« 流行りモノはいらない | トップページ | 不覚にも涙 »

2008年7月30日 (水)

親ゴコロ、鬼ゴコロ

拝啓浪花嫁さま

まさに、まさに、まさに!おしゃるとうり。買っていただく、たいそうなお金を出して買ってくださる。有り難がって然りでしょう?でもお嫁のおっしゃるとおり、オイラはチョイト暗くなる。でもね、ボンが赤ちゃんの時でさえ思いました。「無」の状態で生まれてくる赤ちゃん、何にも知らない赤ちゃん。生まれた時からまわりは「物の海」。毎日ちがうお洋服を着て、よりどりみどりのお靴にお帽子に、、、そして次から次から目の前に現れる玩具たち。この子達が大人に成長する過程で、いつ「ものを大切に」する心、「愛着心」を学ぶのかしら?

ジュニアに知られずに、そっと捨ててしまう親心、百こ。

見つかれば、せっかくいただいたものを捨ててしまう「鬼」母。でも、子供は親の玩具じゃないものね。子供は親の人形じゃないものね。大きく、遠くに目をやって、子供達の成長を思い描くことの出来る賢い大人達が増えることを、心から願います。

これはね、物にかんしてダケじゃなく子供が大きくなると、「あ〜恐ろしい」と思っても、グット腹をすえて心を鬼にして見守らなくっちゃならない時が来る。その時も勇気を持って「鬼心」発揮しておくんなまし!

流行の玩具もお洋服もなんでもかんでも大人が作り出すもの。そりゃ、「子供は親を選べない」なんでもかんでも、流行ものを次から次から与えてくれる親のもとに生まれ落ちた子供は、今は「ラッキー」って思うかもしれないけれど、イヤイヤほんまもんの「ラッキー」は子供の成長の先っぽにチョコンとくっついているもんで、今はマダマダ見えないの。シュート女は思います。自分の価値観をはっきり持てる、自分がアフォードできない物を欲しがらない、$の使い道をキチンと知った大人になって欲しいんだと。

お嫁、オイラはまたまた思います。オイラからみれば「お嬢様」で、しかも末っ子で、、、そうか、君のご両親がえらかったんだ!って。親心、鬼心をもっていたんだね、きっと。

今日もプチリと応援してねbleah 人気blogランキングへ

Banner_04

|

« 流行りモノはいらない | トップページ | 不覚にも涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流行りモノはいらない | トップページ | 不覚にも涙 »