« どうしましょう、この玩具 | トップページ | 褒め言葉、あれこれ »

2009年2月28日 (土)

息子を見習うべし

拝啓シュート女さま

締め切り続きでお休みしちゃってごめんなさい。ウィスラーでは贅沢な時間をお過ごしだったのね。でも…ビレッジで「うどん」を求めてさまよい歩くシュート女さまを想像したら笑っちゃった。

先日の出来事をご報告。ジュニアと一緒にデパートに行ったときのこと。プラプラと歩いていたら上品な初老の女性がお嫁に近づいてきてこうおっしゃったの。

「あなた、すてきな格好をなさっているわねぇ」

って。そしてジュニアに

「おしゃれなお母さんでいいわねぇ」

と言ってくださったの。忙しくてなかなかカットにいけなくて中途半端に伸びている髪を隠すために被っていたベレー帽がおしゃれに見えたのかしらん?とにかく嬉しいじゃありませんか。誉められるって嬉しいもん。

その夜、ダーリンに報告したの。そしたらなんて言いやがったか……

「それって新手の宗教の勧誘ちゃうん?」

ですって。プルプル(怒り)。「そうだよ、浪花嫁ちゃんはおしゃれだよ」となぜ言えんのじゃぁ~~。なぜ妻の美しさを認めんのじゃぁ~~(←私、無理言ってますぅ?)

わがジュニアはイタリア男も真っ青な甘い言葉を日々囁いてくれるのに……。

「大きくなったら絶対結婚しようね」

「母さんがいない世界なんて考えられないよぅ」

「母さんのことを考えると胸がいっぱいになっちゃう」

「どんなものより母さんが作るごはんが一番おいしい」

などなど。あぁ嬉しいなぁ。ジュニアよ、大きくなったら恋人(パートナー)に優しい言葉をいっぱい囁いてあげるんだよ。

大好きな優しいダーリンだけど今日はガツンと言わせてもらいまっす。

息子を見習うべし!!!

blogランキングへ ←励みになります。プチッとなgood

Banner_04

|

« どうしましょう、この玩具 | トップページ | 褒め言葉、あれこれ »

コメント

モナちゃんさま、
そうです、ダーリンは典型的な日本男児。でも、嫁はあきらめまへん。これからも飴と鞭を使って調教し、いつかラテン男も真っ青な甘い言葉を囁ける男性に仕立てようと思っておりますの(お嫁一大プロジェクト)。お知恵を貸してくださいね。

投稿: 浪花嫁 | 2009年3月 1日 (日) 08時12分

これは、可愛い。。愛の言葉の数々、フロム、ジュニア。息子は可愛いっていいますよねー。わたしに息子がいたら、めちゃめちゃ、可愛がるとおもうなー。

ご主人はテレやなんだと思うけど。きっと、歯の浮くようなせりふははけないとか、思ってたりして~~~。シャイねー。

投稿: モナちゃん | 2009年2月28日 (土) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうしましょう、この玩具 | トップページ | 褒め言葉、あれこれ »