« 国民性の違い? | トップページ | 嬉しいような嬉しくないような »

2008年10月13日 (月)

世渡りべたのオイラにお知恵を!

拝啓浪花嫁さま

多分カナダの人のいいカナダの人だったら、アメリカ人のような(特にNYの人のような)そんなひどい事言わないでしょうね。でも、それもなんでも人による。しかしね、カナダ人、いやバンクーバーの人たちは、ステレオタイプ的に言うならばカジュアルすぎる。人の時間の価値とかどう思っているんだろう?ってことかな。お嫁のお知り合いのそんな方が近くに引っ越してきたら、勿論オイラも大歓迎しちゃうって思うの。そう言えば、「引っ越しのご挨拶」ってなものは無いわね。カナダに住んで15年ちかくになるけれど、そんなもんは無いし、こちらもした事ないような。

実嫁はとても気をつかっていますよ。ご存知のようにウチには上と下にテナントがいて、元気なベィビーが「小さいけど、とってもウルサい」オイラににてしまっているんでね。でも、上からも下からも苦情はこない。それにさ、「子供を静かにさせること」ってどうしたらいいの?最初はオイラも「ドキドキ」したけれど、ある時点で「どうとでもなれ!」って思ったわ。「苦情がきたらその時のこと」って。

そしてね、静かに泣き寝入りの出来ないオイラ、今度の件ではコントラクターにどんどん文句を言いました。でもね、オイラが思うには「上のオーナー」が問題。(コントラクターがいうにはオーナーには責任はない。)でも、んじゃなんでオイラが何時間もあそこにいなくっちゃなんないの?

キチンと正式に苦情レターを書きますよ。これは気持の問題。やっぱりオイラは日本人ですからね、「謝り」の一言もない、つまり、非はアチラにあるってことが解ってない「カジュアルさ」が腑にに落ちないの。もしオイラが以前のように100%出勤していたら、どうなっていたのかしら?ええ、コチラの業者は土日は働きませんからね。

あ〜、またイライラして皺の100本も増えてしまいそう。皺伸ばしのお代($)を請求せにゃならんでしょうかね〜?損害賠償ですよね!ンも〜。

こんな秋晴れの素敵な週末、こんな事はわすれてマイハズと森のお散歩にいってこよう!っと。あ、その前に「記事」を書いてしまおう。

久々に25位まであがってウレシイgoodsmile 皺伸ばしに一番の応援、有り難う。みなさんだったら、こんな時、オイラのようにドカンと一発の解決法じゃなくってどうするのかしら?世渡りベタのオイラにお知恵をかして!

blogランキングへ Banner_04 励みの応援プチリをよろしく

|

« 国民性の違い? | トップページ | 嬉しいような嬉しくないような »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国民性の違い? | トップページ | 嬉しいような嬉しくないような »