« カナダの文化フェスティバル | トップページ | 実りの夏のCanada Day »

2009年7月 3日 (金)

白熱するAll Parents Meeting

拝啓シュート女さま

本日もジャズ漬けのシュート女さまでしょうか?私たちはこの月曜日にAl DiMeolaのコンサートに行ってきました。早い・凄い・正確!天才的な音楽の感性に裏づけされた正確無比なテクニックにびっくり仰天のお嫁。7時半からみっちり2時間半、音楽漬け。なんて贅沢な時間。

Water taxiの最終便(11時半)に乗り、涙が出るほど美しい青い月光を眺めながら島に戻ってまいりました。あぁ幸せcrown この日はお嫁の人生のなかでベスト10に入りそう。

凄いぞアルは…。凄いぞバンクーバージャズフェスティバルは…。こんな凄い音楽の祭典を「メディアパス」で遊弋できるシュート女さま、うらやましすぎるgawk 次のご報告を愉しみしておりますわ。

… … … … …

昨日はお休みしちゃってごめんなさい。Canada Dayのパレードでも見ようかとウエストバンクーバーに行ったり、All Parents Meetingに出席したり、どたばたしておりましたの。

いやはや白熱したAll Parents Meetingでありました。ジュニアが参加している教育プログラムは親の協力やコミュニティの参加が大きな意味をもっている。親との集団的対話と協力が不可欠。もちろん「子どもの幸せ」が最優先事項だけど、「親の幸せ」もそれは大事にしているプログラムなの。だから何かを決めるときは全員が納得するまで話し合い。

いやはやこちらでは日本の保護者会でよく見るような「もじもじする親」とか「日和見的な意見を並べるだけの親」とか「先生や周囲のご機嫌をとるような発言をする親」など皆無ですな。堂々と見解を述べ、反対意見があれば論破しようとする(もちろんけんか腰じゃなくて友好的な姿勢でですが)。

そろそろ結論を…ってときに新しい見解やアイディアが出てきたら、またそれについて徹底的に話し合う…。いつまでたっても終わりまへんがなぁcoldsweats02

呆然としながら皆の様子を眺めるお嫁。あれを言いたい、これを言いたい、と思いつつ、頭のなかで英作文(!!)をしているうちに、他の誰かに意見を言われてしまう、という繰り返し。あぁ情けない…。それにあとでよ~く考えると彼たちの見解のなかには、きわめて近視的な意見だって少なくないんだけど、堂々とした態度と早口の英語に怖気づいているのよ、わたしゃは。あぁホントに情けない…。

そこで目下の目標を掲げましょう:Meetingで堂々と意見を発言する

まずはここからですなぁ。よっしゃ、がんばりますぜぃ。「努力・根性・気合」だぁ~。この3つは先週のワークショップですっかりファンになったHiromi(上原ひろみ)ちゃんの信条だって。そう、これからのお嫁の信条も「努力・根性・気合」でっすッ!

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« カナダの文化フェスティバル | トップページ | 実りの夏のCanada Day »

コメント

モナちゃまへ

そうなのよ、せめて「鋭い質問」でもしたいと英語をひねり
出しても、その質問さえ人に取られちまいました…(涙)。
皆さん、「あのアジア人のお母さん、無口やなぁ」って
思っているはず。ホントは「しゃべりん」の大阪オカンやのに。

「努力・根性・気合」で近いうちにイメージを引っくり返して
みせるぅ~~~。

投稿: 浪花嫁(島嫁) | 2009年7月 3日 (金) 14時45分

ああ、この気持ちわかります。昔は、会議とかにでていて、英作文しているうちに、人に意見を言われてしまっていたり。。質問だけでもしようと英語をひねりだしたら、その質問も人にとられてしまったり。。そういうわたしも、どうにか15年くらいはたらいて、今は面の皮が厚くなったぞよ。

ジャズフェスも、パレードも楽しまれたみたいで、よかった、よかった。♪

投稿: モナちゃん | 2009年7月 3日 (金) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナダの文化フェスティバル | トップページ | 実りの夏のCanada Day »