« 猛暑バンクーバー | トップページ | 花火 »

2009年8月 3日 (月)

歴史のなかに生きる?

拝啓シュート女さま

暑中お見舞い申し上げますsun

ほんまにこの1週間暑うございましたdash 見た目はまるで「大草原の家」のようなチャーミングなコテージに住んでいる私たち。でもね、でもね、窓は小さいし、換気は悪いし、西日がガンガン入るし……なかはサウナ状態spa もうダメ~って感じでしたわ。

もともと最小限のキチネットがあるだけのコテージ。料理はまさに障害物レース。小さな卓上コンロと電子レンジを駆使して懐かしの日本料理(注:ダーリンもジュニアもご飯とお味噌汁がないとダメな日本男児)を作る浪花嫁(島嫁)を誰か誉めて~~~。しかし、クソ暑いともう料理する気もせん。だから外食でもnoodleってなっても、ボウエン・アイランドにはエアコンの効いたレストランなんぞほとんどおまへん。シェフが汗をかきながら作ってくれたお料理をお客さんは汗をかきながら食べるのみ…。ホント修行のような日々でございました。

しかし…昨日から少しですが涼しくなりました。日差しは相変わらず強いけれど木陰に入ればう~~~ん涼しいmist これ・これ…これこそカナダの夏ですよ。

… … … … …

昨夜Mrs.大家さんのSとちょっぴりおしゃべり。

お嫁「この1週間ほんとに暑かったよねぇ~~」

S「そうよ、記録破りの暑さだったわよ」

お嫁「もうイヤになっちゃうほど暑かった…」

S「でもね、考えてみて。ボウエン・アイランドの観測史上最高の暑さだったということは、今、私たちは新しい歴史のなかに生きていることよね。あなたの息子Mはボウエンの歴史のなかに生きているのよ。なんてすばらしいことでしょう~~~~」

お嫁「…そうね。そうかもね……」

どこまでも前向きなS。暑苦しいほどのポジティブさwobbly

話題がビザの書き換えになってもS節は続く…。

S「願うのよ。心のそこから願うのよ。心のそこから願えば夢は叶うのよ~~~~」

いやはや今年の夏のように熱い(暑苦しい?)Sですわcoldsweats02 

コテージ生活はあと2週間。その間にいろいろと書類を作成せんとあかん。そういう訳で旅行はどうも取りやめになりそですわ。その代わりおそらくシアトルに行くことに…。

お互い歴史的な暑さを乗り越えましょうね。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« 猛暑バンクーバー | トップページ | 花火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑バンクーバー | トップページ | 花火 »