« 子育て町、Tタウン | トップページ | 親ゴコロ、鬼ゴコロ »

2008年7月29日 (火)

流行りモノはいらない

拝啓シュート女さま

おぉ~なんちゅうすてきな街なんだぁ。バンクーバーだって、あぁ~たぁ、そりゃ緑が豊かで子どもにも大人にも優しい街なのに、それよりももっと子育てを楽しめるところなのね。羨ましすぎるぅ~~。

そんな街に住んでいたら、みんな、子沢山になっちゃうよ。

そうだ、日本よ、もっと頑張らんと。「少子化対策」っちゅうて小難しいことをいろいろ考えているようだけど、簡単なことなのよ、Tタウンのような子育てがしやすい環境を作ればいいだけやん(←これが難しいんかぁ…)。

おもちゃといえば、我が家もおもちゃが一杯。ヘンに几帳面なところがあるお嫁は、毎日散らばるおもちゃや本類を片付けるだけで大汗よ。しか~し、それにしてもおもちゃが多いなぁ。

ケチなお嫁はめったに買わないんだけど、近所の方が「もううちの子は遊ばないから」ってドサドサとくださるのよ。有難いけど、有難くないぞっ。

そりゃ、本とかパズルとか積み木とかブロック類は嬉しい。流行りすたりがそうないし、創造性や発想力を育んでくれるからね。困るのはちょっと前に人気があった戦闘モノの武器とか音がガンガン、光がピカピカでるようなもの。流行りモノって寿命が短いのよ。「耐用年数」っていう意味の寿命がなくて、子どもはパッと飛びつくけれどすぐに「飽きる」っていう意味でね。刺激だけあって頭を使わないから結局面白くないのよね。

ジュニアに気づかれないように(そして近所に人にも)少しずつこっそり捨てている私。流行遅れのおもちゃはリサイクルショップでも見向きもされないからね。

やはりなんでもベーシックなものがいいのよ。ジュニアが遊んでいる積み木やブロックは姉の子ども達が遊んでいたもの。だから年季が入ってすごくいい感じ。そのうち彼ら(姪や甥)が結婚して子どもができたらきれいにしてお返しをするつもり。自分が遊んでいたおもちゃでわが子が遊ぶのを見ることができるなんて、すてきだなぁ。

えぇ例の本、くださいな。こちらからもお土産の本をどっさり持っていくのでお楽しみに。本もリサイクルだぁ~。

blogランキングへ Banner_04 昨日の大雨の影響か、ちょっと涼しい大阪。うれしいぞっ!

|

« 子育て町、Tタウン | トップページ | 親ゴコロ、鬼ゴコロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子育て町、Tタウン | トップページ | 親ゴコロ、鬼ゴコロ »