« 本のソムリエ? | トップページ | 迷い道ウロウロ »

2008年10月24日 (金)

いつまでも、自分探し

拝啓浪花嫁さま

本のソムリエ。かっこいいじゃないですか?具体的にはひとり「一ヶ月に二冊」だもの、全然無理じゃないよね。ただし、グっとくる本にであうのはケッコウ難しいかもしれないけれないな。「本棚編集者」ってお仕事だけど、でも、何を編集するの?並べるお仕事も編集なのかな?じゃ、ジョジョに「ブログ・ブックディレクター」でも「ブログ・ブックソムリエ」としてでも、売り込めるように下準備。ホラみたことか?何がって、「読んで下さるかたにお裾分け」なんて謙虚な気持でいたオイラ、地が出て「売り込む」なんていってるの、も〜いや〜ね〜。

今のところドンドン「記者」のお仕事入っていて、自分ではけして行かないだろうな?って言うところに行ったり、決してこういう方にお会いする事もないだろうな?っていう人にインタビューに行ったりしているの。今週もいってきます。個人のブログで名前出していいかどうかわかんないから言えないけれど、けっこう有名人にも会うのね。(といってもオイラは知らない人ばかり。)だから無料でパフォーマンスなんかも見に行けちゃうわけ。で、なにが言いたいかというと、バンクーバーってケッコウ色んな人が住んでるのね?または講演にいらっしゃるのね?で、書道、空手、マイム、ミュウジッシャンヘア−サロンの経営者、学校経営者、どんな方にお会いしても「すごいな」って思うオイラ。でも、よく考えてみると、ひとつひとつの日本文化てきなものにはそれほど興味がないわけね。でも、おもしろいな!と思えるのは、それをメイッパイやってる人たちなの。オイラはやはりアーティストでは無くって哲学者だということに気づいたの、エヘン!

いくつになっても「新しいこと」に挑戦している人は素敵。何かを若い時にすでに成し遂げて、優雅に時間を楽しんでる人ってつまんないな。いつまでも、新たな事に挑戦し続ける!これがキーですよ。サクセスフル・エージングって。だからって、若い時のようなガムシャラに不幸や難に飛び込みたいとはおもわないけど、「自分の可能性」をいつまでも探り続けている人って素敵だよ。お嫁は問題なしね。だって体質だもの。いつもいつもTODOLISTをこなして、自分探しに挑戦してるもの。

blogランキングへ Banner_04 励みの応援プチリをよろしく


|

« 本のソムリエ? | トップページ | 迷い道ウロウロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本のソムリエ? | トップページ | 迷い道ウロウロ »