« ポットラックパーティ Part3 | トップページ | 自民おろし »

2009年7月13日 (月)

しんみり&しんみり

拝啓シュート女さま

本当、すてきなお話。亡き妻のレシピを見ながら自分や娘のためにミートローフを作る男性…なんて愛情溢れるお話でしょうheart04

そこでふと思ったんだけど、もしも私が美人薄命ではやく逝ってしまったら、ダーリンはお嫁を偲びながらなにをするだろう?って。お嫁は料理など家事全般手抜きだからなぁ。ダーリンはこまめに家事をする人だから妻がいなくてもさほど困らないタイプだしなぁ。なぁんて考えるとつまんないわねぇsad

きっとダーリンが懐かしく思うのは…お嫁のしょ~もないおやぢギャグとヘンテコダンスdash。お嫁の信条というかモットーは「笑う門には福来る」なので、ダーリンを笑わせるためにしょっちゅうしょーもないギャグを連発し、ヘンテコなクネクネダンスやセクシーダンス(??)をしているのよね。もう呆れられているけれど…トホホ。

しかし、いい嫁だとおもいません?(同意してちょうだい、シュート女さまぁ~

… … … … …

今朝、さらにしんみりのお嫁です。だぁ~って大好きになったルシアンヌとのお別れがあったからsweat02

ルシアンヌは大家さんファミリーのママSの親友。この数日間、留守宅に休養がてら遊びに来ていたの。Sから「ルシアンヌはすご~く厳格よ。厳しいバレーの先生なんだからね。嫌な思いや窮屈な思いをするかもしれないけれど宜しくね」って言われていたから最初は身構えちゃった。ビシビシ怒られちゃったらどうしよう?ってね。

でもね、確かに厳格な教師ってタイプだけど、優しくてユーモアのセンスに溢れる女性であることがすぐに分かった。20歳でポーランドから移民してきたこと、さまざまな苦労を重ねて現在立派なスタジオをもっていることなど、波乱万丈な彼女のヒストリーを聞けてよかった。苦労が人を優しく強く魅力的にすることを改めて感じた貴重な日々でありました。

寂しいな「ルッさん」(←我々家族は彼女をこう呼んでいる)が帰っちゃった。出会いがあれば別れがあるのよね。また来てね、待っているよぅ、ルッさんpaper

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« ポットラックパーティ Part3 | トップページ | 自民おろし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポットラックパーティ Part3 | トップページ | 自民おろし »