« 努力は裏切らない | トップページ | また、いた、素晴らしいひと(女) »

2008年10月29日 (水)

また、自分に「ご褒美」あげちゃおう

拝啓浪花嫁さま

先日の「強運な女になる」ってエッセーのなかにね、女友達と歌舞伎を見に行った帰りに軽い夕食をとりながら、見て来た歌舞伎についておしゃべりして、そして彼女は言うんです。

「しかし私はつくづく思うのであるが、私たちが単なる主婦や家事手伝いだったら、これと同量の快楽をえることが出来ただろうか。時間がたっぷりあって、いつでもお芝居に行ける身分だったらこんなに楽しいはずはない。普段は必死で目を吊り上げて働き、月に一度だけ優雅なひとときをすごす。ごほうびだからこんなに楽しいんだ。」

ねー、現役過ぎたオイラがいうのもなんですが、まさに「ご褒美」感覚大好き。一生懸命働いて「花金」だ、さ〜て今週末はなにするか?ってなぐあいね。翻訳家だったら、大きな〆をこなした時やオーディションに受かった時。

生活のメリハリ。これですよ。喜びを倍増してくれるのは、「ご褒美」だから。と言うわけで、オイラはマイハズとこの素敵な秋を楽しみに「Point No Point」というバンクーバーアイランドのビクトリアのソバ?のPoint No Point リゾートに2泊3日でいってきますぅ。マイハズはもうその辺に男友達数人と釣りにいってるの。オイラは取材を終えて原稿かかえて行くんだけど、この素敵なキャビンで海を見ながらビシバシ(???)ワープロたたいたり、本を読んだり、散歩をしたりしてきまっす。これってご褒美?かな。そして、木曜(カナダ時間)の夜の取材に間に合うようにもどってまいります。

今日は、時間をかけてシャンプー、トリートメント、お顔のパック、バブルバス等などなどを買いに行って来ようっと。海をにながらジャグ−のバブルバスに入って、お顔はパックしてあって、面白い本をジックリ読むぞ。頭とお顔に刺激をね。そうそう、オイラ林真理子の影響で、最近は洗顔の最後は冷たいお水で肌をしめてるの。どうそ、続きますように〜。(継続は力なり)

blogランキングへ Banner_04 励みの応援プチリをよろしく

|

« 努力は裏切らない | トップページ | また、いた、素晴らしいひと(女) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 努力は裏切らない | トップページ | また、いた、素晴らしいひと(女) »