« 不況のなかの平穏食 | トップページ | 難しい「時間割」づくり »

2009年1月13日 (火)

「老い」って心の問題?

拝啓浪花嫁さま

ここのところ「老い」ネタがおおくてご免なさいね。人って「老い」かたが全然ちがって怖くなる。なにが怖いって自分はどんな「老い」を経験する事になるんだろうか?ってこと。

実はうちにはこの間も書いたように、けっこう沢山の「老い」がいる。昨日もベッドにはいってから、、、、。なんか妹だとかボンだとかが騒いでいるから私まで巻き込まれてしまったんだけど、オイラの「叔父」が80歳でなんだかわかんないけど、ほんとによくわかんないんだけど、、、グチャっているらしく、だってシニアピアで一人暮らしをしてるんだけど、ノイローゼーになっちゃったみたい。はたにはシッカリ者にみえるけど、でも、毎年クリスマスカードで「老い」とか「死」とか言っていて、家族じゃみんな「またか?」って思っていたけど。この叔父ももうちょっと若い時には「〜〜〜さんから電話が来ると長くっていやだよ。」と言っていていまじゃ「一人でいるとノイローゼーみたいになるから」と人を頼る。そして我が妹も「〜〜〜(姑)がしょっちゅう===(夫)と長電話してイヤだ。」と言っていたのに、今じゃしょっちゅうボンに長電話してきて実嫁を困らせてるんじゃないだろうか?ながいことやっていた焼き物をやめて、暇もてあましてるんだと思う。

「老い」って今まで言っていた事をすっかり棚にあげて、人に迷惑かけながら生きて行く事なんだとしたら、オイラはイヤだ。こんなこと言ってることもすっかり忘れて若いお友たちや、ボンやベィビーに迷惑かけちゃうのかしらん?

お嫁のところのご両親はおふたりで人生たのしんでるよね〜♪いいな〜♪

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくpig

Banner_04

|

« 不況のなかの平穏食 | トップページ | 難しい「時間割」づくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不況のなかの平穏食 | トップページ | 難しい「時間割」づくり »