« なんで、皆死んじゃうの? | トップページ | バランスライフを主婦にも! »

2008年5月 7日 (水)

「生き抜く」という原始の力

拝啓シュート女さま

そうなの、硫化水素による自殺が次から次へ。若者がポロリポロリと死んでいく感じです。

あのね、死者に鞭打つのもなんですが、現在の日本で死を選ぶ若者には「生き抜く」力がなかったと思う。不況やらなんやら言われてもまだまだ物質的な豊かさの飽和状態にある日本で死を選ぶのは、心に弱さがあったから。もちろん、これは死を選んだ人たちだけでなく、いまの日本人全体に言えることだけど。

シュート女さま、春山満さんっていう方をご存知かしら?

24歳で難病(進行性筋ジストロフィー)を発症。自らの体験とネットワークを活かしたバリアフリー関連機器の開発、商品企画コンサルティングのほか、医療機関の福祉プロジェクトも多数手がけている福祉・介護ビジネスの鬼才。

彼の本を読んでいると悩みなんぞ吹っ飛びますぞ。

実家は没落。借金あり。実績なし。難病のおまけつき。それでも生きて生き抜いて、現在、首から下の機能が全廃になっても、ビジネスのかたわら日々コンサルティングや講演活動に飛び回っているのですぞ。

ねっ、凄い人でしょ?彼の著書「闇に活路あり」(←なんちゅうぴったりのタイトル!)に

日本はいま、豊かさと安全と、物の飽和状態の陰で、ストレスに弱い体質に変わってしまった

とあるの。なるほど思いません? 家庭教育の根本は人間が本来もっている「生き抜く」力が損なわれないようにサポートすることだなって改めて思いますわ。

今夜は久々に「闇に活路あり」を読み返そうっと。

ご興味があれば春山氏のホームページをご覧あれ:春山 満 のグッドタイム

この連休でたっぷり遊びたっぷり本を読んで気力体力充実のお嫁。新しい勉強法や仕事の進め方を試したいし、勉強したいことがまたいっぱい出てきたの。春山氏には到底およばないけれど生きて生きて生き抜きたいと思っているところであります。

そうそう、シュート女さま、「持ち時間が少ない」とか「ババちゃん」なんぞという表現、ちっともお似合いではありませんぞ。お楽しみはこれからよん。

人気blogランキングへ ←GWも終わり。張り切ってポチっとね!Banner_04

|

« なんで、皆死んじゃうの? | トップページ | バランスライフを主婦にも! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんで、皆死んじゃうの? | トップページ | バランスライフを主婦にも! »