« 家族で歩む | トップページ | いざ島へ »

2009年4月15日 (水)

メリハリ時間

拝啓浪花嫁さま、

『レールに乗るまで止まらない』って今の日本というよりは、オイラの子供の時から同じだったと思うんですけれど?第二次世界大戦後の日本は高度成長だのなんだのって、大学に入るまでは止まらない、、で、大学4年間ちょっと休んで、でも留年だも休学だのってのはダメよ。こっちの学生は一年休学してバックパッキングにいったりしているのは当たり前。で、大学も終わり頃になれば就職活動して、そいでもって会社に入ったら死ぬまで止まらない。そういう意味で言えば、突っ走ってたオイラは人の何倍も遠回りしてるみたい。レールから外れて自分でかってに突っ走っているんだから仕方ないか?

今日カテゴリーは「お仕事」:今のオイラには沢山の「お仕事」があるみたい。

「会社」に「記者」に「大家さん」に「ババちゃん」。あ、ババちゃんはお仕事hじゃ無いね。楽しみだもの。でも、夜は「ババちゃん」って基本的に決めてるの。いつまで続くか解らない今の状況を大切にしたいから。ベィビーと一緒の時間を楽しみたいから。で、最初の3つは間違いなくオイラの「仕事」で、この中でどれが一番楽しいかっていうと「記者」のしごと。で、収入の点からみると「会社」と「大家さん」。「仕事」って収入がないと「仕事」って呼べないとすると「主婦業」ってのはどうなのかしらん?と思うけど、ま、それはさておいて、、「記者」業はなんで楽しいかというと、イッパイ学んでいるからなんだと思う。そしてわずかでも収入があって、何よりもパブリッシュされるってことが緊張感を生む。一人で日記をつけてる訳じゃないんだもの。

先日私の編集長に励まされて、うれしかったのはオイラはね、1、恐れずにどこにでも行く、2、どんな事の中にでも面白さを見いだす、3、そしてそれが文章に反映する、ってなことだったんだと思うけど、、、(ま、大雑把で皆様−エディターとか後世の人ーの手を煩わせるのは申し訳ないんだけど)、、こういうこと言われると『本当にそうかな?』って思って単純にうれしくなってしまう。書くのも辛い記事もあるけど、出来上がって「Send」する時のうれしさ、たまらない。

そして、今度日本に行く時も何か面白いこと発見したら「記事」書いてって言われて、「旅」事態にメリハリができるからうれしくなっちゃった。ブログ始めて生活にメリハリができて、「記事」かくことで「旅」にもメリハリが。やっぱり楽しいんだわ。メリハリのある人生を!

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

|

« 家族で歩む | トップページ | いざ島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家族で歩む | トップページ | いざ島へ »