« ビューティフル・アラ還 | トップページ | 女と男の違い? »

2009年3月24日 (火)

アラ還の女達

拝啓浪花嫁さま,

由美かおる、いしだあゆみ、奥村ちよ、   などなどなど、、思わずYouTubeしてしまったわ。お嫁のブログ読んでから30分、YouTubeに釘づけ。ちあきなおみの「喝采」は1972年度のレコード大賞だったのね。「いつものよ〜にまく〜があ〜き、、」ボンも実嫁も生まれてなかったオイラの青春。

この頃の歌をつぎつぎ聞いていると、胸にキューンとくるものが、、「雲にのり〜たい」とか「あなたごのみの女になりたい〜〜〜」とか「ブル〜ライトよこはま〜」とかとかとかとか。歌詞じたいはどうってことないのよ。あのメロディーと歌い手の声。このころからさらに10年もさかのぼると弘田三枝子「be my little baby,,,,]これはいつも家のベィビーに口ずさむ歌。

金太郎飴のようにオイラの人生どこを横切りにしても、同じように飛び出す「小生意気な反抗期」でもでもでも、そんな親に世間に先生に反抗して生きて戦っていたオイラにも、胸が痛くなるような恋の思い出の数々よ。してからにして(?)相手の男たちは別に今かんがえると、懐メロの歌詞のようにどうでも無い男ばっかりのような気がしたり、時間とともに風化してしまったり、もう名前も覚えていないようなモンばっかりなんだけど、このキューンとくる胸の痛みは懐メロのメロディーや歌い手の声のようになつかしく、懐メロを聞いた途端にもどってくるものなのね〜?

ええ、アラ還の女たちもあれから、われら青春から40年もたってしまったのだから、みんなそれぞれ色んな時を重ねて「アラ還」に到達したの、いっぱいのツーンとした胸の痛みとともに。(イエ、もう全くいたくなんてないんだけど、なつかしいのよ、それが、、)

お若いの、イッパイイッパイ、メロディーとともに胸の痛みを経験して歳を重ねて下さいな。いい「アラ還」をむかえるためにね。

オイラのなかでは由美かおるはいつまでも、まあるい顔にくりくりお目目でダンスのうまい歌手なんだな〜。素敵に「アラ還」。けっこう悪いもんでもないんだな、歳をとるってさ、おわかい皆様。

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくbud

Banner_04

|

« ビューティフル・アラ還 | トップページ | 女と男の違い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビューティフル・アラ還 | トップページ | 女と男の違い? »