« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

メンタルブロック−1 アップアップ

拝啓島嫁さま、

何だか楽しそうな日々を送ってらっしゃる様子、いいな、いいな。一方オイラはもう嫌になっちゃう。あさって出発だというのに家の中はグチャグチャ。今もシャワーのガラスをインストールしているし、、。

そんな事はいいの、オイラは「役所」「書類」ーメンタルブロックがかかってしまう。今回東京に行くは「年金」をなんとか、、、だって日本から送られてくる封筒を開けずにそのままポイポイ投げておいた。何だか不穏な「年金」のニュースが色々ながれているんだけど、「ま、いいか?」てなもんだったのよ。で、3日前に日本のオイラのサポーターに電話したら、A とB とCとDをもってくるように、、、て、、。ん?そういえば3ヶ月も前の彼女のメールに書いてあったような??せっかく調べてくれたのに、オイラはすっかり忘れてた。で、ほんとは出発の前日に領事館へ行ってとってくればいいや!って思っていたんだけど、実嫁とマイハズが「もしものことを考えて今日行たほうが、、」てな訳で昨日出社前に行ったんだけど書類Aを出してもらうのに、「コレとコレとこの書類をもって来て下さい」てことで手ぶらで帰って来たの。で、コレとコレとコレって言われたって、それがどこにあるのか解らない。

明日、出発前日の朝一で再度行ってくるけど、本当にもらえるのかしらん?「もう年金なんか要らないわ」て気分になっちゃうオイラ。書類となずくフォームを書き込む事にもうメンタルブロック。たとえ氏名、住所、生年月日なんてかんたんなものでも、あのフォームに書き入れるのがイヤ。

精神科の医者に見てもらう必要があるかもしれん?

もし東京の彼女に電話をしてなかったら?もし、あの日に領事館へ言ってなかったら?と考えると怖い!

そちらは今だにノンビリしてんのかな〜?信じられんぞいscorpiusぞいぞいぞいぞいぞい

ogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

恐れ入りました…

拝啓シュート女さま

はい、おかげさまでドッサリ時間を満喫中のお嫁一家でございます。たまに「こんなんでええんかい?」と思う瞬間もあるほどのんびりした毎日。だぁってねぇ、日本ではそこそこ忙しい日々を過ごしていたもの。

昨日大阪の友人からのメールを読んでクラクラ。5時半に起きて、まず今年1年生になった息子を約45分間バスに乗って小学校に連れて行き(日本では車の送り迎えを禁止している学校が多いからね)、それからバスに揺られて保育園に娘を送り込み、軽いランチを食べてホッとするや、すぐにバスにまた飛び乗って小学校へお迎えに。次に娘をピックアップしたらおけいこごと(そろばん・水泳・体操)の巡回。はぁ~~。なんちゅう忙しさdash彼女、まじめで教育熱心だからね。お嫁一家はすでに日本の教育からドロップアップしておりますわwobbly

… … … … … … … … … …

先日のお花見 in ガブリオラcherryblossomは愉しかったですよ。B&Bのオーナーの交流の広いこと。魅力溢れる人たちが集うすてきなパーティでありました。

あるカップルはお二人とも日本語堪能。奥さまはなんと日本の中世文学の研究者。長明、兼好、世阿弥、芭蕉、一休などの文学の奥深さをとうとうと語られる…(あのぅ、お嫁、はっきりいって全然分かりません…)。旦那さまは中国文学の研究者。中国文学のエッセンスを語ってくださる(あのぅ、お嫁には豚に真珠ですぅ)。なんちゅうIQの高いカップルなんやぁ。

お二人の日々の暮らしを尋ねたところ、午前中は研究・勉強タイム。午後はガーデニングや海辺の散歩を愉しむ時間。あぁ~なんとも知的ですてきな暮らし。現在一日中のんべんだらりと過ごしているお嫁、反省。住むところが決まったら彼たちの暮らしをお手本にしたい(知的レベルは遥かに及びませんが…)。

彼女があまりに日本に詳しいので、ちょっと試してみる気分(ごめんなさい)で

「今ね、日本で詩吟がブームなんですよ。詩吟ってご存知ですか?」

と言ってみたところ、な・な・なんと…

「えぇ一時師匠のもので習っていました」

とのお答え。そしてなんと清澄な節回しで漢詩を吟じ始める彼女notes

お・お・恐れ入りました。

「詩吟人気が復活するとはなんとすばらしいことでしょう。」と大喜びの彼女。

……実は詩吟といっても下ネタ(性に関する話題のことネ)と詩吟を融合させたエロ詩吟kissmarkが人気とはとてもいえなかったお嫁でありました…。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年4月28日 (火)

ドッサリ時間

拝啓島嫁さま、

二つの島を渡り鳥のように行ったり来たり。しかも季節は最高。しかもあの素敵なボーエンで。あ、ガブリオラもきっと素敵なのよね、だけど行った事がないんだもの。

オイラが行ったことのある島は、ボーエン、ペンダー、ソルトスプリングの3島。ダントツでボーエンが好き。ペンダー、大変な思いをして行った割には何にも無くてツマランかった。何も無いったって、島だからどこにでも海はあるのよ、ね。waveソルトスプリングは、ちょっといいけど、遠いいし、ボーエンのチャームに欠ける。

夏の間にジュニアの生活の基盤を築いてしまえば、あの恐ろしい雨の季節になったとて「子供はたくましく」生き延びること請け合いだ。

子供の頃の一日という時間の長かった事、、。だれもがもっている24時間という同じ時間の長さ。でも朝から寝るまでの時間が歳をとればとる程短くなっていく実質時間。ジュニアが森を駆け回りドロドロになり、海でびしょびしょになり、暗くなって帰って来て(ドンドン明るい時間が伸びてるバンクーバー)いろんなことして、あ〜ドッサリ時間を十分に楽しんだ、あの頃が懐かしい。充実感で眠りについたあのころが懐かしいな〜。

一日の実質時間は生きた時間に反比例するようだ。例えばベィビーは2歳だから24/2=12時間。 で 50歳の人の一日は24/50=0.48で100歳の人の一日は24/100=0.24なんだって。

歳をとればとるだけ、一日という持ち時間が短く感じられてしまうんだそうだ。

ジュニアがドッサリ時間を思いっきり楽しめる、そんな場所探し。カカさま応戦してますよ。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

森の教室 in ボウエン

拝啓シュート女さま

ガブリオラ・アイランドに帰ってきましたぁwave

ボウエン・アイランド2泊3日の旅、それはそれは充実して愉しかったです。すてきな人たちと出会って仲良くなってきちゃった。

なによりも嬉しい発見はジュニアにぴったりのホームスクーリングのプログラムを見つけたこと。とある場所にホームスクーリンググループの事務所があると聞き、ちょいと寄ってみたら開放的で心地よい事務所兼クラスルームでありました。スタッフの一人の可愛い女性がそれは熱心に説明をしてくれました。そして最後に

「明日、cloverの教室でクラスがあるけれどぜひ参加して」とのお誘い。

森の教室なんて、あ~たぁ、なんちゅうすてきな響き。もちろん参加決定good

当日、ジュニアは行くのを嫌がったの。そりゃそうね、知らない子どもたちばっかりだし、英語わかんないんだものね。「行きたくないよぅ。帰りたいよぅ」と繰り返すジュニアに「まぁまぁ行くだけ行ってみようよ。イヤだったらすぐ帰ろうね」となだめつつ森のなかの教室へ。

その日の予定は、まず森の散策 → 教室に戻っておやつタイム → 「Show & Tell」 → writingの勉強をちょっとして終了。

森の散策はそれは愉しかった。子どもたち(5人+ジュニア)が森を駆け巡る姿はまるで映画のよう。子どもたち1人1人の生命力が溢れ出るような感じでありました。最初は無表情でしぶしぶ歩いていたジュニアも、皆で木登りをしたり、大きな水溜りを見つけて「皆で橋を作ろう」って小枝を集めだしたら、みるみる笑顔に(母ちゃん、ちょっと感動)。橋作りは愉しかったぁ(全員ドロドロだけど…。お嫁の唯一のお洒落な靴もみごとにドロドロに)。

「Show & Tell」ではある女の子がもってきた犬のおもちゃで大盛り上がり。なんとこの犬のおもちゃ、うんちをするのhappy02 餌を食べさせてしばらくして尻尾をキュッと押せばうんちがポロリ。もうクラス全員(大人ももちろん)大爆笑。子どもたちは「僕にもやらせて」「私も」って感じで大騒ぎ。もちろんジュニアも「やらせてぇ」って手を上げている…(母ちゃん、再び感動)。

最後には「帰りたくない。ずっとここにいたい」と言い出すジュニア(母ちゃん、またまた感動)。子どもって逞しいぃ。

前日の説明通り、ここはすべて子ども主導。子どもの自主性を尊重して、子どもがしたいことをスタッフがサポートする。大人側があれをしなさい・これをしなさいというコントロールは一切なし。ただおやつの前にきちんと手を洗うこと、出したものはきちんと片付けること、危険なことをしないことを注意するだけ。あぁすばらしい。

ぜひこのプログラムに入りたいと思ったダーリン・お嫁・ジュニア。早速主催者のかたと面談してきましたよ。主催者は「明日からでもどうぞ」って感じなんだけれど、しかぁし…、このプログラムは公的な支援を受けているので、ジュニアはインターナショナル・スチューデントとしてまずはいろいろクソ(失礼!)面倒くさい手続きをしないといけないみたいだし、お金もかかりそう…(チェッと心のなかで舌打ちする下品お嫁であります)。それでもこんなすてきなところを見つけたのだか面倒くさい手続きも母ちゃん頑張ってしまっせぃ。

そんなわけでボウエンへの引越しを考え始めているお嫁ファミリー。さてどうなりますやら。

… … … … … … … … … … …

本日はここガブリオラにてお花見パーティcherryblossom。かなりの人が集まるらしい。どんな出会いがあるかまたしてもワクワク。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月25日 (土)

いい住処が見つかりますように♪

お拝啓島嫁さま、

その気持、よくわかっちゃいます。日本人の感覚からするとあんな一杯のお水を一人入ってポイってのは「もったいない」よね〜、どう考えても。でも、「キャンドルライトの中でお洗濯」ってスッゴク決まってる!行ける!様子が目に見えちゃう。オイラも今夜はお風呂に入ろうかしら?オット、リノベーションが完了してないから、ブラインドがまだないんだ。ってことは隣のお家から丸見え、ってことは今日は諦める。

ところでね、ボーエンにダウンタウンなんてあったかしらん?あの〜船着き場のあたりの事か知らん?あそこしか何もないわよね?ガブリオラって島はアレより何も無いのかしらん?チョイト寂しいな〜?多分遊びに行くには最高かもしれないけれど、住むにはね〜??なんて言ってるオイラ。ボーエンは、住人も結構インテリとかアーティストとかが多いらしい。つまり、長期で住むなら「出会い」も大事。と言っても何も♂との出会いじゃなくても、どうせ友人になるのなら気の合う人とのほうが友好深められるじゃない?お嫁はインテリだもの。話題が合う人が多くいたほうがいいんじゃない?

まるでオイラはボーエンのセールスウーマンになっている。あの島の売り物はやっぱり「海」の景色。内海ってのかしら?バルコニーの外には小さな島々が見えて、ヨットやフェリーが行き来して、ア〜素晴らしき島の生活。夜はブランケットをまいて真っ暗な海と夜空にちりばめられた星たちに見守られながら、月の光で本を読んむ。いいな〜♪

あ、でもやっぱり日常生活はあるはね。お嫁の言うように夜ご飯のおかずも考えなくっちゃなんないし、お洗濯もしなくちゃならないけれど、でも、都会の慌ただしさから離れた島の生活は、確かにいいわ。そして、さびしくなったらフットパッセンジャーで遊びにおいでよ、ね?

いい住処が見つかりますように♪

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

 

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

キャンドルの灯りのなかで

kissmark拝啓シュート女さま

ボウエン・アイランドからのブログでございます。

昨日、ガブリオラ・アイランドからナナイモへ、ナナイモからホーシューベイへ、そしてボウエン・アイランドへと、島から島へとやってきた、まさしく島嫁でございますship

ボウエンも自然いっぱいのところだけど、素朴なガブリオラにしばらくいた私たちにとっては都会(?)だわぁ。人のお洒落だし、お店もお洒落。ダウンタウンをキョロキョロしながら歩く嫁ファミリー。

昨夕、世界一あてにならないお嫁のナビにてボウエン・ベイにあるB&Bにすんなり到着(これって奇跡)。まぁなんてすてきなB&Bでしょう。オーナーのセンスが活かされたすばらしいインテリア(オーナーはガーデンデザイナーのすてきな女性です)。いっぱいの光が差し込むサンルーム。テラスにはハンモック。ハンモックに揺られながら眺めるオーシャン・ビューの美しさwave

ほんと、どこに住みましょうかねぇ。ガブリオラの素朴な美しさも大好きだし、ここボウエンの美しさ・利便性もすばらしい…。贅沢な悩み。複数のすてきな男性に求愛されているような感じってこんな感じ?

さて、昨夜はそれは優雅なバスタイムを愉しみましたcrown

大きなバスにたっぷりとお湯をはり、優しい香りの入浴剤を入れ、キャンドルを灯してゆったりと優雅なバスタイム。うっとり。なんちゅう、贅沢でございましょう。

しかし…

質実剛健を旨とする両親の育てられたお嫁。こんなにいっぱいのお湯を一回の入浴だけで捨てるのがもったいない。

質問:そこでお嫁はなにをしたか?

答え:洗濯をしましたぁ。

えぇ、キャンドルの灯りのなかでダーリン・ジュニアの靴下などを洗ったのでございますgawkどこまで行っても生活の香りがプンプンのお嫁でございますわ。

本日はいっぱい歩いて島の美しさを満喫する予定です。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年4月23日 (木)

To Do List が長ければ長い程

お拝啓島嫁さま、

マイハズは言います。To Do List が空っぽになった時は死んだ時だって。死ぬ時じゃなくって死んだ後にしかToDoはなくなんないのよね。大きなDOが終わってほっとしてる間もなく、ドンドンListは膨らんで行く。

英語のTo Do Listがながければ長い程、早く英語が上達するから、それ思えば楽しいモンよ。

でも、いやよね、いやよね、何にも予定の無いポカッとした一日、ベィビーと一日中遊んでいていいたったの一日が欲しいよん。

オイラは一寸ホッとして、ココ数日の気持のユトリ。といっても家の中は何故かマイハズがペンキ塗りなんか始めちゃったから、ゴチャゴチャなんだけど、あと10日で日本に遊びに行く日がせまって、やんなくちゃならない事はいっぱいあるけど、でも出発前の投稿を終えてホッと一息入れてるところ。

それにしても、何回かの大きな移動を思い出す。お嫁の場合の素晴らしい事は、TODOのリストに「仕事探し」が無いってことかな。普通はそれが一番大変。オイラとマイハズがバンクーバーに引っ越して来た時は、いいも悪いも「何とかなるだろう」ってやって来た。下調べも何にもなしに。そりゃ大変だったわね。バンクーバーはいいところだけど、仕事は無いところ。キャリアを指向するのならば、トロントに行かないと、、。でもそんな事も知らずに住みやすそうだから来てしまった、オイラ達。どこでも東京みたいなもんだと思っていた、というかそんな事も考えずに来てしまったオイラ。

今現在「英語」で苦しんでいる、それがドンドン血となり肉となって行くのです。オイラも思い出せばおかしな話は一杯よ。マイハズ曰く、オイラは「fearless -恐れ知らず」だそうだ。いえね〜、言葉に関してはね。「よくもそんな恥ずかしい事をヌケヌケときいたな〜?」と言う意味よ。

3ヶ月、半年、一年、目に見えて「英語」は上達するからね。苦労すればする程、上達するからね。引っ込んでいては日本にいたって同じだけど。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

 

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

三人で一人前

拝啓シュート女さま

えぇ、シュート女さまのお薦めもあって明日から2泊3日のボウエン・アイランドへの旅に出かけます。どんな情報や出会いが待ち受けているやら…。

あのねぇ、これまでのブログと較べてトーンダウンしちゃうのだけど…念願の海外脱出したらそれで万事OKってなことじゃないのね。数日間の旅行気分から落ち着けばそこには生活が待っている(当たり前だけどgawk)。

やれ車をどうするか(借りるか、買うか。買うにしても中古にするか新車にするか)、住まいはどこにするか、息子の学校はどうするか、などなど、日常の生活が待っている。まぁこういうプロセスも愉しいのだけど、あのぅ、すべて英語で交渉せんとあかんのですわぁ(これまた当たり前だけどgawk)。

昨日はナナイモに出かけて車を借りてきました(とりあえずね)。LDWやら対人保険なんちゃらの保険項目を理解するだけで汗がタラリタラリ(←ホンマに理解しているかいまだ不明)。借りたら借りたで運転せんとあかん(これもまたまた当たり前だけどgawk)。

ダーリンが運転係、私がナビ係。

あの~私、地図が読めない女なんですぅ。

っなんて言ってられない。穴があくほど地図を見つめながらナビを続ける私。あやふやなナビにイライラ気味のダーリン。車という密室のなかに流れる不穏な空気。

その空気を和ませてくれるのは、もちろん、ジュニア。あぁジュニアよ、ありがとうheart02 キミの存在は本当に大きいことよ。

お嫁ファミリーinカナダの公式を発見。

お嫁(あやふやな英語) + ダーリン(あやふやな運転) + ジュニアの社交性と笑顔

やっと一人前

注:ダーリンは日本では優良ドライバーです。ただ海外運転歴がないだけ。念のため。

今夜はちょっとよさげな借家の家主さんと会う予定。電話ではとてもよい感じの男性だったけれど、さてどうなるやら。質問・確認事項のリストを作っているお嫁ですsweat01sweat01がんばれ、お嫁dash

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年4月21日 (火)

美しく、美味しく、真の「生」の味

拝啓島嫁さま、

「島嫁」はんを、ガブリオラ島にとられないように、シュート女は今一生懸命お嫁家族にボウエン島を売り込んでいるところなんですよん、皆様。ボウエンだったらオイラだって日帰りで島まで遊びに行けるし、、、何て言っても「月光の美しさ」を知ったのはボウエンの帰りに、最終フェリーを逃して、ウォータータクシーに乗った時のこと。あんな美しいところに住みたいと、まじで思って計画をたててみたけれど、現実的に会社に通えないので止めちゃった。そんな美しい島がバンクーバーの直ぐソバにあるんだもの。ジュニアにいい学校がありますように、、と願っています。

さてね、お嫁はきっとびっくりしちゃうけど、オイラはこのクソ忙しいのにホントは他にもやっていることがあって、昨日もそのミーティングに行ってきたんだけね、、、、

メンバーは8人。のうち6人はお若い方々。そのうち2人はUBCの学生で2人はカレッジの学生。「なにか面白い事しよう」しかも「ビジネスっぽいことしよう」ってことで始めたんだけど、半分くらいは卒業や家族の都合で今年日本に帰ってしまう。で、うんじゃやっぱし「ウェブ」系のブジネスね、、てなことになってるの。ブログ運営の経験しかないオイラですけど、いろいろ学んでます。アフィリエイトとかGoogleAnalytic分析 とか、、、。おかしいたらありゃしない。ハンドルネームも一応検索に引っかかる名前にしたほうがいい、、んじゃ「メープルちゃん」に「シロップちゃん」なんていいあって、そうか、「オイラ」じゃちっともひっかからないわ、検索には。ね、お嫁が「メープル」でオイラが「シロップ」とかってなんだか、お笑いコンビみたいだけどぉupブログランキングUPupの秘訣はこんなところにもあるんかい?

だからね〜え、オイラ達のブログもこれからドンドン人気のブログにして、、なんて先のこと考えるけど、そのためには美しい、美味しい「島」の生活の様子をドンドン紹介して下さいな。ジュニアの成長生放送、いいな。

美しく美味しく、そして、よだれの出るような「真の生のお味」を紹介してちょうだい♪

いろんな事情で日本脱出したい人たち沢山いるんだもん。お嫁家族はラッキー!だって実行に移す勇気があったんだもん。行動を起こす勇気を発信するブログにしたいね〜。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

ふぉふぉふぉふぉふぉPart2

拝啓シュート女さま

なんだかこのブログ、あきらさんとシュート女さまの往復書簡になっているみたい。浪花嫁の地位、危うし!

じゃぁ本日はお嫁がシュート女さまを羨ましがらせてあげませうkissmarkふぉふぉふぉふぉふぉhappy02

島の自然を満喫中のお嫁ファミリー。海岸を歩きながら貝を拾ったり、山を散策したりする毎日です。もうジュニアは大喜び。本日は午後から魚釣りに行く予定。

大自然は美しくそしておいしいのよ。毎日、おすそ分けをくださるB&Bのホスト。畑から摘んできたばかりの新鮮な野菜、海から採ってきたばかりの貝、焼きたてのパンなどなど。慣れないキッチン(B&Bのスイートに付いている)だから簡単なものしか作れないけれど、どれもうっとりするほどおいしい。

ちなみに昨日のランチは

皮はパリパリ、なかみはもちもちの焼きたてパン

ケール(緑野菜)のおひたし

あさりときのこのバター蒸し

デザートはcake

キーライムチーズケーキ

チョコトルテ

ふぉふぉふぉふぉふぉ、どうだぁ、羨ましいでしょう、シュート女さま。

あっ写真を撮っておくのを忘れたぁ。写真を貼り付けてもっと羨ましがらせようと思っていたのに。残念。

まぁこんな毎日ですわぁ。

もう10日余りのヤドカリ生活。そろそろ落ち着きたい。大人にとっても愉しい場所かつジュニアの教育や友達づくりによい環境はどこかしらん。しばし孟母三遷の日々となるかもしれません…。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (5)

2009年4月18日 (土)

土曜特番、ケチな朝日テレビめ!

拝啓浪花嫁さま、スケートファンの皆様、

「朝日テレビが開局50周年を記念して、史上初、
国別対抗戦を行ってるんですよん♪♪♪
 てなメールが日本から飛び込んで来た。

こんなことが許せるものか?なんで、なんで、何でなの〜。

出場国は、アメリカ、カナダ、ロシア、フランス、中国、日本の6ヶ国。

とかなんとか言っちゃって! 世界のどの国に見せなくても勝手だけれど、せめて参加国に見せるくらいの度量があったっていいじゃないのさ、朝日テレビさんよ〜!

それになんなの?

ねっ、ねっ、ねっ、カナダに居ちゃぁ、観れない番組っしょ?
ぬほほほ・・・・ごめんなさいね、お姐さん。私一人だけ楽しんじゃって。
DVDを録画して送ってあげようかとも考えたんだけど。
日本のDVDってカナダのDVDプレーヤーじゃぁ観れないのよね、確か。
だから、録画するのやめちゃった。残念だわねぇ、お姐さん・・・
そして私は『お楽しみを独り占め』 ぐぅはははっ

カナダにはビデオってもんがあんのよ。別にDVDなんてしゃれこまなくったってさ。それで、ながながとカナダのパトリック・チャンがどうだのこうだの、、、聞きたくない!

そして、このメールのタイトルは「ふぉふぉふぉふぉ」てなもんだった。オイラは日本に友人がいても、家族がいても、こんな風にいたぶられてばっかり、シュン。

じゃ、皆様よい週末を。

| | コメント (3)

2009年4月17日 (金)

いよいよ始まった。

拝啓浪花嫁さま、

いよいよ本格的「英会話」のレッスンが始まったね〜。思い出す、思い出す。ず〜〜〜と昔の出来事を。オイラはお嫁みたいに話せなかった。本当に話せなかったくせに、「I will speak English」って決めちゃった。オハイオにボンと滞在していた時には、ボンの病気やら、裁判やら、保育園やら、いろんがことがあった。「尿検査」をするように言われた時だって何言われてるのか全く解んなかった。解んなかったり、間違ったり、そういうのがいいのよ。その後、絶対に忘れないからね。お嫁も一年後に「何でも解るし、何でも言える」ようになってるよ。

あ、それより絶対ジュニアのほうが早くNativeの子供のようになっちゃうの請け合いよ。

おしゃべりのオイラは話したいのに、ジッと耳を傾けているだけの時がそうね〜、3ヶ月。そしたらもう大丈夫。英語のカラクリがわかっちゃって、イヤ、身体で感じて話せちゃうようになるの。そして、日本人は英語のグラマー、基礎ができてるからチャンと長い文章だって言えるようになる。なにをするにも基礎をやってて損はない♪それでね、日本人はまるで漢字でしゃべってるような英語を話す。でも実際の会話なんてちっとも難しい単語なんて出て来ない。

get, take, go, come とかの基本的動詞とout, in, up, on, down, とかなんとかかんとかを自由に組み合わせる事が出来るようになってほぼ会話の出来上がり。

それとね、お嫁はおしゃべり好きだから大丈夫。話したくて話したくて話しちゃうから。問題はダーリンだね。静ないい男。話さなくても日々過ぎて行く。そしてお嫁がちゃきちゃきとなんでもやってあげてしまう。

可愛いダ〜リンを一人で冒険の旅に出そう、ファームステーとか。半年後には見違えるように話せるようになっているとおもうんだがな。

あ、可哀想なこと言っちゃった。

「島」からの第一報お待ちしま〜す。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (7)

2009年4月16日 (木)

いざ島へ

拝啓シュート女さま

「仕事」「記者」「大家さん」「ババちゃま」とお忙しいなかを遊びにきてくださってありがとうございました。シュート女さま、それはお忙しそうなので、今回はガールズトークは無理かしらって思っていたから嬉しかったです。おしゃべりは尽きませんね。次回はもっとゆっくりとねhappy01

すてきなB&Bでゆっくり骨休めをしたお嫁ファミリー。幸先のよいスタートでホッとしております。

しか~し、この数日で痛感しているのは英語力のなさ。ホストのGrahamはそれはすばらしいフルイングリッシュの朝食を作ってくれるから朝が愉しみ。食事はダイニングで他のゲストも一緒。皆でにこやかに会話をしながらの頂く朝食はおいしいんだけど…会話に四苦八苦だすwobbly 

皆さん、子連れの東洋人(私たちのこと)にいろいろ尋ねてくるのだけど、とっさに適切な単語が出まへん。気の効いたことが言えまへん。にこやかに食べながら冷や汗タラタラsweat01

ええ加減なこと言うてますぅ。

間違った日本の情報を提供していますぅ。

嘘八百並べていますぅ。

神さま、ごめんなさい。これからちゃんと勉強しますから(たぶん)。

ここだけの話ですが…さっきもねぇ、今朝の会話を想定して単語や言い回しをインターネットで調べましたわgood

昨日の銀行口座の開設手続きも冷や汗もんでした。なかなかハンサムな青年が担当してくれたけれど、ずっと冷や汗もんで「早く帰りたい」と願うばかり。残念。

島に移れば教育委員会や小学校の校長との面談、賃貸の交渉・契約などが待っている。あぁ誰か助けてぇ。

でも一昨日、友人のHちゃんが言っていたけれど「逃げられない状況に追い詰められたとき、いちばん語学が上達する」のですって。彼女の友人、アメリカ人の夫と離婚協議を重ねるなかでものすごく上達したそうな。お嫁の英語上達に乞うご期待!

不安もあるけれど期待もいっぱい。きっとすてきな出会い・体験が待っているでしょう。お嫁ファミリー、いざ島へwave

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (2)

2009年4月15日 (水)

メリハリ時間

拝啓浪花嫁さま、

『レールに乗るまで止まらない』って今の日本というよりは、オイラの子供の時から同じだったと思うんですけれど?第二次世界大戦後の日本は高度成長だのなんだのって、大学に入るまでは止まらない、、で、大学4年間ちょっと休んで、でも留年だも休学だのってのはダメよ。こっちの学生は一年休学してバックパッキングにいったりしているのは当たり前。で、大学も終わり頃になれば就職活動して、そいでもって会社に入ったら死ぬまで止まらない。そういう意味で言えば、突っ走ってたオイラは人の何倍も遠回りしてるみたい。レールから外れて自分でかってに突っ走っているんだから仕方ないか?

今日カテゴリーは「お仕事」:今のオイラには沢山の「お仕事」があるみたい。

「会社」に「記者」に「大家さん」に「ババちゃん」。あ、ババちゃんはお仕事hじゃ無いね。楽しみだもの。でも、夜は「ババちゃん」って基本的に決めてるの。いつまで続くか解らない今の状況を大切にしたいから。ベィビーと一緒の時間を楽しみたいから。で、最初の3つは間違いなくオイラの「仕事」で、この中でどれが一番楽しいかっていうと「記者」のしごと。で、収入の点からみると「会社」と「大家さん」。「仕事」って収入がないと「仕事」って呼べないとすると「主婦業」ってのはどうなのかしらん?と思うけど、ま、それはさておいて、、「記者」業はなんで楽しいかというと、イッパイ学んでいるからなんだと思う。そしてわずかでも収入があって、何よりもパブリッシュされるってことが緊張感を生む。一人で日記をつけてる訳じゃないんだもの。

先日私の編集長に励まされて、うれしかったのはオイラはね、1、恐れずにどこにでも行く、2、どんな事の中にでも面白さを見いだす、3、そしてそれが文章に反映する、ってなことだったんだと思うけど、、、(ま、大雑把で皆様−エディターとか後世の人ーの手を煩わせるのは申し訳ないんだけど)、、こういうこと言われると『本当にそうかな?』って思って単純にうれしくなってしまう。書くのも辛い記事もあるけど、出来上がって「Send」する時のうれしさ、たまらない。

そして、今度日本に行く時も何か面白いこと発見したら「記事」書いてって言われて、「旅」事態にメリハリができるからうれしくなっちゃった。ブログ始めて生活にメリハリができて、「記事」かくことで「旅」にもメリハリが。やっぱり楽しいんだわ。メリハリのある人生を!

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

家族で歩む

拝啓シュート女さま

相変わらずお忙しいご様子のシュート女さま。こちらは出発前の忙しさが嘘のようなノンビリとした時間を過ごしております。

キツラノ周辺をお散歩したり、本屋をのぞいたり、家族でボードゲームやらDVDを愉しんだり…。そうそう昨日のランチはおいしかったhappy01。モダン・インディアンが愉しめるVij's(ヴィジズ)に行ってきましたよ。ジュニアはナンが大のお気に入り。お代わりして食べておりました。ホント、よ~食べる子ですわぁ。ウェイターのお兄ちゃんもそれは嬉しそうに食べるジュニアの姿に微笑んでおりました。

「歩む」という意味のご説明、ホホ~ッて思いました。そう、人生には立ち止まる時間が必要。それなのに現在の日本って「立ち止まったら負け」って空気がある。そう思いません? 「家族でカナダに行きます」って言えば、必ず「学校はどうするの?」「勉強が遅れたら困るでしょ?」「帰国したら塾に行かせなあかんねぇ」などの反応が返ってくる。ジュニアなんぞたった7歳ですぞ。そんなに生き急いでどうしますねん。

今回手に入れた「家族で歩む」時間は本当に嬉しい贈り物。1日1日を大切に過ごしていこうと思っています。

いま滞在しているB&Bはそんな私たちにぴったりのところ。心のこもったおもてなしを毎日ゆったりと愉しんでいます。オーナーのGrahamはすばらしいホスト。毎朝すてきなテーブルセッティングでまず目を愉しませてくれています。昨日の朝、ジュニアの席には可愛いバニーちゃんのチョコレートがちょこんと飾ってありました。私たちのプレートには果物で作ったバニーちゃん。毎日違う朝食。それはそれはおいしい。今朝はふわふわのブルーベリーパンケーキでしたぁlovely

細やかな心遣いとおいしい朝食ですっかりGrahamファンになったお嫁たち。島に移っても月1回のペースでバンクーバーに遊びにくるつもりだから、またここにお世話になる予定。日本の皆さん、バンクーバーにお越しの節はどうぞご利用を!(If we have pleased you - TELL A FRIEND. If we have not pleased you - TELL US.ってパンフレットに書いてあったので皆さんにご紹介しますね)

「Greystone B&B」のホームページ:

Vancouver Bed & Breakfast Greystone B&B - British Columbia Canada

さぁ本日はシュート女さまとの飲茶ランチ。すごく楽しみ。ついついパンケーキをお代わりしちゃったから、今からせっせと身体を動かそうっと。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (3)

2009年4月13日 (月)

「歩む」という字は、、、

拝啓浪花嫁さま、

浪花嫁がバンクーバーに「無事到着」をすませました、皆様。色んなゴタゴタした事務処理やお別れや何もかもLeave Behindでお疲れですよね。バンクーバー滞在の数日間はゆっくりボケボケ御過ごしの事と思います。で、シュート女は昨日は取材、今日は野暮用で今帰宅したばかり、でも、明日はお昼をご一緒しましょうね。

ふっと、思ったんだけど、オイラがやたら忙しくってかえってよかったね〜、お嫁。家族だけで数日ゆっくり出来たものね〜♪嵐に巻き込まれないで、ゆっくり実感して下さいな。ふっと思うんです。浪花嫁は一歩をもう既に踏み出したんだ、って。それがジュニアの件がきっかけであったにしても、「踏み出しちゃった」。ジュニアは大人になったらきっと母の強さを有り難く思うと思うんだ。

それで、最近おなじみの「あきら」ちゃん。彼女もね、やっぱり家族に支えられてるんだね。家族愛の薄い環境で育ったオイラには驚きです。あきらちゃんの姉さんは言います。

あきらの人生は、真っ暗じゃないよ。

人生のキャンパスは、真っ黒じゃない!
色々な体験を積み、悩み苦しみ、新しい自分を発見した今、
新しい門出に立ってる。
だから、あきらの人生のキャンパスは、”真っ白”なんよ。
真っ白だからこそ、これから自由に人生画を描いていける。
焦らなくていい。少しずつ色付けしていこうね。
人生のキャンパスを真っ白に戻せるなんてラッキーなことだよ。
 
というメールが姉から届いたんです。
それからですかね、私の気持ちが
過去ではなく明るい未来に向かっていったのは・・。

そして、彼女の親友も言います。
私の親友の一人も、心温まるメッセージを送ってくれました。
『人生を歩む』という中で、「歩」という字は、「少し止まると書くんだよ。目標を描き、それに向かって突っ走るだけではなく、途中で少し立ち止まってゆっくりと流れる時間も必要なんだよ。それが人生を歩んでいくという本来の意味なんだよ」と。

ホ、ホ、ホ、ホ、あ、またカット&コピーしてズルちゃった。でもさ〜、少しも止まらずに、走りまくってあら還になっちゃったオイラにしてみると、スッゴク感動する言葉なの。ジュニアもちょっと止まって、いい時間を母と過ごすといいよね。

では、ぶっ飛びババちゃんでした!
logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (2)

2009年4月12日 (日)

無事到着

拝啓シュート女さま

バンクーバーに無事到着しましたぁ~~。

関空では2人の母(実母とダーリン母)の涙のお見送りにちょっぴりシュンsweat02としましたが、快適な空の旅でした。今回ですっかり大韓航空のファンに。細やかな心配りが嬉しいし、機内食がおいしい。←あくまでも「機内食にしては」ですが。ビビンパや朝食のお粥を堪能しました。

入管では「なぜ長期の滞在予定なのか?」といろいろネチネチと質問されて内心汗をかいたけれど無事ポンと判を押してもらって入国。よかった・よかった。

空港のウェイティングルームには懐かしのシュート女さまのお姿。ハズさまとのお迎え、そして歓迎ランチを本当に有難うございました。インターネットで見つけて予約したB&Bはとても快適。幸先のよいスタートです。

いやぁ~本当に来ちゃったのね。まだ信じられないお嫁です。I still can't believe my dream came true. 「本当に来ちゃったのねぇ」と何度もつぶやき、ジュニアに「それ言うのもう何回目?」と突っ込まれておりますわbleah

これから新生活を設営していくわけで、それはそれで大変でしょうけれど、新たな環境・体験に目を輝かせているジュニアを見ていると、思い切って決断をしてよかったと心から思うお嫁。今回の「冒険」はダーリン&お嫁にとっても、ジュニアにとっても、きっと貴重な体験になるはず。どうぞご近所さんになったお嫁をよろしくお願いしますね。

わが男性陣は実にお元気。ジェットラグでヨレっとしているお嫁なのに、二人は元気そのもの。到着当日の昨日も元気に動きまわっていたし、今朝はいつもどおりに爽やかな顔で起きてましたわ。やはり細胞が若いのねぇgood 最長老のお嫁、週末は無理をしないでのんびりします。

夢の実現を応援してくれたすべての人に感謝とLOVEを贈ります。

P.S. ジュニアは朝からアニメ番組に夢中。こりゃよい英語のお勉強だわさ。しょっちゅう「母さん、どういう意味なん?」「(登場人物が)何言うてるん?」と尋ねられるけれど、母ちゃん、分かりまへんwobbly

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (5)

2009年4月10日 (金)

トホホホホ

拝啓浪花嫁さま、読者の皆様,

風邪が抜けずに苦しいよ〜。コホン、コホン。今頃お嫁は家族とのお別れに忙しいにちがいない、、。明日10日に浪花嫁家族を空港までお迎えに行くのに、はようようならんと、、、トホホホホ

何か書きたい事があったのにな〜???なんだか頭がよう回らん、、いつもの事かいな?お嫁がきたら何処かに「お花見」に、なんて言っていたけど、バンクーバーの至る所で桜が咲き始めて、特別企画しなくてもいいわ。それに、日本からきたらバンクーバーにただいるだけで異国にきたようだし、、.

今日は一日ハウスコートで失礼しています。会社の仕事も記事書きも、みんなここでこんな格好してやってます。で、今日はごめんんさい、これでしすれいしまーす。

明日は浪花嫁家族到着情報をお楽しみに。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (2)

2009年4月 9日 (木)

いつでもちょっとワクワク♪

拝啓浪花嫁様、皆々さま、

2007年9月19日 (水)の「 ちょっとワクワク♪」にコメントがついてびっくり!それであの頃はなにをしてたんだろう?と思って読んでたら、E’sってエダヒロ翻訳e's のコースをとり始めたころ。その翻訳コースが終わったとたんに、翻訳じゃなくって「記者」になっちゃった。あの頃一年半後に記者やってるなんて思いもつかなかったオイラです。でも、このコースとっても役に立ってるの。「練り直し」の訓練。声に出して読んでみて、自然な文章に変えて行く訓練だったから、今の仕事にピッタリ。それに、コチラの記者は「翻訳」とはちがうけど、英語の資料を読んで日本語で記事をかいたりしているから、多いに役だっている。さてさて、その日に書いていた「40歳から伸びる人、40歳で止まる人」川北義則著を再度取り出してみましたよ、あきらちゃん。

  • 本当の勝負は40代から始まる
  • 人間は「自動目標達成装置」である
  • 人は会った人間の数だけ賢くなる
  • 失う事は新しい何かを得ることだ
  • どこまで頼まれがいのある人間か
  • 金で買える幸せは買った方がいい
  • 「いい人」呼ばれないようにしたい
  • 好奇心にも有効期限がある
なんて目次。この中のポイント3を考えるならば今のオイラはスッゴク賢くなったんだろうな、んじゃ。だって、記者になってから人にに会う事が半分くらいお仕事なんだもん。で、毎回ほとんど違う人。今日会った人も気に入った、、。

それにしても、本を読む時間が欲しいよ〜、もう一回読んでみたい。今度、飛行機に乗るときにもう一回、この本読んでみようかな???でも、でも、アラフォーの人たちと一緒にアラ還が読んでもしょうがないかしらん?でも、読む!!!

一年半前のブログを読んでくださる友よ、ありがとね。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04


 

| | コメント (2)

2009年4月 8日 (水)

特番♂と♀の暗い溝の解明

flairflairflair

拝啓浪花嫁さま、読者の皆様,

今日はお嫁の出発前日、まだ大阪においででやんす。が、こんな不思議があるやろか?お嫁が大阪を出ようとしている今、オイラにはまた別の浪花の友が湧いて出た。彼女(あきらちゃん)のコメントがあまりに凄いので、コメントとしておいておくにはもったいない。そう、今日は特番でおます。以下コメントより:

ーーーーーーーーーーーーー

こんにちわ。
”カナダの姑さん”の友人でーす。

あのぉ・・・私、未だに未婚者やからここにコメントする資格なんて全くないんですけど。タイトル(男と女の違いNo。2)にめちゃ興味持ってしもたんで、乱入させて頂くことにしました。m(_ _)m

んとですね。心理学&生物学の観点から言うとですね、
「モナちゃん」さんと「浪花嫁」さんのご意見は、世の中の女性の殆どが感じてはることらしいです。妻に限らず・・・日本人に限らず。

結論から言うと『脳のつくりが全く違う』のが大きな原因らしいです。お2人のトピックから少しズレてしまうかもしれませんが、少し例を挙げてみますね。

1.自分はハッキリ覚えとる事も、相方は覚えとらん

2.自分は相手の態度に我慢出来ずに発言してるのに、相方は黙ったまんま。その沈黙に対して、「私の話、ちゃんと聞いとんのsign02 何考えとるんsign02punch」と更に怒りが倍増してしまう

3.相方がTVを観てる時に話しかけても無反応な時がある

・・・とまぁ、他にも色々とあるんですが、列挙すると枚挙にいとまがないので今回はこの3点に絞りますね。

それではまず、一つずつ解明していきましょう!

1.脳の中にある、”記憶”をつかさどる「hippocampus」という部分が、男性の場合、一般的に女性よりも小さいんです。
つまり、モナちゃんさんの相方の場合も同じで。モナちゃんさんが「”何年何月何日何時に、あんたは、こうこう言ったでしょう?」
と言っても相方は全く覚えていないんです。
元々、hippocampusが小さいので・・・。sweat02

2.この解説は少し複雑です。

a. 会話をする際、男性の脳の中では平均3~4ヵ所が機能していますが、女性の脳の中では平均5~7ヵ所も機能しています。

b. 人間の脳の真ん中には、右脳と左脳のシグナルを繋げるバンドみたいなもの(corpus callosurn)というものが存在します。このバンドが太ければ太いほど、右脳と左脳のシグナル交換のスピードが速くなります。一般的に、女性のバン ドの方が男性よりも太いと言われています。

a &b の事実を組み合わせると、以下の結論が出てきます。

例えば。浪花嫁さんがダーリンに対して怒った時に、ダーリンはその感情を右脳で受け止めているハズです。そして、自分の頭の中でも(浪花嫁さんの言葉に対する)新たな感情が生まれています。
がしかし、バンドが細い為に、その”自分の感情”を、右脳→左脳へ移動させるスピードが(女性よりも)遅く、左脳に伝わっても、今度は「言語機能ヵ所が少ない」為に、すぐ言葉に出てこないんです。
で、その感情を言葉に出そう・・・と男性がもがいている間に、女性の方が(感情を左脳に伝え、言語化するスピードが速いですから)次から次へと感情をハッキリとした”言葉”に現わしてしまいます。
その弾丸トークに追いついていけずに参ってしまう男性は
「・・・・・・・・・。」
と話さなくなってしまうんです。

更には、1.の回答と関連してきますが。
人間の脳は、「言葉に発することで、記憶力が増す」という特徴を持っています。なので、女性の場合、

「感情を言語化し、言葉に表すことに長けている」
   ↓
「口に出したことが、hippocampusに記憶される」
   ↓
「hippocampusが大きいのでより記憶が長持ちする」   

というメカニスムが男性よりも発達しているわけです。
だから、女性の場合、20年も前に言われた相方からの酷なセリフなども記憶しているんです。男性は「そんなことあったっけ?」とトボけてしまいますが。

3.これは驚くべき事実なのですが・・・。
一日の中で、女性の脳内は(眠っている間も)機能しています。
一方、男性の脳の場合、一日の中で一瞬脳が(無意識のうちに)
シャットダウンしてしまう時間が必ずあるんです。
この現象が起こり易いのが、男性が「TVを観ている時」です。
野球ファンやサッカーファンの男性が、スポーツを夢中になって観戦している最中は大丈夫です。(苦笑)
でも、リモコンを独り占めしてチャンネルを回しつつ、大したことのない番組を暇つぶしにボ~ッと観ている瞬間。その瞬間に、眼はちゃんと開いているのにも関わらず、脳内の機能が全て停止してしまっているんです。
だから、女性が「ねぇねぇ、あのさぁ~」と話かけても、(脳がシャットダウンしてしまっているので)聞こえていないんです。決して無視しているわけじゃぁないんです。不思議なことに・・・。

というわけで、長くなってしまいましたが。
女性と男性の脳のつくりが根本的に異なる為に、「なんで!?」と
相方が理解出来ないことがある・・・ということらしいです。

ちなみに。余談ですが。勿論、全ての男性が前述に当てはまるとは限りません。男性の中には、女性の脳のつくりに似た脳を持っている人もいます。そういう男性の脳は、Michael Gurian氏によると、
"Bridge Brain"と呼ばれています。この"Bridge Brain"を持つ男性と結婚すると、夫婦の関係に歪みが起きにくい・・・と著者は述べています。

以上、マメマメ知識でした。( ̄▽ ̄)

ps; これらの情報は、様々な本に書かれていますが、私が一番お勧めする本は、Michael Gurian 氏がとても分かり易く書いている「What Could He Be Thinking?」という本です。
「それそれ、めっちゃ分かる!」と同感する読者も多いと思いますよ。

ーーーーーーー

読者の皆様おわかりになりましたん?オイラは思わず浪花嫁が去った後、この「あきら」ちゃんをI教授に紹介しちゃおうかと思ったくらい。あきらちゃん、あんた勉強家やったもんな〜?と思い出しておりまする。

皆さん、いつでも飛び込み乱入歓迎です。知識は分ちあいましょう。

logランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (8)

2009年4月 7日 (火)

縁をつむぎながら

拝啓シュート女さま

そうねぇ、アラ還友さんとはkeep in touchが難しいかもね。PCに触れたこともない方もいるもの。

わが母君は機械拒否タイプ。いまでもATMなどで銀行振り込みができないおかた。「機械はどう信じられへん」とのこと。まぁそういう世代なのでしょう。

そういう母も、Eメールやスカイプで海外にいる娘家族のようすがすぐに分かることを説明したら、すごく安心した模様。「へぇ~~便利な時代なんやねぇ。安心したわ」と言っておりました。けれどもほんまに分かっているんやろかぁ(Eメールもスカイプのことも理解していないはず。絶対。出発までに同じことをあと2回ほど説明しないといけないだろうなぁ)。まぁ兄嫁&姪とせっせに連絡を取り、実家に報告してもらいましょう。

「もうキャンセルできんのかぁ?」と尋ねていた父も観念(?)したようで、昨日は「どこに行ってもええけれど、元気で愉しぃ暮らすんやでぇ」と言ってくれました。有難う、お父さん。いたく頑強で基本的にノー天気なお嫁、どこでも元気で愉しく暮らす自信はおます。頑強かつノー天気に育ててくれたことに感謝ですscissors

この金曜日、バンクーバーに向けて旅立ちます。日本からのブログ発信は今回がとりあえず最後。シュート女さま、しばしお留守番をお願いしますね。

シュート女さまをはじめ数々のかたと不思議な縁で出会い、不思議な縁でカナダに導かれることになった浪花嫁。いつかカナダに住んでみたいなぁと思っていたけれど、やはり今回のことは神さまの粋な計らいというか贈り物のような気がするの。せっかくのチャンス。誰にでもあるものではないチャンス。有難くこのチャンスを受け取り、1日1日を愉しむなかで成長していきたいと思っています。これからも見守ってくださいね。

最後にお嫁の短歌(駄作ですぅ)を一首ご紹介(お嫁は与謝野晶子が大好きなの):

神の御手 つむぎ織りなす 人の縁 色美しく 世界(そら)のタペストリ

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

どこからともなく、、

拝啓浪花嫁さま,

バンクーバーに住んでもう何年になるのだろう?多くのいろんな人に出会うけど、みんな結局日本に帰ってしまう。そんなこんなで、それはそれでいいんだけれど、先日振って湧いたようにどこからとも無く、彼女からのメール。あ〜、うれしい♪生きていたんだー!

人生の一コマとなるバンクーバーでの生活。いいにしろ悪いにしろやっぱり何処かで心に残っているんだと思う。オイラとボンのオハイオの思い出のように。思い出といってしまえば消えてしまうけど、もっとクッキリ切り取られた時間がそこにはあるの。

さて、振って湧いたように現れた彼女はオイラよりもず〜〜〜と若く、ボンと同じ年齢ででもやっぱりオイラにとっては「友達」。彼女とオイラは「読書好き」(最近のオイラは時間がないけど)、フィギアスケート真央ちゃんの大ファン、そしてモカオンリーのファン♪彼女と話しているとアット言う間に3時間。彼女はしゃべりすぎて次の日、顎が痛くなっちゃった。彼女は細くて細くて独自の雰囲気もってる女。そうそう、飛び出た才能は書く事かな、先日の彼女からのひとつのメールがオイラの心に色んな思いを呼び起こさせた。写真までつけてくれたし、スカイプだって時間がある時にはできるし、無精もののオイラでもKeep In Touchがしやすくなった、テクノロジーのおかげでね。

忘れていた、いや心の隅っこに追いやってしまっていた人たち。コンピューターアクセスがあれば、お嫁家族もこっちに来てからも大丈夫。家の実嫁もしょっちゅう実家の両親と話して、ベィビーを見せて、、なんて昔では考えられないロング・ディスタンスの家族の絆をKeepしてるもの。

でも問題はオイラの友達、あら還友はPCもってない人がいるんだもの。メールもスカイプも縁のない友たちとはツイツイご無沙汰になっちまう。

ま、そういう時はフォンカードで電話してあげてね。世界は狭くなったのよ、お嫁。大丈夫、大丈夫。

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (5)

2009年4月 5日 (日)

しんみり…

拝啓シュート女さま

「男はあてにできないのだからね」--シュート女さまのこの一言、大笑いさせていただきました。いやぁパンチの効いた深いお言葉でございます。

でも~あのすてきなハズさまでさえ「あて」にできないの?あんなに頼りがいがあるのに。

女性は現実的で男性はロマンチストなのかしらん。お嫁がダンボール箱のなかに裁縫セットやら包丁(どうも海外の包丁は使いにくいし切れにくい)、常備薬などをせっせと入れている横でダーリンは天体望遠鏡を入れている。う~ん、確かにあの島で見る星はきれいだろうけれど、やはり日常生活に必要なものが大事やろと思うお嫁でございますscissors

… … … … … … …

いよいよ今週出発でございます。ちぃとしんみりしてきたお嫁。

昨日の朝、仲良しのサッちゃんから宅急便。なにかと思ったらお嫁が大好きなおせんべい6袋と「カナダにもっていってね」との優しいメッセージ。サッちゃん、ありがとう。しんみり…。

昨日は兄夫婦とランチ。留守宅を管理すると言ってくれ、少なくないお餞別まで渡してくれたの。いつもいつも優しいお兄ちゃんとお義姉さん、ありがとう。しんみり…。

今日は近所の公園の桜が満開。本当にきれい。昨年はジュニアの入学式の日、桜が満開だったなぁ。ピカピカの一年生のジュニアの笑顔がまぶしかった。この1年思わぬことがあって、今年は渡航の準備をしながら桜の花を眺めることになるなんて。なんだか不思議でちょっぴり嬉しくてちょっぴり切ない気持ち。しんみり…。

一昨日、実家に立ち寄ったとき、「飛行機のチケット、キャンセルはもうできんのか」と冗談めかしに言う父。冗談めかしだけど本当にそう思っているのだろうなって、娘だからわかる。ごめんなさいね、お父さん。心配ばかりかける出来の悪い娘で。しんみり…。

って、しんみりしている場合ではおまへん…。

まだまだすることはいっぱいありますねん。クソ忙しい(まぁ下品)けれどがんばりまっす。

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (3)

2009年4月 3日 (金)

隙間じかんの使い方

拝啓浪花嫁さま,

日本の桜は例年より早かったとか?コチラは例年より6週間も遅れていると聞きました。じゃ、本当に一週間だね。その頃にはバンクーバーの桜もイッパイさいていることでしょう???みんなで一緒にどこかにお花見に行きましょうね♪家のバックヤードどの向こう側はお、は、か。で、桜の花が咲くととってもきれいなんだけど、どぎついピンクの八重桜だから4月下旬にならないと咲かないの。どこかいいとこみつけとこっと。

ねえねね、今日は全然関係ないはなしなんだけど、先日珍しくバスに乗ったらオイラの席のハス前に座っていた髪の毛のなが〜い女性がセッセとブラッシング。白髪まじりの背中までたれてる長い髪の毛、想像してみてね。コレだけでうっとうしいカンジがするでしょう?その髪の毛をセッセとしかもハデにブラッシング。後ろの席には誰もいなかったけど、なんだかイヤ〜な気がしたわ。そしてブラッシについた髪の毛を、、どうしたんだっけな〜?その後はね、あれよなんだか化粧ポーチをとりだして、その中からローションかクリームを二種類かわるがわるに、、、お顔のマッサージ。首の方までマッサージ。しかも念入りなマッサージ。それを見ながら、そうか、そうか、ああいう風にマッサージするのかとジックリ眺めながら、でもやっぱり不潔感を感じたオイラ。

電車の中で化粧をしている若い女性を時々見るけど、それよりも、このベーシックなお手入れのほうが不潔に思えるのはどうしてだろう?

隙間時間の有効利用。オイラはとっても好きなんです。そして、髪の毛の手入れもお肌の手入れも大事なんだろう。そんな事している時間は普段はないから、空いたバスにはもってこいの隙間時間の使い方。

でも、やっぱりイヤ。あの人がきれいじゃなかったからこういうこと思うのかな?

なんて、思いながらジックリながめて、オイラ自身の「隙間時間」を無駄してしまった。こういう時は「イヤなもの見たさ」で目が離せないんだよ!

いよいよ、カウントダウンのお嫁家族。忙しいなんてモンじゃないんだろうね。でも、もう一息で機中の人となるわけだから、ひとりでカリカリがんばって、だって男はあてにできないんだからね。

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

あと1週間!

拝啓シュート女さま

アラ還になっても台風ガールのシュート女さま。どうぞそのまま突っ走ってくださいませ。お嫁は遥かかなたから応援しております。(お嫁にやぁシュート女さまの半分のエネルギーもおまへんからね

そういう台風ガールを娶られたハズさまはどのようなアラ還イメージをもってらっしゃるのかしら。シュート女さまとはかなり違う未来予想図をおもちと想像しますが…。

さて、あと1週間ですわ。そう、あとたったの1週間。きゃぁ~~~まだまだいっぱいすることがおますねんわぁ~~wobbly

しかし、相も変わらずのんびり・まったりモードのわがダーリン。

なんでやねんっ

っと思いっきり突っ込みたいのをグッとがまんするお嫁。

先日もお嫁がドタバタしているとき

「ジュニアのサンダルがないから皆で買い物に行こうかぁ。海に行くときいるからね」と愉しげにおっしゃる。

サンダルなんぞいらんっ。裸足でええんじゃぁ!

と心のなかで叫ぶお嫁。

あぁやはり女と男が理解しあうなんて無理なのね。ダーリンこそ、なんでうちのお嫁ちゃん、こんなにカリカリしているんやろぅって思っているはず。今朝もお嫁は思いっきり不機嫌だったもん。ごめんね、ダーリン。考えかたを変えれば、ダーリンのおっとり・のんびりモードは有難いこと。だってパートナーがイライラ・カリカリしていたらいやだもんね。あぁ反省。

怒ったり反省したり忙しいなぁ。あと1週間こんなのが続くのかしらんsad

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

歳をとるまで

拝啓浪花嫁さま,

え?そんなこと言いましたっけね〜。いつも「ゆったりと時間をすごす優雅な人々」に憧れていて、貧乏性のオイラはどうしても、、それにね「ゆったり」としてるとどうしてもお尻がむずむずしてしまうんです。

昨晩東京に一人で暮らしている叔父とスカイプではなしました。いつも気にはなっていても、なんだかんだと時は過ぎて行き「ご無沙汰」続き。で、その叔父は80歳。上海で生まれ育ち引き上げて東京に住んで独身で歳をとり、ま、言ってみれば一人で生きることになれているの。でも、ダンダンとしをとってきたみたいで、一月には「落ち込み」「鬱」。でも自力で抜け出すために自分にプレッシャーをかけようと「禁煙」に成功、そして鬱脱出。3月には胃が痛くてたまらなくなり、「あれは苦しかった〜」と。

今までは朝は早くて10時起床だったのが、なんと今は7時に起きて今まで食べた事のない朝食を食べるようになったのだそうだ。彼のベストフレンドの奥さんが亡くなって、そのベストフレンドは叔父と違って一人で食事の世話とかいろんなことが出来ない人。一緒にいた人がいなくなる寂しさなどもある。こう考えていくと独身老人の叔父のほうが老いは楽なのかしら?一人を過ごすのになれているんだもの。

あ〜、わからない、わからない。

でも、そうは言っても、そこに行き着くまでは今の「チョー多忙」の時をすごしましょう。叔父は言ってました。本を読んでも、芝居を見ても、テレビをみても「つまらなく」なってしまって何にもしないで時を過ごすのだそうだ。「老い」とはこういうことだよ。という彼の言葉を聞いて、「そうか、老いは自然にやってくる」心配することはないんだわ。と妙になっとくしてしまったオイラです。

え〜と、面白そうなプロジェクトだとツイ自分の忙しさを忘れて乗ってしまうオイラ。怖いな〜、I教授のプロジェクト♪

今朝、Renoが始まりうるさい!で、家で会社のメールチェックなどはたらきながら
今ブログをかいて、さて、取材にでかけよう。そしてその後会社に顔をだす。アラ還になってまで、みなさん、こんな生活イヤでしょう?

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »