« 夏の異変 | トップページ | メンクイの夏 »

2008年7月18日 (金)

It is up to YOU.

拝啓浪花嫁さま

家をもっていると面倒なことが山ほど。特にバンクーバーでは雨のふらない季節に沢山やらなければならない事がある。雨どいの掃除、屋根の苔とり、ペンキ塗り、などなど。その度に見積もり、Estimateをとるんだけど、実際に作業をすれば「予期せぬ出来事」があって、なんだかんだで見積もりの2倍くらいになっちゃう事が多々あるの。そういう時のお話です。

新しいディッシュウォッシャーを買って、取り付けに来てもらった時のこと。取り付け料は$75。で、古いディッシュウォッシャーを取り除いて、、、、その取り付けに来た人がおっしゃるには「このパイプはもう古いタイプだから、こっちの最新式にしたほうがいい。でないと、水が溢れて大事になることも、、、」手な事言われて、「で、おいくらなの?その新しいやつぅ?」、「$60だけど、It is upto you. You can still keep the old one but...」てなこと言われて、オイラはどうすりゃいいのぉ〜?

新しいタイプと古いタイプのちがい、ビニールとコッパーの管の違い。無知なオイラは何も解らんのよ。オイラが馬鹿なの?そういうのって、見積もりにはなんで入ってないの?予期せぬお金$が出ているのはイヤよ。同じことで、見積もりが高くても、NO チョイスで払うわよ。ふた開けちゃってからそういう事言われたら、「起きるかもしれない大事」怖いから、「じゃ〜お願いします。」って普通は言うんじゃないの?オイラも言っちゃいましたよ。で、会社にいって、中国人のケビンに言ったら、「カナダは何でもかんでも安全」を楯にとるけど、広い目で世界を見れば、もっと低い不潔な生活してる人々がどれだけいるか?云々カンカン、、、だったけど、それってね〜?日本から来ているオイラにしてみれば、お支払いしなければならない$でしたら、「安全、清潔」のためにお支払いします。でもその時になって、言わないで欲しいわ。「It is up to YOU。」って言われると、オイラの無知を見越されて騙されてる気持ちがどうしてものこっちゃうのよね〜happy02

今日もプチリと応援してねbleah 人気blogランキングへ

Banner_04

|

« 夏の異変 | トップページ | メンクイの夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の異変 | トップページ | メンクイの夏 »