« お気楽犬? | トップページ | 楽しみながら真剣に »

2008年12月12日 (金)

二重国籍容認 応援おねがいしま〜〜〜す!

拝啓浪花嫁さま

「楽しみながら」はやっぱり大事。オイラは高校以来「苦しい努力」をしないで、うまく生き抜いているような気がしてしょうがない。お嫁の「きっかけ」を早く聞きたいなdash

ところで今日は大事な話:フィリピンの日本男の落とし子が父親が認知をすれば日本国籍をもらえるようになったそう。そしてまた、オイラ達のような海外移民族は「二重国籍を認めて欲しい」と節に望んでいるんです。オイラはまだ日本人。カナダに暮らして15年。それでもまだ「日本国籍」を維持しています。だって、カナダは多国籍OKだけど、日本はNOだから。以下ウェブニュース引用

「自民党法務部会の国籍問題プロジェクトチーム(PT)は11日午前、党本部で会合を開き、  座長の河野太郎衆院議員が二重国籍を認める国籍法改正の私案を提示した。  私案をたたき台に有識者などから意見を聞いた上で、年内をめどに改正案要綱を取りまとめる。 現行の国籍法11条は二重国籍を原則認めていない。私案は、二重国籍を認めた上で、  本籍地での届け出を義務付け、届け出ない場合は刑事罰を科し日本国籍を失うこともあるとした。  皇族、国会議員、閣僚、外交官、自衛隊の士官と裁判所の判事は日本国籍以外を持てないことや、  他国の重要な公職に就いたり軍隊に志願したりした場合も日本国籍を失うことを定めた。 さらに、日本と結びつきが薄い人が日本国籍を持ち続けることを避けるため、日本国外で生まれた人が  22歳になるまで計365日間、日本に居住しなければ国籍を失う規定も設けた。 先月、ノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎米シカゴ大名誉教授が米国籍を取得し  日本国籍を喪失していたことを受け、PTでは「正直者と有名人がバカを見る制度だ」(河野氏)として  二重国籍容認への動きが加速した。」

「正直者と有名人がバカを見る」かどうかは解らないけれど、南部陽一郎さん、有り難う。ババはもうどっちでもいいけれど、二重国籍が認められるようになったらば、ベィビーが22歳を迎える時、どちらかの選択をしないで、両方の国を自由に行ったり来たりできるようになる。国際バリアフリーの第一歩。先進国で未だに二重国籍を認めていない日本。そろそろ考えて下さいよ。

二重国籍を応援して下さる読者の皆さん、是非河野太郎メールにコメントを送って下さいな。郵便番号は海外のものは入らないので999-9999として、コメントの最後に正しい郵便番号をかいておくといいでしょう。応援ありがとうpunch

blogランキングへ 励みの応援プチリをよろしく

Banner_04

 

|

« お気楽犬? | トップページ | 楽しみながら真剣に »

コメント

あかねさん、早速どうもありがとう。一通でもおおくのメールが河野氏に届くといいな。ありがとう。

投稿: シュート女 | 2008年12月14日 (日) 01時56分

河野さんに早速メールをしましたよ♪ Babyが大きくなる頃には、不自由な思いをしなくていい世の中になるといいですね。応援しています~。

投稿: あかね | 2008年12月13日 (土) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気楽犬? | トップページ | 楽しみながら真剣に »