« MILK | トップページ | ジャズフェスがはじまったー! »

2009年6月26日 (金)

イケてる農ギャル?

拝啓シュート女さま

じゃぁお嫁もシュート女さまお薦め映画「MILK」を観ますね。お嫁はドキュメンタリーの「ハーベィ・ミルク」(確かこれもアカデミー賞を取っているはず)をかなり以前に観ましたわ。とってもよかった。キャンドルライトの通夜のシーンがとっても心に残っているの。

なぜダン・ホワイトが凶行に至ったのかもうひとつよく分からない。今回の映画ではホワイトの視点からも描いているのかしら?

… … … … …

今朝インターネットを見ていたダーリンが「面白い記事があるよ」とお嫁を呼んだの。どれどれと画面を見たところ、飛び込んできたのは「農ギャル(ノギャル)」という文字。

農ギャル…???

記事によると…ノギャルとは農業をしているギャルのことをいう。
2009年にギャル動向調査のマーケティング会社の
元ギャル社長・藤田志穂さんが秋田市内で開かれた
ファッションイベントで、渋谷ギャルによる農業プロジェクト
「ノギャル」の活動について正式に発表したのがきっかけ。

「今、農業がおしゃれ」で「農業をしている女の子がイケてる」らしい。ホンマかいな。流行りすたりが激しい日本だから一時的な流行だろうなぁ。

そういやぁ…お嫁も農ギャルじゃん(あつかましすぎる?)。毎日鶏に餌をやり、種を蒔き、雑草を引き抜いておりますぞscissors

確かに手ごたえがあって愉しい。動物たちはの生命力に触れ、土を触っていると雑念が消えていく。これこそdown-to-earthって感覚というのかしら。

来週から大家さん家族は2週間のバケーション。農場・畑・花壇の世話を任されちまいましたわよ。たくさんの生命を扱うことになるから責任重大。気分はちょっとスカーレット・オハラですわ(またまたあつかましい?

農ギャル生活は愉しいけれど、問題がひとつ。動物や植物にとって優しい環境=虫にとっても優しい環境。つまりどっちゃり虫がいる。まぁ普通の虫はいいのよ。困るのはノミ・ダニの類。虫類の餌食になっているお嫁。あぁこれだけはいやぁ~~~dash

今度お会いしたときポリポリと手足を掻くかもしれないけれどイヤがらないでね、シュート女さまぁ。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« MILK | トップページ | ジャズフェスがはじまったー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MILK | トップページ | ジャズフェスがはじまったー! »