« いい住処が見つかりますように♪ | トップページ | ドッサリ時間 »

2009年4月27日 (月)

森の教室 in ボウエン

拝啓シュート女さま

ガブリオラ・アイランドに帰ってきましたぁwave

ボウエン・アイランド2泊3日の旅、それはそれは充実して愉しかったです。すてきな人たちと出会って仲良くなってきちゃった。

なによりも嬉しい発見はジュニアにぴったりのホームスクーリングのプログラムを見つけたこと。とある場所にホームスクーリンググループの事務所があると聞き、ちょいと寄ってみたら開放的で心地よい事務所兼クラスルームでありました。スタッフの一人の可愛い女性がそれは熱心に説明をしてくれました。そして最後に

「明日、cloverの教室でクラスがあるけれどぜひ参加して」とのお誘い。

森の教室なんて、あ~たぁ、なんちゅうすてきな響き。もちろん参加決定good

当日、ジュニアは行くのを嫌がったの。そりゃそうね、知らない子どもたちばっかりだし、英語わかんないんだものね。「行きたくないよぅ。帰りたいよぅ」と繰り返すジュニアに「まぁまぁ行くだけ行ってみようよ。イヤだったらすぐ帰ろうね」となだめつつ森のなかの教室へ。

その日の予定は、まず森の散策 → 教室に戻っておやつタイム → 「Show & Tell」 → writingの勉強をちょっとして終了。

森の散策はそれは愉しかった。子どもたち(5人+ジュニア)が森を駆け巡る姿はまるで映画のよう。子どもたち1人1人の生命力が溢れ出るような感じでありました。最初は無表情でしぶしぶ歩いていたジュニアも、皆で木登りをしたり、大きな水溜りを見つけて「皆で橋を作ろう」って小枝を集めだしたら、みるみる笑顔に(母ちゃん、ちょっと感動)。橋作りは愉しかったぁ(全員ドロドロだけど…。お嫁の唯一のお洒落な靴もみごとにドロドロに)。

「Show & Tell」ではある女の子がもってきた犬のおもちゃで大盛り上がり。なんとこの犬のおもちゃ、うんちをするのhappy02 餌を食べさせてしばらくして尻尾をキュッと押せばうんちがポロリ。もうクラス全員(大人ももちろん)大爆笑。子どもたちは「僕にもやらせて」「私も」って感じで大騒ぎ。もちろんジュニアも「やらせてぇ」って手を上げている…(母ちゃん、再び感動)。

最後には「帰りたくない。ずっとここにいたい」と言い出すジュニア(母ちゃん、またまた感動)。子どもって逞しいぃ。

前日の説明通り、ここはすべて子ども主導。子どもの自主性を尊重して、子どもがしたいことをスタッフがサポートする。大人側があれをしなさい・これをしなさいというコントロールは一切なし。ただおやつの前にきちんと手を洗うこと、出したものはきちんと片付けること、危険なことをしないことを注意するだけ。あぁすばらしい。

ぜひこのプログラムに入りたいと思ったダーリン・お嫁・ジュニア。早速主催者のかたと面談してきましたよ。主催者は「明日からでもどうぞ」って感じなんだけれど、しかぁし…、このプログラムは公的な支援を受けているので、ジュニアはインターナショナル・スチューデントとしてまずはいろいろクソ(失礼!)面倒くさい手続きをしないといけないみたいだし、お金もかかりそう…(チェッと心のなかで舌打ちする下品お嫁であります)。それでもこんなすてきなところを見つけたのだか面倒くさい手続きも母ちゃん頑張ってしまっせぃ。

そんなわけでボウエンへの引越しを考え始めているお嫁ファミリー。さてどうなりますやら。

… … … … … … … … … … …

本日はここガブリオラにてお花見パーティcherryblossom。かなりの人が集まるらしい。どんな出会いがあるかまたしてもワクワク。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« いい住処が見つかりますように♪ | トップページ | ドッサリ時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いい住処が見つかりますように♪ | トップページ | ドッサリ時間 »