« お嫁、ピンチ! | トップページ | 胸が痛い… »

2008年6月10日 (火)

言い訳抜き

啓浪花嫁さま

ジュニアが無事でヨカッタ!ほ!本当に今思い出してもゾ!とするような思いでがいっぱい。それでもボンはそれなりに(?)無事に大人になってくれました。ベィビーをみてると怖いです。なんでもかんでもお口に入れるお年頃。お嫁のご忠告のように、トイレットペーパーの芯より小さいものには目を光らしてはいるけれど、とてもじゃないけど追いついていかれない。危険が一杯。でも、だからって、キャンプの経験はジュニアの心にいつまでも残る良い思い出、それでもやっぱりプライスレス、本当にね〜。あぁーた。どうしましょ。ジュニア、頑張れね。

さて、ねばる女のヒラリーはツイに引かなければならなくなったけど、もう影の薄いっていうか、影もみあたらないブッシュとのお別れは確かなことで、うれしくて仕方ない。そう、オイラもあの強い女、ヒラリーを途中から好きになっちゃって、オバマもいいけど、ヒラリーを!って応援したのはやっぱり女性だからかしら?オイラとほぼ同じ年のヒラリー。彼女を抜きにアメリカ初代プレジデントを考えられないってのもあるわね。オイラの青春時代は「男女同権」なんてふる〜い響きがする言葉があって、まさに、それに向かって戦った多くの女性達がいて、なみなみならぬ成果をあげて今がある。日本はどう考えても、どこからどう見ても他の先進国より遅れてる、っていうか、違う次元、違う文化のうえで動いているから、他の国々と比べるのって意味がないのかもしれない。それに「強い女」を嫌う文化があるみたい。上野千鶴子ってきけば「ウェ〜」てな声出す男、いやいや女もいっぱいいるでしょう。で、チラッと思うんだけど、オバマの次にヒラリーがプレジデントになっても、なれない年じゃないわよね。マッケィンだって、71歳でしょう。日本じゃお年寄り政治家ばっかりじゃないの。そこへいくと、女性は実年齢よりずっと若い!そう、そう、あきらめないで、まだ「ねばりましょう。」ね♪

でね、数日前の新聞に書いてあったけど、もう「黒人だから、、、」って言い訳は出来ない時代になったって。ほんとにね、黒人だろうが、女性だろうが、弁護士にでも、医者にでも、その気になればプレジデントにもなれるんだから。

blogランキングへ  もう少しランクを上げたいと願うオイラです。そこでプチリと!Banner_04

|

« お嫁、ピンチ! | トップページ | 胸が痛い… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お嫁、ピンチ! | トップページ | 胸が痛い… »