« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

もうすぐ新学期

拝啓シュート女さま

子どもマインドをいつまでもお持ちのシュート女さま、この土曜日、ボウエン・アイランド最大のお祭りBowFestにいらっしゃればよかったのに~。マラソン大会、パレード、さまざまなゲームやミニゴルフ、ポニーライディング、ミュージックなどなど。地味gawkで退屈なこの島が1年に1度だけ盛り上がる子どもと大人のための1日。ジュニアはそれはそれは愉しみにして前日から「ドキドキするぅ」って眠れないほどでありました。

イベントはKid's 1.5 K runからスタート。なんとジュニアもエントリー。大きいお兄ちゃん・お姉ちゃん、ちびっこたちに混じって森のなか(ボウエンらしいですな)を走りぬけ、堂々の10位なり。顔が汗と喜びで輝いておりましたhappy01 

今からもう来年のBowFestを愉しみにしているジュニア。「来年は5 K runに出場するッ!」とか「D(大家さんファミリーの長男)とまた一緒にいっぱいゲームをするねん」と張り切っておりますの。

う~ん、来年ねぇ。どこにおりますやら。ビザなどいろいろややこしいことがあるからねぇ…wobbly。でも来年もBowFestに参加できるように、母ちゃん、頑張りますッ。

だぁ~って本当に毎日が愉しそうなジュニア。「日記しんぶん」(命名byジュニア)をひとりで発行して日々の愉しい出来事を綴るようなお遊びをしておりますわ。そして「大きくなったらこうして新聞をつくる新聞記者になるぅ」と言い出すまでに。なんだか羨ましいほどすてきな日々を過ごしているわが子。親としてできるだけのことをしたいですがなgood

さて9月1日より新学期。あぁ~長い夏休みでございましたぁimpact 宿題なし・塾なし。毎日思い切り遊ぶ日々。ジュニアよ、すてきな夏だったね。

新しい年度を迎える準備でひとり慌てているのがこの私。学校や先生や父兄たちからどさどさとメールが来るのよ(注:メーリングリストに入っているからね)。もうそれを読むだけでクラクラ。返事を書くだけでフラフラwobbly

今月はペアレンツ・ミーティングやら親子キャンプやらポットラックパーティなぞ、イベント盛りだくさん。愉しみだけど、ちぃっと憂鬱。英語をしゃべり続けなあかんのだもん(当たり前やけど)。英語力アップギブスをはめているような気分のお嫁であります…。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

子供マインド

拝啓島嫁さま、

ベィビーは今でも「ビクトリアにいく〜。」と言うので、行ったことのない公園に連れて行って、「ここビクトリア」ッて言ったら、「ちがう〜」ッて言うのよ。なんて頭のいい子なんでしょう。

どうして、皆様お分かりなのかしら、私たち夜中のダンスにこっているなんて。一年前の夏(一歳のベィビーと)トロントのカレッジ・ストリートの「オービット・ルーム」ていうクラブのドアの外で、聞こえてくるライブにのって毎晩二人で踊っていたわね〜。「ダンシング・ベィビー」なんて着飾ったお姉さん、お兄さんに認められる程、ベィビーのダンスは様になっていたんだわ。ビクトリアのホテルでは夜遅くにやるダンスのコンペティションの番組があって、サタデーナイトライブののりのいい♪で踊っている若者がいて、ベィビーが「ダンシュー、ダンシュー」ってなこと言うもんだから、ツイツイのせられちゃって、、、。風船遊びにものっちゃったし、いえ、のせられちゃったし、、。

さてね、お嫁さま、「褒めちぎり教育」こっちの文化はまさにそれ。親も先生も褒めちぎる。だから、弱点を補う勉強よりも、得意な分野がドンドン伸びて行く。「好きは物の上手なれ」って言うしね。

オイラが小学校の低学年だった時は、今で言う「スパルタ」ですかね?背中にモノサシ(30cmの竹でできていたな)を入れられて、机をドンドンとたたかれながら勉強させられたのよ。その後は暗くなるまで思いっきり外で遊んだけど、、、。「馬鹿ものー!」ってよく怒鳴られたもんだわよ。だから、こんなに反抗的に育っちゃったのかしらね。甘えるなんてなかったな。ちょっとやそっとじゃめげない子供、大人が出来たんだわね。通信簿は5か4じゃなくちゃダメ。そんな癖がついちゃった。でもね、高校生になった時には「2で何が悪い」、嫌いな科目は「赤で結構」って居直っちゃったわね。

怒鳴られて勉強でもなんでも「させられる」のはイヤだわね。特になんの為に学んでんのかわかんない時。「くっそー」てなもんだ。

あ、目的がわかっていても怒鳴られるのはやっぱりイヤ!こちらに来てから「自動車の免許」を取る時にやとったチャイニーズの先生は直ぐ怒鳴る。中国ももしかしたら日本の教育制度とにているのかな=?びくびくしながら運転なんかできないわよ!先生だからってエバンじゃないの!ってすぐにその先生はやめて、優しい先生にした。そしたら一回にテストでパスしたわよ。フン!センコウだとおもって威張りやがって!

あ、先生の話題になると怒ってくるから今日はこの辺でbearing自分もセンコウだった時もあるんだけど、、でも子供マインドがいつまでもぬけないままアラカンになっちゃいましたbleah

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

誉めて育てる?

拝啓シュート女さま

隣室から苦情が来るほど騒いじゃいましたか?ホホホ…シュート女さまらしいわぁhappy01 ベィビーちゃんとダンスでも踊っていたのかしらん。

ところでババちゃまとしてベィビーに接するとき、なにか気をつけてらっしゃることってあるかしら?

お嫁の場合、ジュニアの「自尊心」を傷つけないこと、かなぁ。わが子とのこの8年の付き合いのなかで気が付いたことは、ジュニアだけでなく、子どもってかなりプライドが高いということ。そう、小さな子どもにも自尊心があるのよねぇ。私なんぞ、子どもの自尊心やプライドなんちゅうもんを無視した親に育てられたもんだから、どうわが子に接してよいのか分からないときがおますのよ。

勉強に集中せずなかなか進まなくてイライラして(私がね

「今日はもうここまでにしようよ。ヤル気なさそうだし、進まないんだから」

と言うと、涙目になって「いやだぁ。ヤル気、あるぅ」と本気モードで抗議するし、できない問題があると涙をポロポロ流すしねsweat01。英語という新しい言語に接しつつ、日本の勉強に遅れないように(一応ね)2年生の教科書を毎日やっているから、ジュニア自身大変だと思うけれど、それに付き合うお嫁も大変なのよ。自尊心を傷つけないように誉めながら根気よく教えるのって、はぁ~(ため息)dash、シンドイですわい。

こちらの人はホント誉め上手。マダム大家さんもそれは子どもを誉める・誉める・誉め倒す。

誉めて育ててもらわなかったお嫁から見たら「そんなに誉めたらうぬぼれの強いイヤな奴にならんかしらん」って思うときもあるけれど、誉められる(評価される)ことは人間の根源的な欲求だもんね。大人とように子どもも同じ欲求をもっている、という当たり前の事実を確認する日々でありますわ。

誉め上手な母親をめざすお嫁。そして…ダーリンに一言…

誉め上手な夫にならんかいッ!

ホントは↑を一番言いたかったかも…bleah

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

初めての家族一泊の旅 Part1

拝啓島嫁さま、

オイラもね、その方にこんなブログを見られないことを願いますよ。だって、別にどうのこうの言われたくないってのもあるけれど、そういう奴はシュート女の敵です!と言い切りまっす。そんな人はいつの世にもいるんでしょう。オイラが「子連れ留学」した時も「遊学」だのなんだの言われましたよね。「遊学」の何が悪い?って言いたいけれど、その人はオイラの事をしらないんだわ。絶対に「かかったお金の元は取る」ってタイプだもの。ツマラン、しんどい、生き方はやめましょうね、皆さん。

さてさて、ベィビーの初家族一泊の旅をまだお知らせしてなかったわね〜。電車にも乗ったし、今度はお船に乗りましょう。というわけで家からブンブン(車)でフェリー乗り場へ、11時のフェリーをのがし、12時のフェリーも満杯で結局1時のフェリーに。ツワッサンは子供達の為に公園ができていたりして、比較的待ちやすい。大人達(ボン、実嫁、マイハズ)はピックニックテーブルでお弁当(ババの作ったサンドイッチにお稲荷さんにコーヒーに麦茶に葡萄)を食べ、オイラとベィビーはブランコにのったりして遊んで、、、それにしてもベィビーは飽きちゃうよ〜。というわけでフェリーに乗った。なんと6階は子供フロアで、家族連れがいっぱい。滑り台やら、車の玩具やら、テレビでセサミストリートをやっていたり、子供達の天国だ。(普段はこんなものに気づかなかったよ)

で、ベィビーは「お船にのる〜、お船にのる〜」とのたまわった。すみません、今お船に乗ってるのよ。というわけで、デッキに行ってみた。海がみえるからお船に乗っているのわかってもらえるかしらん?と。

そして、夕方ホテルに無事チェックイン。お部屋を決めるのに一苦労。予約はしてあったけど、二部屋が近くにあってベィビーがアチラコチラに行ききしやすいロケーションがいいわけで、、。ラッキーにもお向かい同士の部屋がとれ、二つのお部屋のドアを開けておけば自由に行ったり来たり。ダウンタウンのホテルをとったから、「ウバググマ」でアチラコチラへ。エンペレスのまえの海のあたりをウロウロし、イタリアンをいただいて、夜はマイハズはホテルの真ん前の映画館へ。ボンと実嫁はボンの友達夫婦に会いにどこかのクラブへ。

オイラとベィビーは大人たちのいない(?)うちに、思い切り遊んで、隣の部屋の泊まり客に苦情をいわれ、、、でもなんとか次の日の朝がやって来ました、、。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月26日 (水)

ええ加減大魔王

拝啓シュート女さま

カナダライン初乗り、おめでとうございますtrain

いいですねぇ、歴史的イベントにベビーを連れていく…そのノリの良さ、フットワークの軽さ。そういう好奇心や遊び心がシュート女さまの魅力のひとつなのよん。

いやぁ~人間っちゅうのは、遊びというかアホなところ、オバカさんなことをする心の柔軟性やええ加減さが欲しいとしみじみ思う昨今。

なんでそんなことをわざわざ書くかと言えば…

実は先日、お嫁、ある方からお叱りというか苦言を頂戴したのよ。ある日長い長いお手紙が届き、そこには嫁としての心得、姑に仕えるものとしての心構え、なんぞがびっしり書かれている。海外に夫と子どもを連れ出し(無理やりじゃないんだから別に良いと思うんだけどねぇ)、お気軽に生きている私への、まぁ批判というか、苦言というか…bearing

すべてが世に言う正論だから反論の余地なし…gawk

女の道(いわゆる婦道ですな…シブイ)の王道、ど真ん中を歩いている彼女。ご立派です(ちょっと嫌味?)。でもなんだか息が詰まりそうだし、あんなに真面目に生きるのは生き辛いんじゃないかな。しかし、あの方が皇室に入れば上手くやっていくだろうな(鬱になろうが適応障害になろうが公務をガンガン果たしそう)なんて思うお嫁。

ダーリン&ジュニアとご機嫌かつ元気に過ごしているから許してくださいな、っていうのがええ加減大魔王のお嫁の本音。めっちゃ怒られそうだけどwobbly

このブログがあの方の目に触れることがないことを心から祈るお嫁であります…合掌。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月25日 (火)

カナダライン初乗り♪

拝啓島嫁さま、

クジラに祝ってもらった誕生日。特別な忘れなれないバースデーpiscesfish

遅ればせながら、おめでとうcakenotes

さてさて、8月17日月曜日。(もう一週間もまえのこと。時間が経つのが恐ろしい。歴史にのこるカナダラインが前倒しで予定より早く開通した。)初日は無料、乗りたいだけ乗ってもいいんだけど、アホくさい!って思う人もいるかもしれないけど、歴史的イベント、十年後にベィビーに「貴方はバンクーバーにカナダラインが開通したその日に乗ったのよ」と言いたいだけの理由で乗った。(アホか?)

メジャー駅のピーク時には3時間待ちだったとか。当日の運行は午後の一時から夜の9時まで。実嫁が心配するので、マイハズも一緒にピークを過ぎた夕方に車でキャンビー通りまで。41stはオークリッジ・モールがあるので込んでいる。49thはランガラ・カレッジは夏休みなのでそれほど込んでいなかった。30分待ちくらいだったかな。人数制限をキチンとしているので車内はそれほど混んでいる訳でもないけど、それでも混んでいた。でもそれはそれ、ベィビーが一緒だから席を譲ってもらって、「サー、どこへ行こう?」。リッチモンド方面行きは凄く混みあっていたので、兎に角ダウンタウン方向へ。そして、ズット地下を通って「オリンピック」まで。キャンビー通りの橋のたもとの駅、といっても外にはでず、車の止めてある49thへ逆戻り。

ただ、これだけの事だけど、ベィビーの写真はとったから目的は果たしたな。ベィビーはいつの日かこの写真を見るだろう。で、何処でどんな状況で見ているんだろう。ランガラ・カレッジに通っているかもしれないし、もうとっくにカナダに戻って来ているかもしれないし、いやいや、日本で平和に暮らしているかもしれない。

今はわからないけど、大事な記念撮影が終わったわ。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

クジラからの祝福?

拝啓シュート女さま

お嫁ファミリーも行きましたわよ~~Summer of Loveに。実に楽しかったぁ。子どものためのイベントがいろいろあったのにお気づきでした? ジュニアは腕に絵を描いてもらったり、可愛いペンセットやキャンデーをプレゼントしてもらい、アートのワークショップバスに乗り込んですてきな旗を作らせてもらって大喜び。

実はその日はBowen Islandでもイベントがあったの。BowFEASTというのがね。マダム大家は朝から大はしゃぎ。「浪花嫁ちゃん、今日はBowFEASTよ。急いでいくのよ~dash」と言うからどれほど大きなお祭りかと駆けつけたら…あぁたぁ、小さな朝市というか、野菜や果物やパンの直売所のようなものが数件あるだけ…。う~ん、これをどう愉しんだらよいの?って感じ。やはり私はスレた都会人かしらん?

… … … … …

過日の旅の途中、お嫁は誕生日を迎えましたのcrown

一番の思い出はユクルーレットでの出来事。三人で灯台へと続くトレイルを散歩していたときのこと。ダーリンが「ここからクジラは見えないのかなぁ?」と言ったとたん…

クジラが潮を吹いているのが見えるじゃないですか。それもかなり近くで。

海を凝視する三人。一頭の鯨がどんどん近づいてき、何度も何度も潮を吹き、ジャンプをするの。1度などははっきりと頭が見えたのよ。唖然とする親子。

そのときのジュニアの一言がそれはすてきだったの。

クジラさん、母さんにハッピーバースディって言っているんだよ

ですって。おぉなんちゅう可愛いことを言ってくれるやぁheart04

家族に祝ってもらい、クジラにまでお祝いをしてもらったお嫁。きっとこの一年もすばらしいものになるはず。そう確信した旅の一日でありました。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月23日 (日)

SUMMER OF LOVE

拝啓島嫁さま、

ボンちゃんはおしめをして保育園に行っていたからか?または生まれながらいい性格だったからか?または?よくわからないけれど、結構おっとりしてい たと記憶してますよ。ただし、ベィビーは確実に「一人っ子現象」が見られるわ。公園でもそう、先日家に3人の子供が来たときもそう、おなじ2歳の女の子 (上二人は兄ちゃん)は「皆と一緒の遊びかた」を知っている。泣かない、わめかない、取りっこしない、、。どう見てもベィビーの「我がまま」が見えた見え たbearing 世の中「一人っ子」がドンドン増えている、どうなるのかしら?しかし、兄弟姉妹がいても、いい子ばっかりじゃないから、これは親(ババだけど)の日常のかかわり方にかかってるのかも、と反省ですcoldsweats02

ーーーーーーーーーーーー

さてさて、いた驚いた。今年はウッドストック から40年。反戦反体制のコンサートから40年。ジミヘンのギターにピースマークが懐かしい。なんて話、わかる人いる?オイラの青春ですよ。

バンクーバーの4thアベニューでは毎年夏が終わる頃にSummer of Love がある。たったの一日のイベント。あれ?アレからもう一年もたっちゃったの?去年の今頃は?ナニしてたっけ?ベィビーと実嫁はもうバンクーバーに来ていた な。4thアベニューあたりはその昔ヒッピーが沢山住んでいたので、今でもベジタリアン・レストランがあったりもっとUBCのほうに行けば、真っ裸の人た ちのビーチ、レックビーチがあったりする。で、Summer of Loveのイベントでは4thを歩行者天国にして、マニアックの行くZuluレコード店(マイハズのおなじみの店)の前にもとか、バンドのステージが3つ ぐらい設置される。

わ!と驚くニールの歌声。何処だ何処だ?いえいえ、本当のニール・ヤングがいるわけ無いけど、ニールのコピーバンドがガンガン歌っているステージの 回りには大きな人の山。ニールにそっくりな歌声でヒットソングを次々に歌う。そして、ステージの回りでは、お〜、ヒッピーたちが踊っている。踊っている。 しかし、皆おとしよりのヒッピーたちよ。そりゃそうよね、ウッドストックからはや40年が立つんだもの。みんな50代後半からもしかしたら70歳近い人た ちもいるんじゃない?

そして終わりの方には若者達もジャッンジャンまざって踊っていたわ。え?オイラ?勿論、「同じアホなら踊らなソンソン」の体質してるから、じ〜とマイハズのように静かにたたずんで聞いたり見たりしている事なんか出来なかったわ。また、汗だくになっちゃった♪

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

あぁ一人っ子

拝啓シュート女さま

ビクトリアはいかがでしたか?花の街cherryblossomでもベビーちゃまと踊っていたのかしら?

本日はなんだかドタバタのお嫁でありました。今朝マダム大家がいつも以上に忙しそうにしているので(注:彼女はファームを経営し、B&Bを営み、ギャラリーを持ち、バイオケミストとして働く超人的ワーキングマザー)、心優しいお嫁が「D(5歳)のシッティングをしようか?」と声をかけたのが運のツキ(?)。

「まぁ嬉しい。お願い。じゃぁT(彼女の18歳の姪。いま遊びに来ている)も一緒によろしくね」とのお返事。早速5人分のお昼ごはんの用意にとりかかるお嫁。

本日のお昼:サーモンの味噌マヨ焼き、トンカツ、味噌汁。

Dは大喜び。Tも「寿司以外の日本料理って初めて」と大喜び。皆でわいわいとお昼ごはん…とここまでは良かった。

午前中は仲良く遊んでいたDとジュニア。しかし午後からケンカ頻発。

ゲームをしてはケンカ、おもちゃで遊んでは取り合い、一緒に絵を描いても小競り合い、折り紙をしているときもお互いにちょっかいを出してケンカ。

あぁうるさいったらありゃしない。

ケンカしてくれるのは結構なのよ。子ども同士だもんね。でもね、ジュニアとDの場合、お互い言葉が通じないからケンカのたびに私を呼んで通訳をさせる。両方のガキまぁ下品)がギャーギャーと言うのをいちいち訳さんといかんのはメンドーでしょうがない。

じゃあかあしいわぁdash。仲良う遊ばんかいッ!

と怒鳴りたいのをぐっと我慢の子のお嫁。まぁ言葉が通じないからしょうがないんだけど、でもねぇ、見ていて悪いのはジュニアなのよね。一人っ子で歳の近いイトコもいないから、いつも好きなものを独り占めしてきたわが息子。所有欲が強すぎる。Dは気前良くおもちゃを貸してくれるのに、ジュニアは貸し渋る。ちょっとキズをつけられたり、壊されたりしたら大騒ぎ。あぁ~うっとうしい。

最後にはDがジュニアの大事にしていた恐竜の骨(もちろんおもちゃ)を壊してしまい、我が息子、大泣きsweat01。Dがちゃんと「ごめんね」と謝り、「僕の恐竜の骨をあげる」と慰めても大むくれ。あちゃぁ5歳の子のほうがよっぽどしっかりしているやんかぁwobbly

「ひどい1日やったぁ」と嘆くわが息子。いぇいぇ、あなたにとって良いレッスンだわ。こういう体験からいろいろ学んでいくのよね。

お嫁と同じくひとり息子を育てたシュート女さまぁ、ひとりっ子の育て方の極意ってあるかしら? あったら教えてくださいませな。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

ダンスダンスダンス

拝啓島嫁さま、

先日ベィビーと近所の図書館の子供コーナーにいったの。近所の小さな図書館なんだけど、子供コーナーには小さな椅子があって、勿論本もビデオも一杯あっ て、その中からベィビーがつかんで話さないダンスのDVDをかりてきた。あ、「熊のプーさん」のビデオもかりてきたけど、それよりなによりベィビーはババ ちゃんと踊りまくるのが大好き。「あ、これか!」って気がついたの。ババちゃんとベィビーの共通点。そして汗かくほど一緒に踊って踊って踊って楽しかっ た〜♪バレーとか、マラカスダンスとかあるんだけど、一番よかったのは「フリーズ」っていうダンスで、身体を音楽にのせて踊りまくっていいんだけど、「フ リーズ」ってお姉さんが言うとピタっと止まるってやつ。それで早速アマゾンでしらべたら山ほどその手のDVDがあるのよ。雨の季節にそなえて、早速いくつ か注文しよう♪

そうそう、ベィビーと一緒に小道具も買いに行ったのよ。マラカスとか首に書けるハワイアン・レイとかチアガールの持つフサフサとか。ああ、オイラのお話相手はベィビーだと言ったけど、もうマイハズは「踊りまくり」時代は終わったと公言していて踊らない。ボンも実嫁もみんな恥ずかしがってオイラとは踊らない。底へ行くとベィビーは「ババも一緒に〜」なんて優しい事言ってくれるし、得意はヒップホップリズムだし、ババはベィビー抜きでどうやって生きて行ったらいいのか知らん?

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04



| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

ツルツル肌よ、カムバック

拝啓シュート女さま

お肌ツルツルshineで家族旅行に行ってらっしゃいませ~~。愉しんできてくださいませ。

あぁお嫁もフェイシャルエステを受けたい。ここボウエンにもエステ&スパがある(注:しょぼいけれどね。お客さんが入っているのを見たことないけれどね)。でも受けられません。いぇ…お金の問題ではないの。お肌がどんな反応をするかと思うと怖くて受けられない。

昔・昔には「ゆで卵肌のお嫁ちゃん」と呼ばれ、「きれいな肌ねぇ。どんな化粧品を使っているの」「どこのエステに行っているの?」と訊かれることが少なくなかったお嫁。しかし…今は見るも無残な「砂漠肌」…wobbly ファンデーションを塗ったらこふきいも状態。大好き且つお嫁の化粧のポイントだったアイラインも、今じゃぁ、痛くて引けまへん。

カナダの乾燥した空気も原因だけど、原因はそれだけではないのよねぇ。1年ほど前からひどく乾燥し、ヒリヒリすることもあったので近所の皮膚科に行ったの。歯に衣着せぬ先生ははっきりおっしゃいました…

原因は加齢です

と。

ガーンdash

加齢なので治りません。上手につきあってください

とも。

加齢+カナダの乾燥した空気=砂漠肌ですわ(涙)。

どんな化粧品やクリームを塗ってもヒリヒリ。現在はほとんど水のような化粧水、処方してもらったクリーム、そしてワセリン(夜のみ)というシンプルそのもののお手入れ。それでも皮膚がヒリヒリするときがあるんだから、ああたぁ、エステなんぞ行ったらどうなるか…怖くてよう行きません。あぁそこら辺にある乳液を塗っていただけでツルツル肌だった日々が懐かしい。ツルツル肌よ、カムバック。

乾燥している夏だから肌の状態が悪い、秋冬になれば大丈夫だろう、と思っていたら、カナダ在住3年の日本人の人が

「いえ、冬はもっと乾燥しますよ。私なんか、去年、皮膚が割れてミゾができたもの」

ですって。これって本当なの? まだ若い二十代の彼女でもそうならば、妙齢のお嫁、どうなるのよぅsad 

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

お肌しっとり

拝啓島嫁さま、

何だか大変なことになってんのね〜。もし嫁一家がいなかったらどうやってバカンスに行くんだろう???いや待てよ、君たちがいるからこそ安心して出かけちゃったのかしらん?オイラもオハイオの大きな家を主が引っ越しちゃった後一人で掃除した覚えがあるわ。こっちの人たちは家を売ったら最後掃除なんてしていかないみたい。やっぱり日本人はと「飛ぶ鳥後を濁さず」って教えが身にしみてるもんね〜。

今週はサウナにいったりフェイシャルにいったり「癒し」モード。来週からはまたスッゴク忙しくなるはずだから、今のうちってわけね。マッサージ(身体)、フレクソロジー(足)などと色々やってみたけど、なんだか癒されるのはフェイシャルだと気がついた。顔だけに一時間なにをしてくれんだろう?と思ったんだけどパックをしたり、コネコネとオイラの顔をいじくり回されているだけなんだけど、気持のいいこといいこと。ダイイチとってもいい香りのするスティームルームにゆっくり横になってるだけでもリラックス。でもこれは前菜でレモンの入った冷たいお水なんか飲んで、、いろいろな商品の説明をしてくれるらしいんだけど、めんどくさがりのオイラはどうせ大枚のmoneybagを使っても、結局は自分ではなんにもしないにちがいないから、それでは宝の持ち腐れになるに決まっているから、「ただゆっくりしに来たので商品説明はいりません」ということにして、顔をコネコネされてる間はウ〜ツラウ〜ツラと、、。アッツイタオルで顔や肩のあたりを蒸してもらう気持よさ。お顔にパックをしてくれてる間は両手の手入れをしてくれた。またアッツイ蒸しタオルとコネコネで。

終わってみてビックリ、顔も手も「お肌はしっとりスベスベ」。何でかしら?そんなたったの一時間だけで、、。思わずお高い商品を買おうかしらん?と思ったけど、そんなお金があったら、またここに来てやってもらった方がいいわ♪とつくづく思ったわ。そうね、チョーお金持ちになったらば、月一のフェイシャル、月一のマッサージ、月一のフレクソロジー。月一の、、、なんて具合にお金を使いたい。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04




| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

掃除&引越し75%完了

拝啓シュート女さま

ビクトリアに家族旅行ですか、いいですねぇ。ベビーちゃまとの初の遠征、愉しんできてくださいませshine

こちらは今朝から引越しでドタバタです。一ヶ月間お世話になったコテージからパーシャルスイートに戻ってきました。ほんの数メートルほどの引越しだからラクラクかと思いきや、大変&大変。

物がなにかと増えているのも理由のひとつだけど、2つの部屋(スイートとコテージ)を掃除をしながらの同時に引越し作業をしているのが大きな理由。

だってだって今朝までスイートにはお客さまが滞在していたし、コテージにはすぐ次のゲストをお迎えするから…。肝心の大家ファミリーといえば、なんと、またバカンスyachtでお出かけ中。「お部屋の掃除よろしくね。あっそれから動物の世話もしておいてね」、との言葉を残してお出かけしちゃうんだから…coldsweats02

信用されているのだろうから嬉しいのだけど、なにもかも任せきりって…どうよ。これも私たちが日本人だから?

ミセス大家さんのSいわく「日本人は信頼できるのよぅ」。トフィーノですてきな家を貸してもらたったとある人に言うと「それはあなたが日本人だからよ」とのお言葉。やはり海外では日本人だということが大きなアドバンテージ? 「勤勉でまじめ」「信頼できる」というディープな部分での親日感覚が長年にわたって確実に根付いているのね。

期待を裏切っては、とせっせと掃除に励むお嫁とダーリン。やはり真面目な日本人good

現在、掃除&引越し75%完了。またまだきれいにしたいところがありますの。頑張りまっす!

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

突貫工事に驚いて、、

拝啓島嫁さま、

トフィーノへは何回も行った事があるけど、長い長いドライブの景色の美しい事。それにしてもサーフィンスクールには気づかなかったわ。ウィキニニッシュINNの荒れ狂う海をみながらジャグジーに入ったり、素敵なレストランでのお食事やスパはよく覚えているし、ミッドビーチロッジの大きな梁があるリビングや美味しそうな手作りクッキーのことはヨーク覚えているのにね。やっぱり子供が一緒だと目が行くところが違っているのね。

心配する実嫁を納得させて、来週はボン一家と一緒に家族でビクトリアに一泊でお出かけが決まったの。ベィビーの初めての遠出ですよん。実嫁ドキドキ、ババちゃんルンルン♪

さてね、日本のニュースを見ていて驚いた。東名の土砂崩れがもう開通したのに、「時間がかかってしまって,申し訳有りませんでした」って謝ってる偉い人をみて、だって大雨と地震って天災だし、あの人のせいじゃないのに、、、それに突貫工事で3日目には下りだけでもお盆の帰省ラッシュに間に合わせてしまう、その根性はやっぱり日本が誇りにしてもいいんじゃないの?これがカナダだったら、謝ることもまずないだろうけど、「あ〜、天災だからしょうがない、、、」てなもんで周囲も諦めるだろうし、突貫工事なんてないと思う。

それにしても、いつも思うんだけど「土砂崩れ注意」とかのサインとか「地盤が緩んでおりますので、細心の注意を」てTVで言ったりしているでしょ?どうやって注意しろ!て言うのかな?具体的に注意の仕方を教えて欲しい。じゃないとオイラなんてどうしていいかわからんもん。

神風サーファーかっこいいgood。なんでも子供はあっという間にカンをつかんでこなしてしまうんだよね。ベィビーも最近は危なっかしいったらありゃしない。「つかまないで!」とか言いながらババちゃんの手をパッパってはらうし、で、落っこちたり転んだり血を出したりするんだけど、それでも自分の可能な機能を最大限に使おうと試している姿がよくわかる。子供は凄い!

残りの旅を多いに楽しんでね。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

KAMIKAZIサーファー誕生

拝啓シュート女さま

そうかぁ、一番の話し相手のベビーちゃまとのお別れが近づいているのね。シュート女さまの気持ちを考えるとこちらまでシュンweep お別れの日までの1日1日を愉しんでね。

お別れとなっても日本とカナダを行ったり来たりすればよいわけで、楽しい旅の数が増えると思えばいいのよ~。そう思いましょうよpaper

… … … … … …

さて昨夜ボウエンに戻ってきたお嫁ファミリー。実は旅を続け、そのついでに国境を越えてシアトルに行き、ビザの書き換え・延長等の手続きをするつもりでございました。しかし…今回の手続きにはたくさんの資料・書類が必要であることが判明coldsweats02 島に戻って今朝からいろいろ準備をしているところなの。相変わらずのんびり&大雑把なお嫁でございます。

さてトフィーノご報告第2段をば。

トフィーノってなかなかおしゃれな若者の町って感じ。レストランもカフェもイケている。小さいけれどおしゃれなカフェでおいしい朝食をとり、そのエリアをぷらぷら歩いていると「Surf School」の看板を発見。覗いてみると爽やかなサーファー兄ちゃんがにっこりheart04

ジュニアに「サーフィンやってみたい?」と尋ねると「うんdash」。ダーリンもサーフィンに興味津々。そこでそのお兄ちゃんに「初心者の男2人に教えてくれる?」と訊いてみると、「もちろん」とのお返事。そこでダーリン&ジュニアは翌朝プライベートレッスンを受けることに。(注:お嫁には運動神経っちゅうものがありまへん。だから自分がサーフィンをする気は毛頭ありまへん)

うちの男性2人は初めての挑戦にわくわく。お嫁もイケメン・ルークにまた会えるので別の意味でわくわく(ホホホ…heart01)。

ジュニアは前日から大興奮。お風呂でサーフィンの真似に余念なし。

さて翌朝10時。レッスンスタート。レッスン早々、まだパドリング(注:サーフボードの上に腹ばいになって、海面を進むために両腕でこぐこと)の練習中なのにボードに立とうとするわが息子。「それは無理だってぇ」と波際でつぶやく母。

しかし…なんとあっという間に波に乗ってボードに立つじゃないですか。あらぁ~。毎日猿のように走り回っているだけあって身が軽い軽い。

もちろんルークのサポートがあるからだけど、すいすいと波に乗ってサーフィンをする息子。母ちゃん、びっくり。ダーリンはまだパドリングの練習中なのに…頑張れ、ダーリン。

ルークやサーフィンを見学に来ていたおじちゃんからも誉められて大得意のわが息子。ルークには「KAMIKAZIサーファーだぁ」とのお言葉まで。2時間みっちりサーフィンを楽しんで大満足。

また楽しい思い出が増えたね、ジュニア。ダーリンも最後のほうにはコツを掴んで楽しめたようす。よかった・よかった。

「これからもサーフィンを続ける」と宣言する我が息子。いいねぇ、息子がサーファーかぁ。ルークのようなイケメンサーファーになってね、カッコいい友だちを家に連れて来てね、と密かに思うお母ちゃんでありますscissors

親バカ・トフィーノ報告でありました。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

大切なおしゃべり相手

拝啓島嫁さま、

冒険の旅が続いている様子、楽しみに読ませてもらってますよ。なんだか、森の中のボロ家の様子を目に浮かべ、ドアを開けたら「ま〜、そこは御殿」なんてチルチルミチルの世界に入ったような「冒険の旅」。冒険に満ちた旅なんて今さら殆どないからそして、長期ビザをとってコチラに帰って来られるはいつ頃の予定かな?夏が終わる前にボーエンに行かなければ、、と思っていますケド、、、。

最近は私の生活に変化が生じていて、、、例えばマイハズは自分でビジネスを始めることにして(と言ってもフランチャイズを買う事にして、、)ということはオイラもそのトレーニング(朝から晩まできついらしい)を受けに一週間ほどトロントに行く事になりそう。(ベィーと離れる一週間の辛さよweep)弁護士と今は話している最中だから、ドタキャンありかもしれないけれど、、それはそれでいいんだけど、問題は、、、。

ボン一家がそう遠くない時期に日本へ引っ越し。これがオイラの心にオモ〜クのしかかっている。この一年でオイラが一番話をした相手は何を隠そうベィビーだから。(もうすっかりベィビーじゃなくなったけど。)今はおしっこトレーニングの真っ最中。毎日一緒に公園に行ってうちで遊んで、一年が以上の時が過ぎちゃった。

それもこれも人生の流れの一コマで、愛する者とどうやってかかわって行くかを模索して進む時がやって来た。悲しいけれど、胸は痛むけれど、でも人は皆そうやって自分の人生を進んで行くんだbearing

で、今日はサウナに行く!明日はフェイシャルにを予約!

疲れた気持を贅沢に癒す、そうすると気持がdownwardrightからupwardrightに変わるでしょう。と願っているんだケド

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

放浪の旅人--トフィーノ編

拝啓シュート女さま

緊急事態は落ち着かれたようね…。良かった・良かった。

そうなのよ。一家に1人、カスタマーサポート係が必要。私もどれほどダーリンに助けられたことでしょう。だからねぇ~腹が立ってもケンカができないのよ。困ったときに「助けて~」って言えないからね。

… … … … …

さて放浪の旅人家族は翌朝今度こそ旅人の憧れの地トフィーノへwave。しかし…ハイシーズンのいま、トフィーノでお宿が見つかるかしら?

インターネットでトフィーノのホテル、モーテル、B&B、ユースホステルを次々調べてみたけれど9月中旬までどこも予約で一杯(ガーンsweat01)。ダメモトで電話もしたけれど、どこも「満室です」とのお答え。さて…どうするお嫁ファミリー?

しかし…天はお嫁を見捨てませんでした(大げさ?)。

最後に電話をしたホテルのオーナーのおっちゃんが

「友だちのジョージがいろいろ情報を持っているから電話をしてみたら?」

って彼の電話番号を教えてくれたの。藁にもすがる気持ちで電話をしたところ

「僕の友人の一軒家を2日間だけなら貸してあげるよ」

との嬉しいお返事。パークスビルからトフィーノにるんるんドライブrvcar。待ち合わせの場所で待っているとやってきたのは素朴なサーファー系のお兄ちゃん。早速彼の友人の家まで行くことに。その間、ダーリンとお嫁は次のような会話をしておりました。

お嫁「ねぇ、ジョージっていい感じ。素朴な地元の人って感じよね」

ダーリン「うん。でも意外と大金持ちだったりして。友達の家も豪邸eventかもよ」

嫁「う~ん、その可能性は低いなぁ…。それよりも掘っ立て小屋の可能性のほうが高いんじゃない? どんなみすぼらしい家でも泊まるところがないよりマシだから我慢しようね」

ダ「そうやなぁ」

着いたところは静かな林のなかの古~いボロッちい一軒家。お嫁の予想がピッタンコdash

しかし・しかし…なかに足を踏み入れてみてびっくり。

き・き・きれいやおまへんかぁ。改装したばっかりのすてきな内装。広々したリビングルーム&ダイニングルーム。キッチンも大きいの。2つあるベッドルームもすてき。調理器具・ランドリーも真新しい。清潔なリネン・タオル類もたっぷり。

外見はすてきでも一歩足を踏み入れたらボロッちい家があるけれど、この借家はその正反対でありました。しかもジョージはとても親切。おいしいレストランやらカフェ、トフィーノの穴場をいろいろと教えてくれ、「なにか困ったことや分からないことがあればいつでも電話をしてね」と言ってくれる。なんちゅうラッキーな出会いでしょうscissors 大満足のお嫁。

さて…このトフィーノではのまた別の嬉しい出会いがありました。そこでジュニアの思わぬ才能が芽吹くことに…(これまた大げさ?)。それは次回ご報告いたしますねbleah

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月11日 (火)

天使に見える我むすこボン

拝啓島嫁さま、

持つべきものは「息子」です。マイハズやオイラが持ってない「辛抱」ってものをボンはもっているんでしょうか?先週はなにがどうなったのかわからないけれど、「サポート」とメールでやりとりして、もう限界に達していたオイラ。そしてボンに「SOS」を発信し解決したわけで、、。イエナニ、何がおこって何処をどうなおしたかかんて事を説明されてもわからないからしらなくってもいいんです。「SOS」を受け取ったボンはジターとアチコチをみていたけれど、、、。

一家に一台、サポートシステム。島嫁のダーリンやうちのボンのような家族メンバーが今の世の中絶対に必要。会社にいれば、コンピューター関係のどんな問題でも解決してくれるITスタッフがいるでしょう?もしもオイラが会社を経営していたらITスタッフは一人は絶対に雇いたい。でなくてはフラストレーションを抱えたままで時間を無駄にするばかり。オイラのような人々はイッパイいるんでしょう?世の中に。

兎に角お騒がせしました。ゴメンなさいね。と声を大にして言いましょう。

ところで、お嫁一家は今頃一体どこにどうしているんだろう。ココバンクーバーは今日も雨。ショボショボふる雨の中を、島から島へと渡り歩いている寒そうな一家の姿が見えます、、、。なんてね。オイラたちも一度予約もなしに夏のさなかに予約もなしに、ビクトリアのそばのリゾートにいったらば勿論どこも開いてなくて、なんだか古くさい臭うようなお家のBBしか開いてなくて「もうシーズン中には旅はしまい」と思った経験を思い出したわよ。

でも、家族そろって「さまよった夏」をジュニアはきっと大人になって懐かしく思い出す事でしょう。ボンが覚えているかどうかは別として、太陽がさんさんと降り注ぐサンディエゴ郊外を二人で当てもなく歩きまわった懐かしい思い出があるわ。

その時はもうイヤでたまんないどころじゃ無かったけれど、今じゃ「心の宝物」のひとつです。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

放浪の旅人

拝啓シュート女さま

なんだかタイヘンな事態のようで…。(すみません、お嫁はパソコンのことはすべてダーリン任せなので、緊急事態がもうひとつよー分からんの。でもシュート女さまが「タイヘン」とおっしゃっているのだから「タイヘン」なのね)早い復帰をお祈りしておりますわ。

こちらも昨夜はタイヘンでした…。

州都のビクトリアからナナイモまでドライブを愉しみ、ガブリオラ・アイランドに渡って4月にしばらくお世話になったB&Bの方とお会いし、さぁ~って「次はトフィーノのだぁ」って旅人たちの憧れの地と呼ばれる地を目指したお嫁ファミリー。

今夜はナナイモとトフィーノの中間地で泊まろうかと、ポート・アルバーノに8時過ぎに到着。まぁ8時過ぎと遅い到着となったけれど、こんな辺鄙なところだから観光客も少なくて宿を探すのも簡単と思っていた私たち…。

…ありまへん。どこも予約で一杯。

普段なら「こんなシャビィなところは遠慮しますぜぃ」というようなボロいモーテルでさえ満室。

「夏のこの時期に予約もしないなんて…無茶だよ」ってモーテルのおっちゃんに言われちまいました。ガーン。そうなのねcrying

そこで数十キロ引き返し、パークスビルでお宿探し。

しかし、ここでもありまへん。どこのサインも冷たく「No Vacancy」。ガーン。もう何件聞きまわったことでしょう-「ドタキャンがあって部屋が空いてませんか?」「小さな部屋でも結構です」「小さな子どもがいるのでお願いします」って。こういう切羽詰ったとき、お嫁の英語はよどみなく出てくる・出てくる・やはり切羽詰ったシチュエーションって語学上達に必須ね。

どこでも「No」って言われてションボリ。ここがダメならナナイモまで戻ろうって思いながら「Travellodge」の受付におばちゃまに尋ねてみると、

さっきキャンセルが一件あったから、部屋、ありますよ。

とのお答え。おばちゃまが天使に見えました。「あなたが天使に見える」って、おばちゃまに言ったら、彼女、笑っていたsmile

そういうことで無事11時過ぎにお宿決定。

しかし、まだまだ放浪は続く・・・・Part2を乞うご期待 blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

ブラウザー 緊急事態

拝啓島嫁さま、

緊急事態発生です。オイラが使っているブラウザー(Fire Fox)がアップグレードしたと単に全てのイメージが見えなくなり、今は他のブラウザーを使っています。マックはbigEをサポートしていません。

で、大変な事というのはSafariもCamioもココログのRichテキストをサポートしてないので、全てがテキスト形態になってしまうのです。で、
あ〜〜〜〜、もう面倒くさい。コンピューターはとっても便利。無くては何も出来ないけれど、
こういうことになってしまうと、、もうどうしようもない。

定期的にUPgradeされるわけで、それを拒む理由が見えないからOKと受け入れてしまう。
みなさん、もしかしたらもうNOといったほうがいいかもよ。

どこのだれがココログがsafariをサポートしてないなんて思いますかね?しかも、バージョンによってはイメージが全然みえなくなっちゃうなんて。でも、マイハズのマックでは見えるんですよ。ということは日本語版が今回のUPgradeについて行ってないってこと?

わからない事ばかり、お許しを。

ね、ところで、島の旅やっぱりするのかな?帰って来たらボーエんに行きますよ。楽しんで。

それからね、小さなお家でなくても、小さなお庭でなくても、マイハズのチョーお金持ちのお友達は庭師をやとい、クリーニングレディーをやとい、ナニーをやとい5人子供がいたって何のその。お嫁もオイラも庶民だね、結局は。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

小さな家・小さな庭

拝啓シュート女さま

えぇこちらのファームも豊作ですよ。ラズベリーやらブルーベリーがたわわになり、トマトも豊作。リンゴの木にもたくさんの実がついております。マダム大家さんは大喜び。

私たちも豊作のおこぼれを頂戴しておりますわapple あぁ有難い。

庭でできた果物でパイを作るなんてなんちゅう贅沢…って心底思うけれど、お嫁はやはりひ弱な都会っ子。毎日の水やりや雑草抜きなど手間のかかることをしていると、「これは一時的だから楽しいのであって、ず~っとはできないなぁ」って思っちゃう。

だからお嫁の夢も

小さな家・小さな庭 

ですわ。豪邸を見ても「フ~ン」って感じ。大きな庭を見ても「手入れが大変そう」って思うだけ。根っからの庶民ですなぁ。ここボウエンにもとてつもない豪邸があるけれど、あんなに大きくて掃除とかどうするんやろぅ。

… … … … …

明日からちいと旅に出る予定です。島巡りをし、それからビザの書き換えにシアトルに行く予定。最近米国への入国、カナダへの再入国が難しくなっている、と弁護士のおっちゃんから言われているのでちょっとドキドキだけど、まぁ大丈夫でしょう。トラブルなしに長期滞在ビザを抱えて戻ってくるのを待っていてね。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (4)

2009年8月 6日 (木)

豊作すぎる夏

拝啓島嫁さま、

異常気象のせいかな?果物がなりすぎる。サクランボはこの家にこして来て初めて、ドッサリとれたことは言ったよね?で、その後はラズベリーこれもドッサリいただいた。そして、ブルーベリー。今はそのまま食べられるリンゴとクッキングりんご。それがあなたま〜とれること、とれること。スーパーの袋に10袋ぐらい。そして、ご近所にあげたり、ついにはアップルソース(今年初めてつくった)を作っても作っても食べきれない。で、ついにパイの皮を買って来て(決して作ったりはしない)appleパイを8つも焼いた。これは凄い仕事量。リンゴの皮をむくだけでも一日かかり、それを今度は薄切りにして、大きなお鍋で何回も煮る作業。うちのは砂糖もなんにも入れなくても煮るとすごく甘くなる。そしてそれをパイ皮につめてシナモンをかけて1時間ほどオーブンで焼く。このあたりはマイハズの仕事。そして、冷凍庫にもはいりきらないから、またご近所にあげる。

そしてクツクツいいだしたソースをへらでかき回していたら、クツクツいいながらアップルソースがはねた。ヒョイと逃げたけど、背の低いオイラは鍋の直ぐソバに顔がるから、はねた熱々がオイラの鼻のてっぺんにとまって、まっかに水ぶくれ。なんでこんなに時間をかけて火傷までしなくちゃなんないの?

なったリンゴを捨てると神様に罰があたるような気がして捨てられないオイラ。もうイヤになっちゃう。そして思うのです。「今度は絶対にお庭のない家に住もう」と。庭が無ければ果物はならない、虫も来ない、スカンクやラクーンや猫は入って来ない。そんな平和な生活が欲しいと。

え、オイラは絶対「農ギャル」にはなれないわweep。ジュニア、ご免ね。オイラは実は鶏もウサギも怖くてソバによれないのよ。

家のパイは100%無農薬のパイ。砂糖も入ってないし、防腐剤も入ってない。絶対安全パイではあるのよ。ボウエンがもうちと近ければ「ジュニア、取りに来て〜」なんて言えるのにね。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月 5日 (水)

楽しい体験&イベント目白押し

拝啓シュート女さま

めっきり涼しくなりましたね。これ・これ・カナダの夏はこれでなくっちゃねぇdash

イングリッシュ・ベイの花火、ここボウエン・アイランドからも見ることができるのですよ。キャウワン・ポイントの高台から花火を愉しんだお嫁ファミリーでございます。ジュニアとダーリンが花火を眺める姿をしんみり見つめるお嫁。父と息子の姿って良いものですわ。

この週末はスタンレーパークのドライブ、リッチモンドの夏祭り、グランビルアイランドでの水遊び、と大いに愉しみましたhappy01 シュート女さまはリッチモンドで毎週末夜店が出るのをご存知?子どもって夜店が好きだからジュニアは大喜び。お店を1件1件くまなくチェックしてましたわよ。ぜひベビーちゃまも連れて行ってさしあげて。

… … … … …

ジュニアにとって初体験尽くしの夏。初めてのバースデーパーティ招待、サマーキャンプ、陶芸、アートクラス、海での遠泳、ファーム生活、などなど、こうした体験が今後の彼の成長にどんな影響を与えるのかしら? また大人になったとき振り返ってみてどう思うのかしら?

すべてを覚えていなくても「あぁあの夏は楽しかったなぁ」ってちらりと思い出してくれればそれ以上のことは望まない。今毎日毎日輝く笑顔を見せてもらっているからね。

今朝も弾ける笑顔だったジュニア。実はね…毎日毎日餌をあげて可愛がっているウサギのカップルに赤ちゃんが産まれたの。なんと3羽も。ふわふわで可愛いたらありゃしない。

マダム大家さんが

「1羽はW(長女9歳)、1羽はD(長男5歳)。そしてこの1羽はM(ジュニア)のものよ」

って言ってくれたので大喜び。早速名前を考えているわが息子。良かったね、またひとつ楽しい思い出が増えそうだね。

今週末にはビーチパーティに招待されちゃった。なんとフォーマルなパーティなんですって。面白いのは「フォーマル衣装 プラス 裸足」が条件。さすがボウエンwave

涼しくなっても楽しい体験&イベントが目白押しのお嫁ファミリーでございます。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年8月 4日 (火)

花火

拝啓島嫁さま、

さすがバンクーバー。あの猛暑から脱出しましたね。こうなってみると高いdollarを出してクーラーを買わなくって良かったわ。昨晩は扇風機をかけっぱなしで眠ったら寒いくらいだったもの。と暑さに心底弱いオイラはホっとしてます。皆さんご機嫌いかがですか?

日曜日はEnglish Bay の花火大会最終日。家族そろってジェリコビーチまでみにいったのよ。あのビーチには去年か一昨年お嫁と一緒に写真を取った場所。まさにあそこに座ってジッと待ち、、エーと10時から始まるんだけど一時間前くらいにいかないと駐車できないから、、、そして10時から30分夜空に「ドン」とあがる花火をみて、、。

「あ、赤よ。」「ア〜〜〜黄色かしら?」「あ、みてみておそらみて、、」なんて言ってるうちに終わっちゃった。そして、帰り道はチンタラチンタラしか動かない車。飽きちゃうベィビ−をごまかしながら、一時間くらいかかってやっとお家につきました。

確かに家族そろって夜空に上がる花火をみた思い出は大切な物。でも、なんでカナダではあの「せんこ花火」のような縁側でパチパチやれる小さな花火が売ってないのかしら?そんなのがあったら、きっとベィビーにはもっと身近かに楽しめるだろうにな?とフット思ったオイラでした。

こうして、後2週間もすると秋の空気を感じ始めるバンクーバー。今年の夏はベィビーと一緒で最高だったな!と、今からホロリとしてしまうオイラ。また、新たな季節がやってくる、オイラの人生の節目かな。

Blo
gランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

歴史のなかに生きる?

拝啓シュート女さま

暑中お見舞い申し上げますsun

ほんまにこの1週間暑うございましたdash 見た目はまるで「大草原の家」のようなチャーミングなコテージに住んでいる私たち。でもね、でもね、窓は小さいし、換気は悪いし、西日がガンガン入るし……なかはサウナ状態spa もうダメ~って感じでしたわ。

もともと最小限のキチネットがあるだけのコテージ。料理はまさに障害物レース。小さな卓上コンロと電子レンジを駆使して懐かしの日本料理(注:ダーリンもジュニアもご飯とお味噌汁がないとダメな日本男児)を作る浪花嫁(島嫁)を誰か誉めて~~~。しかし、クソ暑いともう料理する気もせん。だから外食でもnoodleってなっても、ボウエン・アイランドにはエアコンの効いたレストランなんぞほとんどおまへん。シェフが汗をかきながら作ってくれたお料理をお客さんは汗をかきながら食べるのみ…。ホント修行のような日々でございました。

しかし…昨日から少しですが涼しくなりました。日差しは相変わらず強いけれど木陰に入ればう~~~ん涼しいmist これ・これ…これこそカナダの夏ですよ。

… … … … …

昨夜Mrs.大家さんのSとちょっぴりおしゃべり。

お嫁「この1週間ほんとに暑かったよねぇ~~」

S「そうよ、記録破りの暑さだったわよ」

お嫁「もうイヤになっちゃうほど暑かった…」

S「でもね、考えてみて。ボウエン・アイランドの観測史上最高の暑さだったということは、今、私たちは新しい歴史のなかに生きていることよね。あなたの息子Mはボウエンの歴史のなかに生きているのよ。なんてすばらしいことでしょう~~~~」

お嫁「…そうね。そうかもね……」

どこまでも前向きなS。暑苦しいほどのポジティブさwobbly

話題がビザの書き換えになってもS節は続く…。

S「願うのよ。心のそこから願うのよ。心のそこから願えば夢は叶うのよ~~~~」

いやはや今年の夏のように熱い(暑苦しい?)Sですわcoldsweats02 

コテージ生活はあと2週間。その間にいろいろと書類を作成せんとあかん。そういう訳で旅行はどうも取りやめになりそですわ。その代わりおそらくシアトルに行くことに…。

お互い歴史的な暑さを乗り越えましょうね。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

猛暑バンクーバー

拝啓島嫁さま、

10年なんてアット言う間。ベィビーが学校に入学なんてのもアット言う間。アット言う間に中学生。あー、怖い。でもね〜、お嫁、もうあつくてね〜、あ〜〜〜た、ダメ!昨日はバンクーバーの記録にない34度だったそう。

記録的大雪の冬、そして記録的猛暑の夏。ボン家族は可哀想に。こんな一年をバンクーバーで過ごしたなんて、、。日本にはそれでもエアコンてものがあるでしょ。バンクーバーは雪にもなれてないけど、猛暑の対策も無い。普通の家にはエアコンなんてないし、うちには扇風機もなかったの。でも、もう絶えられなくて、扇風機を買って来た。ベィビーだって眠れないよね、これでは。

ホームデポに行ったらゼ〜〜〜〜〜ンブ売り切れ。買いに行ったオイラはもうクラクラ。頭痛に吐き気に、、これは日射病かいな?次の朝一でマイハズが店が開くと同時に買いに行ったら、1000台入荷した扇風機が20分で売り切れだって。

TONIKAKU  アツイイイイイイイイイイイイsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun

で、昨日は夕方からベィビーをつれてマイハズとオイラとベィビーでキッツのプールで遊んで来た。Very Good Idea! 8:45までやってる海に面したプール。子供ように砂浜が徐々に深くなるように作られたプール。ベィビーとお水に揺られてゆうらりゆらり遊んでいたら、ちょっと楽になったわ。

そうね、こうアツい日はヘア−サロン、マッサージいいですね。気持のユトリにつながるもの。オイラは別に肩こりじゃないけど行って来ようかしら?それともフェィシャルに行ってこようかな。普段はまったくお顔の手入れなんかしないから、一寸請託気分を楽しみに。あ、クソ(失礼)アツい時はサウナもいいかも。

暑中お見舞い申し上げますぅ。

Blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくsun

Banner_04

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »