« まあなんとかなるやろぅ | トップページ | Process-enjoying »

2009年3月 5日 (木)

Just Not That Into It

拝啓浪花嫁さま,

昨日はコチラの「ひな祭り」3月3日。ババちゃんはベィビーのために、と言ってもベィビーはまだ食べられないのだけれど、山程の「チラシ寿司」と山ほどの「一口カツ」を作ったの。ボン一家もマイハズも大喜びでオイラも大喜びのひな祭りディナーだった。

今は会社も行ってるし、その先日は例の「勉強会」で帰宅は夜中(学生さんと自由業の人たちだから「夜型」ばっかし、、)。下準備はその前の日とかにしておいたんだけど、、それにしても何事もプラニング。でもその前の夜もベィビーと遊んだ後、急に家のソバのショッピングモールでやっている映画Just not that in to it を見に行ったから帰って来たのは夜中の12時。毎晩これじゃ疲れるから、きょうはちょっと早寝をしようっと。

この映画は永遠の「男と女」の出会いデーティングもの。何組かの男女がアレやコレやの問題(?)をクリアーにして行くというか、相性もあったり色々だけど、つまるところ女は「結婚」を望み、男は「結婚」をなるべく避ける。結婚しちゃっても男は「浮気」をするし、浮気相手の女は「結婚」を望むし、なんて具合なんだけど、これって女が経済的に自立しているアメリカのお話だから、経済的な理由で「永久就職」なんて発想じゃないのだね。

とっても不思議な気がするの。なんで女は一人の男と落ち着きたくて、男は色んな女とあれこれしたい。オイラのおじいちゃんだって御妾さんが二人もいたそうで、それが別に秘密の話題でもなかったし??

永遠に男と女は根本的に違うのか?

あ、毎日それどころじゃなく事務処理でアクセクしているお嫁にこんな事いったってビュ〜〜〜〜ンて頭をすっ飛んでしまうよね。OKOK、じゃ聞き流してね、今日のオイラのお話なんて♪

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくpig

Banner_04







|

« まあなんとかなるやろぅ | トップページ | Process-enjoying »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まあなんとかなるやろぅ | トップページ | Process-enjoying »