« 豚インフルエンザ Swine Flu | トップページ | 年金ビル案 »

2009年5月 6日 (水)

長い結婚記念日 Part 3

拝啓シュート女さま

無事に日本到着のご様子、なによりでございます。どうぞ台風ガール(もしくは竜巻ガール)typhoonとして巷の豚インフルエンザ騒動を吹き飛ばしてくださいませな。

こちらは流浪の日々に疲れた浪花嫁(島嫁)でございます。疲れているとボヤキながら本日からカナディアンロッキーに遠征いたします。やはり旅が好きなのよん。遠征後はボウエンにすみやかに落ち着けることを祈るばかりです。あぁ早く落ち着き先を決めたい…。

さて「長い結婚記念日」の最終編Part 3でございます。大した内容ではございませんが、読んでやってくださいな。

苦労の末に郊外にあるB&Bを決めたお嫁ファミリー。さてWest 4thからB&Bへ出発だぁ。

しかし…お嫁、郊外になるB&Bまでの道のりなんぞよ~分からん。一応Google Mapで場所を確かめたけど、しょせん、私は地図が読めないオナゴです。

それでも運転係のダーリンとナビ係のお嫁は二人で一人前。がんばらねば…coldsweats02  おりしもラッシュアワー。ビュンビュン飛ばす車に囲まれ心臓バクバクさせながらも分かっているフリ、自信たっぷりのフリをしながらナビをするお嫁。

人生は勝負やぁ!

20数分後、すんなりと目的地に到着(奇跡)。

捨て身になればなんとかなるもんや。

お泊りするB&B、おしゃれとはいえないけれど、とてもアットホームでよい感じ。ホホホ、ダーリンよ、参ったか。あんたの嫁はすごいじゃろぅ。

お部屋でホッとしたところでお腹がすいてきた。B&B探しの次はレストラン探しの旅に出る私たち。

…ありませんのよ、ないのよ、探しても探しても、食事をするところが…sad

あてもなく放浪する3人。お腹がすくと不機嫌になるのが人間。でも・でも・笑いを忘れたらあかん。つまらぬオヤジギャグを連発させながら放浪する親子。

笑いがあればなんとかなる(はず)。

放浪のはてに小さな小さなレストランを発見。もう嬉しくて涙が出そうsweat02 さぁ結婚9周年をお祝いをしようwine 早朝にガブリオラを出発してから、それは長い長い1日でありました。あぁ~それでもなんとかなりましたわぁ。

すべてに感謝!

本日のおさらい:

1. あせってもどうしょうもない。

2. ネバーギブアップ!

3. 高望みはあきまへん。

4. 人生は勝負やぁ!

5. 捨て身になればなんとかなるもんや。

6. 笑いがあればなんとかなる(はず)。

7. すべてに感謝!

本日学んだことはきっと今後の人生や結婚生活に役立つ(はず)。ダーリンよ、これからもよろしくね。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« 豚インフルエンザ Swine Flu | トップページ | 年金ビル案 »

コメント

ぎゃははははっ・・・ψ(`∇´)ψ

お師匠さんの言う通りかもしれませんな。
いや、長男に会うたことは勿論無いんやけれど
島嫁はんのブログから確かにそう感じとれる。(苦笑)

でも、そんな彼に惹かれたんちゃうん!?なぁ、島嫁はんよ。

『結婚は修行』・・・かぁ。
『私、結婚するんかなぁ!?』 と最近よく考えるアラサーのあきらは
”修行” という言葉にちょいとビビッてしもた・・・(汗)
島嫁はん!あきらの結婚生活の夢を崩さんといて~やぁ。shock

モナちゃんさんとこも、色々あるみたいやしなぁー。
シュート女さんとこも、色々あるハズなんやろうけど
ある意味シュート女さんは諦めてはるんかぃな?

島嫁はん!
やっぱ、カナディアンロッキーから帰ってきたら
バンクーバーに長男独り置き去りにしてくるのが効果的かも。(ニッ)
改めて島嫁はんの存在の大きさに感謝して成長するんちゃうかなぁ。

ジャジャ馬娘の島嫁はんには、そういう男性がお似合い・・なハズ!
人生楽しんでいきまっしょいnotes (←完全に他人事 ぬほほ・・失礼)

投稿: あきら | 2009年5月 7日 (木) 16時43分

息子の「友達づくり」や「自主性」には全然心配しておりませんのよ、あきらはん。実のところ、「社会性」やら「自主性」を磨いて欲しいのは「うちの長男」こと夫なのよん。なかなか気難しいところがあるオトコでありまして…。
先日もある年配女性(私の人生の師匠)に愚痴ったら、「あ~ら、あなたのようなジャジャ馬にはああいうオトコがちょうどいいのよ」と言われちまいました(苦笑)。人生および結婚は修行どすなぁ(悟り)。

投稿: 浪花嫁(島嫁) | 2009年5月 7日 (木) 14時29分

うーむ・・・。
ジュニアを独りだけキャンプに行かせる不安は
決して拭いきれないだろうけれど。
あきらの意見としては
「子供独りの方が、他の子供達と遊ぶ環境に追い込まれる」
  ↓
「参加している子供達の中には、ジャパカナの子もいるハズだから
一緒に遊んでくれる可能性が高い」
  ↓
「ジュニアの自主性を伸ばすことができる」

と思ったり・・。逆に、ダーリン様がいると、子供って親から離れない傾向に陥ってしまって友達が作りづらい可能性もあるからなー。
まっ、悪魔でも「可能性」の話をしてるんですケドね、はい。

独身生活を楽しむのには、ダーリンを一人バンクーバーに残したまま帰る・・・とか!?( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: あきら | 2009年5月 7日 (木) 03時27分

あきらはん
そうなの、そろそろジュニアのサマーキャンプを決めなきゃって
思っているの。実はダーリンも一緒にキャンプにぶち込みたい
のよねぇ。そうすればお嫁はしばし独身生活を楽しめるじゃないですかぁ(笑)。「父と子のサバイバルサマーキャンプ」なんぞを
捜しますわん。

モナちゃまはん
そうそう笑いは大切。旅行者の高揚した気分が薄れつつあり、生活の基盤が定まらない「流浪の民」としてちいと疲れてブルーになるときがある今こそ笑いとpositive thinkingが大切だと自分に言い聞かせています。元気で笑顔を忘れなければ大丈夫よねぇ。

投稿: 浪花嫁 | 2009年5月 7日 (木) 01時20分

ご無沙汰してました~~。やっぱり、火事場の底力ですよねえ。絶対になせばなる。Positive Thinkingですよね。笑いを忘れてはあかん、というのは、わたしもわかりますよー。やっぱり、くよくよ悩んでいると、負のエネルギーが出て、それが悪い方向に進んでしまう、気がします。物事がいい方向に動いていくときは、なんとかなるさ、明日もがんばろう、っていう明るい気持ちでいる時なんだと思います。

結婚記念日も、思い出深いものになりましたね~。

投稿: モナちゃん | 2009年5月 6日 (水) 14時05分

(◎´∀`)ノ  ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙  ( ´艸`)プププ

島嫁はん!あなた面白いっ!

『ないのよ、探しても探しても、食事をするところが…』
の一行で、あきらを笑わせてくれてアリガトさんです ( ̄▽ ̄)
そりゃぁ、郊外ではそう簡単にありまへんがな、レストランなんて。
しかも、店内にはアジア人なんて見当たらへんかったんちゃいます?

とりあえず。

note B&B無事到着house
note 9回目の結婚記念日heart
note 浪花嫁一家の「人生の教訓7カ条」誕生bell

この調子で、カナディアンロッキーも満喫してきて下さいな。
朗報、楽しみにしとりますです。

ところで・・・。
『旅』 のことより、私、個人的に 『ジュニアの夏休みキャンプ』 を懸念しとるんですがね。キャンプの申込受付ってまだなんかな!?

「森の教室 in ボウエン」の時のように、ジュニアは同年代の子供達と遊ぶだけで、すぐ馴染みますよ。しかも、第2言語を習得する critical age は9歳と(言語学的には)言われとるんで。
ジュニアの年齢なら、あっという間に他の子供達と会話が出来るようになるハズ。

シュート女さんとこのボンさまも、ほんの数週間で喋れるようになったって言ってましたもんね。ねっ、シュート女さん?

だから、ジュニアには是非ともキャンプに参加して
愉しみながら英語を自然にマスターして欲しいなぁ・・・。
浪花嫁はんの息子なんだもん。
「笑い」の奥儀は心得てはるやろし。
「笑う門には福きたる」いうし。
ジュニアはキャンプ体験を通して大きく成長すると思いまっせscissors

投稿: あきら | 2009年5月 6日 (水) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豚インフルエンザ Swine Flu | トップページ | 年金ビル案 »