« もうすぐクリスマス♪ | トップページ | 「妬む・怒る・愚痴る」 »

2008年12月 2日 (火)

起きていることはすべて正しい

拝啓シュート女さま

シュート女家は華やかなクリスマスになりそうですね。こちらのお嫁はケチというのかモノを買うのが嫌いだからいまだにクリスマスツリーの購入を悩んでおります。ひとつ買ったらひとつ捨てるが原則(本は例外)だからなにを捨てようかなぁ。それにね、先輩ママさんから「男の子がいたらクリスマスツリーを引きずりまわして遊ぶでぇsad。もうちょっと大きなるまで待ちぃ」とのアドバイスもあるし、どうしよう……。

昨日、仕事が一段落したので本屋さんへ行ってきました。いそいそ……。今回も大量購入。えぇ至福のひとときです。

そのうちの1冊がお嫁が敬愛する勝間和代さんの新書「起きていることはすべて正しい」。300数十ページのボリュームで1,500円也。すばらしいコストパフォーマンス。

ちらりと読んだところだけど今回もヒットです(カナダへのお土産にしますね~~)。

決断力と強い意志のヒトってイメージの勝間さん。しかし、20代前半までは依存心が強く、ひじょうに「打たれ弱かった」らしい。想像できませんよね。その若き勝間さん(いまでもお若いけれど)がどのようにしてメンタル筋力を鍛えていったか、が実に興味深い。

次回でもこのメンタル筋力のことをご紹介しましょう。今日は昨夜「なるほど~」(英語で言うところのbig "aha"ですな)と思ったことを書かせてください。

勝間さんは以前から「仏教の三毒追放」を推奨されています。これは仏教が三つの毒としている「妬む・怒る・愚痴る」をやめてみること。(シュート女さまの行動パターンを拝見していて思うのですが、ごく自然に三毒追放されていますね。尊敬です

お嫁は「怒る」&「愚痴る」行動パターンはあまりないけれど(と自分では思っている)、正直言って「妬む」はあるの。相手を「羨ましい」と思うだけにとどまらず、「あの人、運がいいからよね」とまで思っちゃう。

勝間さんは次のように書かれています。

妬むのは、ある意味、自己正当化のためです。すなわち、「あいつがうまくいっているのはずることをしているせいだ」とか、「あいつがうまくいっているのは運がよくて恵まれているせいだ」ということで、自分の尊厳を守るため、自己正当化に走るのです。

なるほどなるほど。

そうではなく、私のお薦めは、相手がすごいなと思ったときに、それを妬む暇があったら、とりあえずその要因を要素分析することです。

妬みの対象になりそうな人をしっかり分析して、敬意を払い、相手の実績や努力の中で、参考になるところをどんどん自分に取り込み、一歩でも近づける努力をしていくのです。

ホンマ、その通りでございますぅ……。特に「敬意を払って」の一言がすばらしい。ここに彼女の器の大きさを感じます。

この文章とで出会えただけでこの本を買った価値があるのに、まだ約300ページ残っている。どれだけのことが学べるんだろうと思うとワクワク。なんてお得な本ざんしょ。

早速、お嫁が羨ましくてたまらない某翻訳家の要素分析をすることにしました。毒を追放できるだけはでなく、得るものが大きく次のステップに進めそうな気がします。

blogランキングへ Banner_04 応援をお願いします!励みになります

|

« もうすぐクリスマス♪ | トップページ | 「妬む・怒る・愚痴る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐクリスマス♪ | トップページ | 「妬む・怒る・愚痴る」 »