« 人間の厚み | トップページ | 大声で笑っちゃえ! »

2009年6月 5日 (金)

求む、必殺ワザ!

Photo_3

拝啓シュート女さま

なんとか島生活を写真でご報告したくて奮闘中のお嫁です。どうして?どうして?写真がうまくアップできないのかしらん。ダーリンにあれこれやってもらってやっと左の一枚をのせることができました(涙)。毎日の日課のエサやりをしている愛しのジュニアの後ろ姿でございます。なんとかブログの新装開店をしたく存じます。どうぞ気長に待っていてね。

そうですかぁ、シュート女さま、その個性が認められず辛い思いをされた時期があったのね。日本は「均一」「横並び」の重視する文化がありますものね。あれはある種不気味なものがあるように思うの(もちろん良いところのあるのだけど…)。

ジュニアが日本の小学校に通っていたとき、「個性を育てる」とかをモットーに掲げながら、手の上げ方、返事の仕方、椅子からの立ち方まできちんと決められていたのよね。あれは気持ち悪かったぁ。あのなんともいえない拒否感が底辺にあって、今回の大決心につながったわけ。ねぇねぇ、決められた通りの席の立ち方をしたらなにか子どもの心や身体の発育に良いことがあるの?これってしつけとかエチケットとかの問題?よう分からんッ。誰か教えて~~~。

少しずつだけどジュニアは学校(フリースクール)になじんできております。国語やお話の時間はむっつりだけど(わけわからんもんね)、算数や美術の時間になるとイキイキするジュニア。あっスナックの時間もねapple

帰るとき「あぁ~愉しかったわ」の一言があってホッとする母。健気な息子よ。きっとすぐになじめるからね。きっとすぐにもっと愉しくなるからね。

帰宅してメールしたら主催者のAからメール。ポットラックパーティへのお誘い。来週はビッグパーティだぁ。それとPTAのML(メーリングリスト)へのお誘いも。

嬉しいんだけどちぃと気が重いお嫁。だってパーティは全部英語だもん(当たり前)。メールも全部英語だもん(これも当たり前)。

息子はすぐになじめるだろうけれど、父ちゃん・母ちゃんは大丈夫かしらん?来週のパーティまでにうんと喋る練習をしておかねばあきまへん。いろいろ情報交換したいし、関西人としては笑いを一発取りたいし…(アホ)。パーティの会話っていちばん難しいような気がするの。

ねぇねぇパーティの花tulipのシュート女さま。1週間でパーティの会話をうまくこなす必殺ワザを身につけるのは無理かしらねぇ。なにか裏技を教えてくださいな。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« 人間の厚み | トップページ | 大声で笑っちゃえ! »

コメント

あかねはん

そうか、そういうことなのかも。「小さいうちに基本的なことをしっかり身につけるため」と言われれば「なるほど」と思います。それでもやはりなんだか違和感がありますけれどねぇ。保育園の先生がおっしゃったように「管理」されているみたいで…。

ジュニアの通うクラスは一人ひとりがそりゃ好き放題やってますわ(笑)。これで大丈夫なのか?って思うときもあるけれど、子どもたちがのびのびと実に愉しそうなので見ていて微笑ましいです。

もともと好き放題やるタイプのわが息子。今後どうなるのか愉しみなような怖いような…。

投稿: 浪花嫁(島嫁) | 2009年6月 6日 (土) 23時47分

浪花嫁さま♪
そうそう、うちの子の学校も、1~2年生のとき、いろんなルールが決まっていましたねえ。たとえば、誰かが発表するときは、その人のほうにいちいち椅子をずらして体を向けて、答えが合ってたら「一緒で~す」、違ってたら「違いま~す」などと声を合わせて言うんです。

私もなんやのんそれ?と思っていました。授業を見に来た保育園の先生も「あれ気持ち悪いねえ。子ども達を管理してる感じで、異様な感じがした」と言ってはりました。

ただ、3年生になるとそういうのはなくなったから、もしかしたら「きちんと人の話を聞こうね」ということを教えたかったのか!? にしても、やっぱり奇妙な感じは残りますよねえ。先生に一度聞いてみればよかったかなあ。

投稿: あかね | 2009年6月 6日 (土) 17時42分

ルリ子さま

なるほど、なるほど。どうも大人になると腰が引けたり、
イヤなところが目について、一歩も二歩も後ろに下がって
距離を置きがちですよね。
えぇ多少のコトは目をつぶって(周囲の人にも目をつぶって
もらって)ドンドン輪のなかに入っていきますわ。
貴重なご意見ありがとうございます。さすがルリ子さん!

投稿: 浪花嫁(島嫁) | 2009年6月 6日 (土) 07時46分

30年前、ロスに3年住んでいた時、今思うことは、あの時、もっと
交じっていたら良かった、ということ。
自分の場合、しばらくすると、今度は、現地の人の嫌なことが
眼につきだして、日本回顧に陥ったりして、、、
子供はすぐに交じれるのに、なぜか自分はさほど交じれなくて、
貴重な日々を無駄にしていたような気がします、現時点での反省点です。近い将来には、絶対交じれるようにと、今、努力しているところです。
貴重なブログ、いつも楽しく拝見しています、ありがとう!

投稿: 小芝ルリ子 | 2009年6月 6日 (土) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間の厚み | トップページ | 大声で笑っちゃえ! »