« 世界最小のフィットネススタジオ | トップページ | チェンジ(人生の転換期) »

2008年5月15日 (木)

わくわく二本立て大賛成

拝啓浪花嫁さま

今日はうちのDinnerはハンバーガー。マイハズ特性バーガーを作る予定。そして、冷蔵庫を開けてみたら、なんとま〜、おはじきサイズのハンバーグが下ごしらえしてあったの。かわいいのなんのって。最近の「離乳食」の本をみて驚いたのなんのって。だって、「ホタテのリゾット」なんてのが離乳食のメニューにあんのよ。オイラが子育てしてた頃は、お味噌汁の派が芋をオイラの口のなかでクチャクチャかんであげたりしていたよ〜な???きがするわ〜。

日本人の女性が平均寿命が今年も一位で86歳かなんかだったでしょ。それはいいことだけど、女性の社会参加率ってのが、32位で先進国の最下位。どうしてなんだろう?っていつも思っちゃう。日本人のお母さんの作るお弁当の素晴らしさには目を見張るものがあるけど、離乳食だって凄いもの。世界の母達に見せたらメームクゼー!思っちゃったわよ。

そうなの、子守りって身体は忙しくって忙しくって仕方ないくせに、頭は退屈しちゃうもの。赤ちゃんは可愛いし、子供は面白いし、いくらでも遊んでいたいと思うわよ。でも、やっぱり、「わくわく二本立て」で行かなくっちゃ。母にも知的欲求ってもんがあって、それが満足できなくって、きれいな弁当ばっかり作っていたって、素敵な離乳食ばっかり作っていたって、新聞を読む間もニュースを見る間もない状態はやっぱり変。

核家族になる前はジーちゃんバーちゃんが子守りしたりして、家庭に手がいっぱいあったけど、今は全部母の手にかかってる。かわいそう。オイラは死ぬほど忙しかったかもしれないけれど、やっぱり、仕事と子育て両方やっててヨカッタ。本当に良かった。だって、仕事のない時に、思いっきりボンと遊ぶことを楽しめたもの。これが、一日24時間、365日ってことだったら、ボンと一緒の時間をそんなに「有り難い」とは思えなかったと思うんだ。日本の女性はやっぱり「かわいそう」。女性の大学進学率はたかいのに。学ぶだけ学んで、実際に社会にでないで「子育て」に追われちゃう。これももったいない!時間にメリハリ、持たせたい。

マサイシューズですか?しりませんでしたな〜?オイラはキッチンサンダル(プラットフォームシューズ)を履かないと、キッチン仕事が出来ないんだけど、マサイシューズに切り替えようかしらん?しかし、300ドルか?ちょっとね〜?お嫁の成果が出たらということにしようかしらん?で、先生をお迎えするのもマサイシューズを履いたまま?うけるぞー!

人気blogランキングへ←風邪がなおりかけのシュート女にどうぞ、力のプチリを!Banner_04

|

« 世界最小のフィットネススタジオ | トップページ | チェンジ(人生の転換期) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界最小のフィットネススタジオ | トップページ | チェンジ(人生の転換期) »