられた線路を歩む必要もないわけで。
どんな線路をどう走っていくかは島嫁はん達が自ら決めることやん。

ブログを読んでて日増しに感動してるのが

『ジュニアの驚くほどの成長upwardrightupwardrightupwardright

浪花では、ジュニアの潜在能力をここまで引き出す環境はあまり無かったのでは・・・!?と(憶測で恐縮ですけど)しみじみ感じてますねん。

せやから、そんな手紙は無かったことにするのが一番scissors

ぶっちゃけ。
あきらとしては、その方にじっくりブログを観察して欲しい・・かな。
人生の先輩が、このブログから何を得て、感じて、学ぶか。
それでも 『逸脱した人生を・・・pout』と思う方なら、
all I can say is that I really feel sorry for her... ψ(`∇´)ψ

投稿: あきら | 2009年8月28日 (金) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナダライン初乗り♪ | トップページ | 初めての家族一泊の旅 Part1 »