« シーズンオフの旅:由布院温泉 | トップページ | 旅の終わり、ただいま。 »

2009年5月15日 (金)

お嫁ファミリー in エドモントン

拝啓シュート女さま

こちらは寒い寒いエドモントン(アルバータ州首都)におります。あの~カナディアンロッキーよりも体感的にず~っと寒いんですけれどぅsnow

首都といってもなんだかのんびりした感じ。さすがに車の数は多いけれどね。どんより曇っていて寒いし、首都というわりにはなんだか垢抜けないし、どうも好きになれないなぁ。清々しいカナディアンロッキーの旅を満喫したあとだからかしらん。

それでも街のなかのドライブを愉しんだり、ローリングストーンズが立ち寄ったタイレストランに食事に出かけたりしております(←完全ミーハー。でもそういうミーハー客が多いみたいでお店の人は親切に彼たちの写真を見せて説明をしてくれましたよ)。

昨日は世界最大級のショッピングモールと謳われている「ウェスト・エドモントン・モール」に行ってきました。東京ドーム12個分の広さがあるとか。インターネットで調べたところ「1日や2日では回りきれない」とか「消費文化の理想空間」などと書いてあったけれど、旅心が満たされていて買物欲のないお嫁は30分間で飽きちゃった。だぁって欲しいものとかないんだもん…。

夢見ていたカナダ家族旅が実現しちゃうと物欲なんぞ消えちゃうのよね(お嫁の場合)。

それでも世界最大といわれる人工波のプールwaveは楽しかったぁ。ジュニアはもう大興奮。波が寄せてくるたびにキャーキャー大騒ぎ。あぁ息子の弾ける笑顔を見るだけで母ちゃんの心は満たされてもともと希薄な物欲がさらに消えていくのよぅ。

無駄な物欲が消えるのはいいんだけど、きれいになりたいとかおしゃれをしたいという欲もどんどん消えていくのはよくないことかも…。旅の日々だから…という言い訳でほとんど着たきりすずめの私。メイクもざっとするだけ。どんどん小汚くなっていくような気が…sweat01

これからジュニアがすごく楽しみにしているドラムヘラーに向かって出発。ご存知でしょうけれど、ドラムヘラーって恐竜の化石の宝庫なのよ。世界遺産のダイナソー州立公園は現在も発掘作業が進んでいるとか。恐竜好きのジュニアはそれはそれは楽しみにしている。「僕も骨を見つける~ッ」って張り切っていますわhappy02

もぅ2、3年前かしら、TVでドラムヘラーが紹介されたとき「あっジュニアを連れて行ってみたい」と思ったけれど、それがそっくりそのまま実現するなんて不思議・不思議。

あのイヤな事件に巻き込まれなかったら今回の旅はなかなか実現しなかっただろうな、なんてふと思うお嫁。人生は本当に「塞翁が馬」(←お嫁ってババくさい?)。

幸せは不幸の顔をしてやってくる」って言葉に最近出会ったの。

どんな人でも、どこかの時点で悲しい目にあったり、苦しかったり、不安なことがあったり、いろんなことが起きるもの。でも、人生を振り返ったとき、ふと「あのときのあの体験がなければ今の自分はなかったなあ。」と気づくことが出来るのよねぇ。あぁ有難いimpact

いろいろな思いを胸にカナダの旅を続けるお嫁であります。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« シーズンオフの旅:由布院温泉 | トップページ | 旅の終わり、ただいま。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーズンオフの旅:由布院温泉 | トップページ | 旅の終わり、ただいま。 »