« これでヨカッタ | トップページ | 「落ち込み」から「ワクワク」へ »

2009年1月22日 (木)

核兵器の無い世界の約束

拝啓浪花嫁さま、

日本もコチラも「オバマ」一色ってカンジだ。それにしても、オバマ夫妻は就任式のあといろいろなパーティーでダンスを披露している。これって「アメリカ」ってカンジがする。う〜ん、文化の違い?阿部がちょっとMRSと手をつないでタラップおりて来たりしていたけど。一年くらいかかって「オバマVシラリー」のどちらか?をドンドンしぼっていって、そしてその間に多くのリベートがあって、レパブリカンに勝ちを決め、そしてこの日がやって来た事をかんがえるとすごい体力、気力のショーはこれで終わり。いよいよ始まりだ!

オバマは「核兵器の無い世界を目指す」公約している。今から8年後、世の中少しは変わっているかもしれない。とオイラも思うし、思わせる強さがいい。しかも『WE』(Yes, We Can)自分達で変えようとする一人一人の自覚に訴えているところが気に入ってる。

といっても、中国は海境をしっかり固めはじめたカンジだし、日本の隣国−中国、北朝鮮としっかりと目を光らせておかなければならないカンジ

さて、日本の総理のオバマ就任の時の発言をテレビで見ていて、オイラはあきれたカンジがした。「不況対策もオバマと私の対策は同じカンジだし、世界平和に関しても同じ意見のようなカンジだし、世界1、2の経済大国が一緒にやっていけそうだ、、。」ってなカンジのコメントをしていたようなカンジなんだけど、世界2位の経済大国の長がこんなカンジでいいのかな〜?ブッシュの時だって同じカンジだと思っていたくせに。

ヒラリー国務長官、ライス国務長官との違いもなくて同じカンジなのかな?

オバマの輝いてる現在の映像をテレビで見ている国民は、ただそれだけで自国の長の「惨めったらしさ」が見えちゃって、20%の支持率が10%ぐらいになちゃうんじゃないかな?ってカンジをオイラはもったんだけど。

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしくpig

Banner_04

|

« これでヨカッタ | トップページ | 「落ち込み」から「ワクワク」へ »

コメント

アメリカが「核の無い世界」を目指し始めたことはやっぱり歴史がちょっと、ガタ!と動いた。静かに動いた。ルーズベルト、ケネディーに近い政策でクリントンの閣僚を多く取り入れ、若い頭で世界を帰る。オバマも人間。どうなるか?な?

投稿: シュート女 | 2009年1月24日 (土) 02時08分

同感。日本の首相がみじめったらしく見えてしょうがない。国会討論のなかで漢字のテストまがいな質問まで飛び出す始末だし。はずかしながら、オバマの公約しりませんでした。

投稿: Motta | 2009年1月24日 (土) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これでヨカッタ | トップページ | 「落ち込み」から「ワクワク」へ »