« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

誇りにかけても

拝啓シュート女さま

浪花のメス豹、浪花嫁でございます……。

そうですか、ベビーちゃんとの蜜月、残りわずかなのね。トロントに帰っちゃったら、ちょっぴりホッとしながらそれは淋しいことでしょう。なんだかお嫁までウルッとしますわ。

残り少ないベビーちゃんとの時間、じっくり味わってくださいな。しっかし、「大人の時間」も楽しんでいるんだから人生を2倍満喫しているシュート女さま。これこそ贅沢だっせぃ。

大きめの仕事が入りましたのよ、シュート女さま。

メディカル関連じゃなくて、自己啓発系(コーチング)に関するもの。某企業の研修用らしい。ボリュームが多いし、あんまり興味がない分野だったんだけど、翻訳料に惹かれて受けちゃった(ビバ、大阪人!これでこの夏もカナダに行けそうだぁ…)。

でも読みすすめてみたら、あぁ~たぁ、面白いの。なんだか心理学の本を読んでいるみたい。こりゃ翻訳しながら(お金をもらいながら)勉強できるんだから1粒で2度おいしいグリコのキャラメルみたい(←この意味おわかり?)。

まじめな翻訳家のお嫁、クライアントに「過去に同じようなものは発行されていないのですか?」と問い合わせたところ、参考資料がどさりと届きましたわ(すごい量。これ全部読まんとあかんの?)。ざっと目を通してびっくりeye。ものすごくヘタな翻訳。モロに直訳ですがな。

こ・こ・こんなんでエエわけぇ?

このレベルの翻訳でよければ、あっという間にできまっせぃ。楽勝やん!ウヒョ~!

…なぁんて思いませんことよ、お嫁は。プロとしてそんなことできまへん。

プロの誇りにかけても格調高い文章に仕上げてクライアントをびっくりさせちゃる、と意気込んでいるところであります。

でも…そもそもその違いがわかるんやろか、あちらさんは…。

そういうことでこれから1ヵ月、短めのブログとなるかと思いますがよろしくね。

人気blogランキングへ ←Banner_04今から歯科と皮膚科に行ってきます。メンテに忙しいお嫁に応援プチリを!

| | コメント (0)

2008年5月29日 (木)

静かな大人の時間

拝啓浪花嫁さま

それでも、豹ってのはカッコいい動物、特にメスの豹は怒ってうなっても美しいってことをお忘れなく♪その男の店員って、もしかしら、サービス残業ばっかりやらされていて、ただ「息しているだけ」で生きていないんだよ。オイラの時々スィッチオンする時があるけどね。ありますよ!しかし、怖すぎて美しくないけど。

ベィビーの滞在が始まってから、オイラは週末でもだいたい8時から8時はんころにはおきてしまうの。赤ちゃんは早起きだから?って思うでしょう?でも、ちがうのね。実はうちのベィビーは夜更かしのお寝坊で、夜中過ぎにねて、10時から11時の間くらいに起きるみたい。で、何故おいらは早起き(え?8時とか8時半てのはちょっとも早起きじゃない?って言われちゃうかもしれないけれど、オイラも宵っ張りのお寝坊なんでざんす、はい。)でもね、ベィビーの起きる前の2時間、週末の朝のコーヒーをマイハズとお庭の木陰に座って飲みながら、新聞を読んだり、色んなことをおしゃべりしたりする時間にしているの。

木陰のそよ風のなか、ギラギラの太陽が照り出す前の数時間。静かな大人の時間。あ〜でも、もうじき、ベィビーと実嫁はボンのところに帰ってしまう。当たり前の事だけど、「静かな大人の時間」だらけになっちゃうな。

ベィビー&実嫁の今回の滞在は〆て、6週間。この間のベィビーの成長はめまぐるしい物がある。たったの13ヶ月なのに、もうトコトコ走る、走る、走る。鳩、猫、お馬、本を見ながらなきまねをする。「ポポポ〜」なんてお歌らしきものだってやってしまう。芸だっしゃだこと♪それでもって、「ブーちゃん」「ハチさん」とってきて?なんて言うとちゃんと探し出してとってくる。すさましい学習能力。若いって凄いな?若い脳って凄いな。もう、赤ちゃんじゃなくって幼児って感じのベィビーのトコトコトコトコと言う足音と「う〜、う〜」とオイラを探しまわるうなり声。今から「懐かしがってお目目ウルウル」してしまうオイラ。ギャー!って声がいつまでも聞けたらいいのに。へ?

さて、2週間で完了予定だった、「離れ」ツイに5週間かかって完了しました。でね、最後の一週間は無駄なあがきをせずに、みんなで、今までどうり母屋ですごしておりますの。これはこれで楽しかったし、文句は言わない。

しかし、フレンチドアをパ〜っと開けて、清々しい自然の匂いをイッパイいれて、うまいコーヒーを飲みながら「静かな大人の時間」を過ごすにはぴったりの空間ができました。夜は、ホームシアターシステムをいれて、お家で映画をってことをマイハズは考えているようでざんす。気がついたら、夫婦別居なんてことにならないようにしなくっちゃ。

オイラの家は夏の家。カラフルお花も色んな緑も真っ盛り。そよ風うれしいお家です。

人気blogランキングへ ←ベィビーとの残り時間を楽しむシュート女にプチリとね!Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月28日 (水)

豹変するオンナ

拝啓シュート女さま

ひょ~、いずこも「メンテナンス月」なのね。しっかし、カナダならメンテし放題じゃありませんか(そうでもないか?)。いろいろ理由をくっつけて「お直し」三昧をしたいもんですわ。

さて今日は久々にムッとしたお話を。

昨日、ジュニアと近所のコンビニにおやつを買いに行ったときのこと。おやつを嬉しそうに選んで買ったジュニアがレジでひまわりの種の入れた袋を発見(←どうも映画のPR活動の一環みたい)。

「これなあに?」と店員のお兄ちゃんに訊ねるジュニア。

店員(男性:推定25歳):「……(無言)」

嫁:「あぁこれ、映画の宣伝みたい。もらってもいいみたいよ」

ジュニア:(店員に向かって)「もらってもいいですか?」

店員:「……(無言)」

嫁:「もらうんだったら、『ありがとう』を言おうね」

ジュニア:(店員に向かって)「ありがとう」

店員:「……(無言)」

「おぃ、返事せんかいッ!!!!(怒)」

↑の一言はもちろんお嫁が申しましたけど、なにかぁ問題ありますかぁ? ホホホ…。

普段はおだやかで優しい(ほんとほんと)お嫁、久々に豹変しましたわん。

別に忙しく取り込んでいるわけでもないのに、子どもの問いかけを無視するなんてどういうつもりやねん? 仕事以外のことにエネルギーを使いたくないのか?

最低限のことしかせず、それ以外のことはしない・しようとしない今時の若者を見せていただきましたよ。しっかし、コンビニも客商売でしょう。浪花の商人の娘として育ち、腰の低さ・人当たりのよさの大切さを幼いときから学んできたお嫁には信じられまへん。日本人の精神構造がぽろぽろと壊れてきたような気がするお嫁です。

えっぇ、いちばん壊れているのは豹変オンナのお嫁でしょうかぁ?

人気blogランキングへ ←Banner_04大きな仕事が決まりました。嬉しいけれど困っているお嫁に応援プチリを!

| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

メンテナンスの季節

拝啓浪花嫁さま

うちの上のテナントの赤ちゃんが昨日帰って来たらしい。というのもハズバンドが荷物を運び入れているところを見ただけだから、実際には解らないの。ちょうど合計6週間、モントリオールのハズバンドの実家に赤ちゃんとワイフが行っていたということ。ウン、同じだ。ちょっと期間はずれたけど、でもだいたい同じ。あちらのジジ/ババ、今頃静まりかえった家で寂しくしているんじゃないかしらん?

ところでね、「メンテナンス」がうちの会社ではやっているので、今日はその話題をチョイとね:

  • オイラ:今週で例のサクランボクラウンが完了。だいたい$1,000.00 (約10万円)
  • サンドラ:アワワワワじゃないけど、二本同時にクラウンを。オイラは一本だったけど、こんなお口の中の大工事ははじめてだったのに、彼女は二本同時に。痛かっただろうな〜。
  • ケリー:レーザー近眼手術。手術は簡単みたいだったけど、術後はドライアイで、今も目薬をしょっちゅうさしているけれど、オイラも興味あり。やってみようか知らん? 近眼だけで、$2,500(約25万円)
  • ヒュー:極めつけの「ヘアーケアー」ちょうど頭のてっぺんあたりがとっても薄い、うす〜〜〜イって感じ。まだ30代半ばの彼は独身で、とっても気になるんじゃない。でどうしたかというと、頭の裾のほうの皮膚をメスで毛のついたまま、3センチかける15センチくらいを切り取って、キュッとつめて縫い合わせ、その切り取った「毛付き」皮膚から一本一本毛を抜いて、薄いところに「ブチ!」と植え付けて行くの。部分麻酔で痛みはないけど、この「ブチ!」って音が怖かったと、、、。でも、そんな事も出来るようになったんだったら、イザ女ハゲになった場合はやってみよう。〆て、$6,600 (約66万円)

なんだかいろんなメンテナンスが可能なこの世の中。しかし、先立つモノは$なり。さてね、こういう$は会社の健康保険がきいたりして、自分の持ち出しが少なかったりするのよ、カナダでは。カナダではFLEXFITというのが行き渡っていて、日本の保険のように一律っていうんじゃなくって、自分の個人の家庭環境(シングル、カップル、ファミリー。それに夫婦共働きが一般的だから、自分は夫の保険で、、、という人はホリデーを沢山買えるとか、)によって、自分のお金を自分にとって有効に使えるようになってる。毎年5月が更新時で、新たなチョイスを選べるので、うちの会社じゃ5月が「メンテナンス月」なんだ。

そうそう、今日は例のマサイシューズをかりてオフィスで2日はいてみた。だってもったいないじゃないの?押し入れに眠らせておくなんて。でもね〜、はっきりいって、スタイリッシュなシュート女、外で履く気持にはならないわね〜。サンダルだったらいいかもしれないけど、彼女のはレザーでできた真っ赤なスニーカー。う〜〜〜ん、やっぱり外はイヤ。まん丸って感じで、ピエロ靴なんだもの。

  • 腰痛を直すために、この靴が必要というレターをもらう。
  • ハゲのほうは、ハゲだと精神的にインセキュアーだからだとお医者さんに言って、レターを書いてもらうらしい。

これらのお体メンテは医療控除になるから、税金の高いカナダではいいかもしれない。脚を10センチほど長くしたいんだけど、レーザーでもそれは無理?そうしたら、自分にもっと自身が持てるんだけどな〜♪(あ、しかし、世界には不幸な人がイッパイいるのに、こんな贅沢いっちゃ〜いけないよ!と自分を戒めております!)

オイラも実はキャンプが大好き。自然のなかで女をさます。自然の匂いがいっぱい。でも、ここ数年はいってないわね〜。お誕生日のサプライズ、ウ〜ん、難しい。ご報告楽しみにしてますよ!

人気blogランキングへ←沢山メンテが必要な気のするオイラに応援を!Banner_04


| | コメント (0)

2008年5月26日 (月)

メンテナンス報告Part1

拝啓シュート女さま

座布団5枚いただきありがとうございます。嬉しいなぁ。大人になると誉められることが少なくなるから認められると嬉しいのよねぇ。

お嫁は前にも書いたように「怠惰かつ意志の弱い人間」(←謙遜じゃなくてホンマの話)。だから勉強が続かなくて「あぁ私って…」ってよく自己嫌悪に苛まれておりましたわ。

そんなとき勝間本を読んで目からウロコ。

「私は、人間の意志の力などというものを、実は、まったく信じていません」

「自分の意志でどうにかしようとか、(中略)思ってはいけません。(中略)意志に頼らず、仕組みで補えば、勉強は必ず続けられます。」

これらの言葉にどれほど勇気をもらったか。これからもいろいろ工夫していきまっせぃ。

さて、メンテナンスの報告を。レーザー治療、えらい痛いやおまへんかぁ。肉がこげるような臭いがするのよ~。麻酔の注射が痛いのよ~。直後はピリピリ痛く、3日たった今はムズムズ痒いのよ~。しかも今もおでこに絆創膏。ブサイクなのよ~。美貌が台無しなのよ~。こうした数々の不快さに耐えるほどの価値があるのかしらん? まぁその結果が分かるのは今週の金曜日。ご報告をお楽しみに。

皮膚科の先生に「なるべく日に当たらんように」って言われているけれど、そりゃ無理。ウォーキングもしたいし、遊びにも行きたい。昨日は元気なジュニアもふらふらになるほど長距離のお散歩。来週はキャンプに行く予定。こんな生活をしていたらシミ・シワ増える一方ですな。

フフフ、実はキャンプの日はジュニアの7回目の誕生日。いろいろサプライズを考えて1人にやにやしているお嫁。ねぇねぇ、シュート女さま、なにかよいお知恵はないかしら?

人気blogランキングへ ←Banner_04今日もお天気!UVケアが不可欠なお嫁に応援プチリを!

| | コメント (0)

2008年5月25日 (日)

無駄なしシステムライフ。

拝啓浪花嫁さま

「親子で勉強」じゃないけれど、オイラがちゃんと泳げるようになったのは、ボンをつれて留学していた大学に、大きくて暗くて深いプールがあって、あの夏の暑さのなか、自己流でなんとか端から端まで泳げるようになって、日本にもどってから、ボンが学校に行くようになって、やっぱり、「水泳」は身を守る手段。親の責任です。なんておもって、他の習い事は何にもしなかったけれど、サッカーの合間にスイミングスクールに連れて行っていたの。自転車の二人のりでね。その時、他のお母さんたちは上のガラス張りのところから、子供の様子をみていたんだけど、オイラは大人のクラスに入ってね、何年も一緒に通っていたような気がするな♪

そして、二人ともバタフライのクラスを終えたんだけど、でもいまじゃもっぱら平泳ぎ。でも、泳ぎは身体が覚えてるっていうから、マサカの時があったらば、やっておいてよかった!と思うとおもうのね、ね、ね。

今はベィビーをお庭で遊ばせながら、オイラは草むしりして、実嫁がほうきでそれをかき集めたいりしているの。ま、あんまりハカドルってわけじゃないけど、でもたのしいから、いいやね。

他にはないかしらね、何かをしががら自分の身にもなることってね、君はそういうのとっても得意よね。

  • 自転車にのって、保育園の送り迎えで、iTuneを聞く。ヒアリングにエックササイズを同時に。(目的は送迎)
  • マサイシューズを履いて歩く。目的地に行き着くまでに、ついでにえっ草サイズを。
  • お勉強を見ながら、お習字を。

その他になにがあったかしらね?ホントに無駄のない生き方です。座布団五枚。

ええ、覚えていますよ。「きれいな字を書けるようになる。」今年の念頭の誓い(?)楽しみにしているけど、今はワープロの字しか見ルチャンスがないものね、今度しっかり見せてちょうだいね。

オイラ達は今でも、親子で投資術をまなんでいますよ。一緒にやると楽しいもんね。

人気blogランキングへ ←Banner_04ただただ応援プチリを!

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

親子で勉強

拝啓シュート女さま

えぇ、その同僚の方、300ドルのマサイシューズ、もう履いていないのぅ? もったいなぁ~い! 保険でカバーされているから懐が痛むこともないんだろうけれど、それでももったいない。お嫁におくんなはれって言いたいとこだけど、サイズはぜっ~たいに合わないはず。なんせお嫁の足はシンデレラサイズ(ホホホ)。マサイシューズも最小サイズだもん。

お嫁はマサイシューズでせっせと歩いております。昨日もかなりの距離を歩いたせいか背筋にきておりますぞ。

やはり何事も続けんと…ね。

そう、シュート女さま、覚えてらっしゃるかしら? 今年のお嫁の目標を。目標のひとつに「達筆になる」っちゅうのがあったことを。

目標を立てるのは簡単だけど実行は難しい。毎日15~20分でも時間を取って練習すれば字は徐々にきれいになるはずなんだけど。その「毎日続ける」のが難しい…。

でもね、いい方法を見つけたの。名づけて「親子で勉強」法。←このネーミング、センスもなんもありまへんなぁ。

ジュニアも学校に慣れてきて宿題が出るようになったの。「あ」と「い」の字をそれぞれ15回書くとか、国語の教科書を5回読むとか、まぁ15分もあれば終わる量だけど。そこでお嫁はジュニアが宿題をしているとき、横で習字の練習をすることにしたのよ。2~3年前に買っておいてほっぽりだしていた習字のテキストをジュニアの横でちまちまとやっております。

どうもジュニアは親子に勉強できるのが嬉しい様子。私もジュニアの宿題の進み具合をちらりとチェックできるしね。この「ちらり」がミソ。だって誰でも勉強をしているところをジトーッと凝視されるのはいやだもんね。

家に帰ってきたら、「母さん、一緒に勉強しよ~」っていそいそと声をかけてくるジュニア。おぉ、やはりそちは愛(う)いヤツじゃのぅ

いつまで続くか分からないけれど、しばらくはこの方法で習字の練習をするつもり。筆でさらさらと書けるようになる日が楽しみ!

人気blogランキングへ ←Banner_04今日もお天気!UVケアが不可欠なお嫁に応援プチリを!

| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

もう一つの首の動かし方

拝啓浪花嫁さま

バンクーバーにもキラキラの季節がやってきました。といってもこれって今だけ?もうグローバルワーミングで世界の陽気はグチャグチャみたいで、五月半ばだというのに、昨日までは寒かったのに、キューに30度になって、キラキラキラキラ輝いています。

あのね、マサイシューズ、どこかで見た事があったような、しかも履いた事もあったような、気がずっとしていて、思い出しましたよ。会社の人で腰痛がひどい人がいて、彼女が世にも不思議な靴を履いて出社してきたことがあったのね。不安定で見た目も不思議な靴。で、履かせてもらった事があったのよ。う〜ん、でね、それ一度きりだったのですっかり忘れてしまっていたんだけど、その彼女もう履くの止めちゃったみたい。で聞いてみたら、健康保険で買ったんだって♪お値段はおよそ300ドル。同じだね。真っ赤なスニーカーだったんだけど、なんだか、トータルコーディネートが出来にくい靴でしたん。やっぱり、健康保険で買ったということは持ち出しゼロだから、一時しかはかないで押し入れの肥やしになってるみたい。もったいない!

で、オイラの感想は、「歩くのこわかったな!」かな。どうですかいな?成果が出るのはそそらく、3ヶ月後でしょうけれど。おっちょこちょいで、先日もスッテンコロリンと転んで、医者に行ったオイラはやめたほうがいいかもしれないけど。

先日ね、友達の誕生日会、(っていったって50代の女性だけど)にマイハズといっしょに行って来た。この様子はね、次回に書くけど、オイラはとっても落ち着かなかったよ。久々にボンが小さな頃、会社の「付き合い」で下戸のオイラが行った飲み会の時の気持を思い出しちゃった。8時から始まって、10時半になったってデザートが出て来ない。イライライライラ、、ベィビーはお風呂は入れたかしら?実嫁は寂しくないかしらん?あぁ〜たね〜、このイライラ感、アラ?いつかどこかで???てな具合で、懐かしかったのよ。途端にみんなの会話が色あせた!オイラはこんなところにいて、時間を無駄にしてるんじゃないの?

あ〜やっぱり、オイラは誰かが必要としてくれているところにいるのが一番好き。いつまでも、誰かに必要とされるように、首をグ〜〜〜〜と上に伸ばして先を見よう。これはね、今読んでいる「決断の法則」の中にあったのだけど、右か左か決められない時はもう一つの首の動かし方(首をうえ〜に伸ばして、なるべく遠くを見る。)で、先を読む。今はチェンジタイム。これから、オイラはどうしたら良いのか、首を伸ばして見極めるんだ。

だんだん、実嫁とベィビーがトロントに帰る日が近づいてくる。今をメイッパイ楽しまなくっちゃ♪

人気blogランキングへ←皆様、キラキラのバンクーバーにいらっしゃい!Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

メロメロ本

拝啓シュート女さま

グランビルアイランドですかぁ。お嫁も大好き。観光客がいっぱいでわくわくするところよね。

キッズエリアや池の周りで遊び、キラキラ光る海のそばでオヤツを食べ、最後にあの帽子のようなかたちのかわいい船に乗って夕焼けを眺める、これがいつものコース。この夏も行きたいな。

今日は久々にお休みのお嫁。仕事は出したし、翻訳オーディション(2本)もなんとか提出して、お天気同様、心晴れ晴れ。だから本日は読書三昧だぁ。

このブログをアップしたら予約している本を取りに図書館に行く予定。わくわく。

いまお嫁がすっごく気に入っているのがPatricia MacLachlanの本。「彼女の本、ホロリとくるよ」って勧められて読んだのが「Sarah, Plain and Tall(のっぽのサラ)」。シュート女さまはご存知かしら。あぁ~たぁ、もう泣けまっせぃ。

児童文学なんて簡単すぎる、ってちょっと格下に思っていた私が悪うございましたぁ。もう私、「Sarah, Plain and Tall」にメロメロ。読み返すたびに同じところで泣いているの…。早速続編「Skylark(草原のサラ)」も読みましたよ。

普段、仕事で大量に英文を読んでいるけれど、こういう詩情あふれる文章に触れることがないからすごく新鮮。大阪市の大きな図書館には児童洋書が意外と揃っているので(←知らんかったぁ)ばんばん予約しているところ。またメロメロになるメロメロ本との出会いがあるかな。

本との出合いはすばらしい。これまで読書から得たものの大きさを思うと、ほんとすごい影響力。いつか児童書も訳してみたいと思うお嫁であります。

人気blogランキングへ ←Banner_04すがすがしいお天気だぁ!爽やかにプチリとね!

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

ベィビー時間、満喫時♪

拝啓浪花嫁さま

私は子どもの頃、森に探検に行って迷子になったことがあるが、そんな無邪気な冒険心も捨ててはいけない。(中略)そうしよう。前途を信じて旅立とう」

単純にオイラは今でも、このワクワク感が大好き。ピーターパンやチルチルミチルやトムソーヤや青い鳥や、子供の頃に入り込んだワクワク世界。今でも、マイハズと夜歩きをしていて、迷い込んだ不思議な世界や、ボーエンアイランドの帰りに最終フェリーをのがして、ウォータータクシーの小舟から見た、白夜の世界。ワクワク。だからおそらく、未知への旅は面白いのかもしれない。パプアからインドネシアへの船の旅で降り立った、名もない小さな島で感じた「懐かしさ」。

この気持は計画出来ない感覚で、どんなところに隠れているかもしれない。

「生き方チャレンジ」は、努力の結果手に入れたものほど「うれしいもの」はない。で、そこへどうやって行き着くか、この努力の家庭ほどワクワクするものはないのかもしれない。で、オイラは今は「ベィビーに振り回される時間」を多いに楽しんでいて、こんなことはまた二度とない今の時間だから、他のことで伸ばせるものは先延ばしにすることに決めた。「あれも出来ない、コレもしたい。」なんて思いながらじゃベィビーの面白さを楽しめないからさ!

というわけで、頭にはベィビーのズボンをのせて、「コラコラこらこら」とアチコチ走りまわっているオイラ、もう、ワークアウトに行くよりよっぽどのカーディオをしているみたい。

今日は実嫁とマイハズとオイラでベィビーをつれてグランビルアイランドへ。お天気最高。子供も大人も犬も鳩も皆、元気。ところがね、あの嵐のようなベィビーは実は「内弁慶」で、人中に出ると、オイラにぴったり。これがまた可愛いの、愛おしいの。あ〜、年寄りっこはこれだからダメなのよ♪なんて言われそう。ええ、もう、ベィビーのいいなりのシュート女でざんす。

人気blogランキングへ←ベィビーとともに、キラキラのバンクーバー!プチっとありがとう。Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

メンテナンス

拝啓シュート女さま

今週のお嫁の予定(仕事以外のね):

・髪のカットとカラーリング

・歯医者で前歯と歯茎のケア

・皮膚科でレーザー治療

そうなのよ、今週は身体のメンテナンス週であります。

髪はショートにしてからこまめに切らないとどうもスタイルが決まらない。若い子がボサボサッとしたスタイルをしていても可愛いけれど、お嫁の年代じゃぁただの「所帯やつれしたおばはん」になる…。

前歯は別に今のところ支障ないんだけれど、以前に処置したのがどうも審美的によくないらしいし、噛み合わせが悪く、そのため神経と歯茎が弱ってきているらしい(←もひとつ、よ~わからん)。だから上の前歯と歯茎のケア中。歯茎の状態がよくなるのには数ヵ月かかるとか(ひょぇ~)。

数年に1度私の美貌を曇らせるアトピー(←ひどく疲れると発症する)の治療中。診療のときについでに「このおでこの小さなシミ、消せますか?」と訊ねたところ、「えぇレーザー治療をすればほぼ100%消えますよ」とのこと。レーザー治療を即決。いやぁ医学の進歩は有難い…。

…そういうわけで「メンテナンス」にお金も時間もかかっちゃうお嫁。年を重ねるとメンテナンスがいろいろに必要になってきますぅ(しみじみ)。

でもねぇ、目標のひとつに

美貌の老婦人になる

ことを掲げているから、まぁこの程度の投資は必要でしょうなぁ。しっかし、シュート女さまはメンテナンス不要の珍獣、いえ、稀なお方。羨ましゅうございます。

抗生物質ひとつ手に届かないミャンマーや中国の被災者の方々のことを考えると、なんちゅう有難い身分でありましょう。連日の報道、本当に心が痛みます。なにかできることがないかと考えているけれど、「支援物資が横流しされている」、「(ミャンマーに)義援金を送っても、軍政が潤うだけ」とかを聞くとどうすればよいかますますわからなくなってくる。しっかり活動をしているNPOを探しているところであります。

ねぇ、シュート女さま、なにかお知恵があれば教えてくださいな!

人気blogランキングへ ←Banner_04未来の美貌の老婦人にプチリとね!

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

やらずの後悔、ソンソンソン

拝啓浪花嫁さま

何でも大雑把なシュート女は、「更年期」とか「メネポーズ」とかを知らないうちに通り過ぎてしまったみたい。このしょっちゅう耳にする言葉。気がついてみれば、もう終わっているハズ、イヤこれからやってくるのか?

そういえば、オイラは一本も「親知らず」もはえなかったし、ぬかなかったし、、、(全然関係ない?)でも、、なんだか一般的な「心と身体」を持ち合わせていないのかもしれない。オイラの人生「チェンジ」だらけで、メネポーズをじっくり味わっている間がなかったのかもしれない、、?イヤ、間抜けだから知らない間に終わってしまったのかもしれない。と思いつつ、「グーグルおじさん」に聞いてみました。

更年期症状の出やすさには、その人の持つ性格も関係します。真面目すぎて融通がきかない人や、何事にもネガティブ志向の人は要注意です。併せて周囲の人々 との関係も重要なポイントです。よき理解者に恵まれている人は、症状が出にくい傾向がありますので、普段から身近な人達と良い人間関係を築くようにこころ がけましょう。

そこでオイラは自己分析をしてみました。「真面目だけど、真面目過ぎはしないだろう。」「頑固だけれど、融通がきかないこともない。(いい加減なところだらけ?)」、「ネガティブ発想には窒息感をおぼえてしまう。」とここまでは、まあまああったってる。

ところが、ね〜、あぁ〜た、「周りの人々と良い関係をつくる。」これ、とっても苦手。今の会社だって、イヤ、どの会社だって、どの学校だって、喧嘩しなかった集団はない。歳とともに◎くなれ、って小学生の頃から言われ続けてはいるんだけど、、なれない!で、話をもどして、「良き理解者」には恵まれているのは確か。連れ合いも、友人も、オイラを受け入れて、理解してくれています???。(今のところは、、、)。多くの人々に煙ったがラレているかもしれない、、、でも、ミジカな数人は、、タブン、、。

お嫁の「前向きさ」に加えて、「システマティックな生き方」、刺激受けちゃうし、オイラ大好きなの。オイラの今までの「チェンジ」は意図してなったというよりは、成り行きかしら?「メネポーズカウンセラー」なんて資格がある事自体しらなかったわよん。メネポーズ自体しらんかったわ。何故か、今年は、オイラの家族全員にとって、チェインジの年。ボンもマイハズも、新たなチャレンジに立ち向かっている最中ですぞ!

人生一度、やらずに後悔しては損ソンソン。

人気blogランキングへ←やっと、キラキラ季節。気持も弾むオイラにプチリ!Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

チェンジ(人生の転換期)

拝啓シュート女さま

家庭訪問、無事終了。母親である私の知らないジュニアの一面を教えてもらって面白かったぁ。ジュニアって穏やかでどちらかといえば大人しい部類に属すると思っていたけれど、学校ではすごく活発なんですって。

「授業中、それは活発に手を挙げて意見を言うのですよ」

「クラスを引っ張ってくれています」

なぁ~んていうことを聞いてびっくり。もちろん、嬉しいびっくりにデレデレのオカンです。

「歴史に興味があるようで、歴史の本をよく読んでいますよ」

へぇ~歴史に興味があるんだぁ、なぁんて初めて知った母。いやはや、子育ては面白い。

面白いっていったら、いま勉強しているメノポーズ(更年期)がすっごく面白い。お嫁は「医学を効率よく楽しく勉強するためにもターゲットを絞らなくちゃ」ということで、メノポーズを中心に勉強することを決めたの。いつかお嫁の身にも起きることだし、内分泌学(ホルモン)、疫学、生理学、神経学、心理学、精神医学、老人医学まで及ぶ分野だから勉強のしがいがあるものね。なにか目標がなければダラダラ遊んでしまう自分の性格をよく知っているから、2010年までにメノポーズカウンセラーの資格を取得しようと決めているの。

そこで仕事の合間にメノポーズ関連の本を多読中。そのうちの1冊「沈黙の季節(The Silent Passage)」をちょっとご紹介。すてきな文章との出会いがあったのよ。

「世の中をよくするのだという意気込みで仕事に取り組もう(後略)」

「私は子どもの頃、森に探検に行って迷子になったことがあるが、そんな無邪気な冒険心も捨ててはいけない。(中略)そうしよう。前途を信じて旅立とう」

「私は後戻りしない、足踏みしない、前に進むのだ、とおまじないを唱えると、一歩踏み出す勇気が湧いてくるだろう」

「女性の全盛期は50代の後半だ。(中略)それまでの家族中心主義に、人類愛がとってかわり、わが子の泣き声に痛んだ胸は、貧困と病気に苦しむ人々の悲痛な泣き声に痛むようになる」

おぉ、こう書き写しているだけで元気が出てくる…(←めちゃ単純)。チェンジ(人生の転換期)を最大限に活かした先輩たちの声に勇気りんりん、ってなりませんか?

やはりエネルギーは筋肉といっしょで使えば使うほどよいみたい。「わくわく2本立て」をもっと楽しもうって張り切っているお嫁でございます。

人気blogランキングへ ←Banner_04すてきな週末をね。プチッとよろしく!

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

わくわく二本立て大賛成

拝啓浪花嫁さま

今日はうちのDinnerはハンバーガー。マイハズ特性バーガーを作る予定。そして、冷蔵庫を開けてみたら、なんとま〜、おはじきサイズのハンバーグが下ごしらえしてあったの。かわいいのなんのって。最近の「離乳食」の本をみて驚いたのなんのって。だって、「ホタテのリゾット」なんてのが離乳食のメニューにあんのよ。オイラが子育てしてた頃は、お味噌汁の派が芋をオイラの口のなかでクチャクチャかんであげたりしていたよ〜な???きがするわ〜。

日本人の女性が平均寿命が今年も一位で86歳かなんかだったでしょ。それはいいことだけど、女性の社会参加率ってのが、32位で先進国の最下位。どうしてなんだろう?っていつも思っちゃう。日本人のお母さんの作るお弁当の素晴らしさには目を見張るものがあるけど、離乳食だって凄いもの。世界の母達に見せたらメームクゼー!思っちゃったわよ。

そうなの、子守りって身体は忙しくって忙しくって仕方ないくせに、頭は退屈しちゃうもの。赤ちゃんは可愛いし、子供は面白いし、いくらでも遊んでいたいと思うわよ。でも、やっぱり、「わくわく二本立て」で行かなくっちゃ。母にも知的欲求ってもんがあって、それが満足できなくって、きれいな弁当ばっかり作っていたって、素敵な離乳食ばっかり作っていたって、新聞を読む間もニュースを見る間もない状態はやっぱり変。

核家族になる前はジーちゃんバーちゃんが子守りしたりして、家庭に手がいっぱいあったけど、今は全部母の手にかかってる。かわいそう。オイラは死ぬほど忙しかったかもしれないけれど、やっぱり、仕事と子育て両方やっててヨカッタ。本当に良かった。だって、仕事のない時に、思いっきりボンと遊ぶことを楽しめたもの。これが、一日24時間、365日ってことだったら、ボンと一緒の時間をそんなに「有り難い」とは思えなかったと思うんだ。日本の女性はやっぱり「かわいそう」。女性の大学進学率はたかいのに。学ぶだけ学んで、実際に社会にでないで「子育て」に追われちゃう。これももったいない!時間にメリハリ、持たせたい。

マサイシューズですか?しりませんでしたな〜?オイラはキッチンサンダル(プラットフォームシューズ)を履かないと、キッチン仕事が出来ないんだけど、マサイシューズに切り替えようかしらん?しかし、300ドルか?ちょっとね〜?お嫁の成果が出たらということにしようかしらん?で、先生をお迎えするのもマサイシューズを履いたまま?うけるぞー!

人気blogランキングへ←風邪がなおりかけのシュート女にどうぞ、力のプチリを!Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月14日 (水)

世界最小のフィットネススタジオ

拝啓シュート女さま

Img_0528 ←正解はこれッ!MBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)のサンダル。   

  MBTシューズは履くだけでピラティスの効果があるとか。

  参照:MBT - Masai Barefoot Technology

購入には悩みましたよ~。だぁって

1)高いッ!なんと3万円。しゃんまんえん、ですよ、あぁ~た。

2)ダサいッ!こんなダサいの浪花のファッションリーダーお嫁が履くわけ?

っちゅうことで悩みましたが、「世界最小のフィットネススタジオ」というキャッチコピーにクラッときて購入。こんなお高い靴、初めてこうたわぁ。ヨガやピラティスのスタジオに通う時間とお金を考えれば、(効果があるのであれば)コストパフォーマンスが高いと踏んで決断。これを履いてせっせと家事をすれば(ダサいのでお家のなかでしか履きまへん)効果があるかも?

3日間履き続けた感想:

1)姿勢が良くなった(気がする)

2)腹筋・背筋に常に適度な負荷がかかっている(ような気がする)

3)足裏の筋肉が伸びて気持ちが良い

4)いつもバランスボールに乗っているいるような感じ

約2年履き続けているという女性は

「ヒップの位置が上がり、腹筋が割れてきた」って言っていたけれど。そうなることを期待しましょうか。

「おっぱいマッサージ」…懐かしい。すんごくお世話になりましたよ。マッサージとマッサージをしてくれた助産師さんたちにどれほど助けられたか。マッサージをしてもらいながらのおしゃべり、そりゃ楽しかったしタメになりましたわ。えぇ、シュート女さま、ぜひ習ってくださいよ。どんなに医療が進んでも、おっぱいマッサージは永遠です…。

今日はジュニアの初の家庭訪問。どんな感じかな? ねぇ、カナダでも家庭訪問なんてあるのかしら? MBTサンダルを履きながらせっせと掃除をして先生をお待ちしますわ。

人気blogランキングへ ←Banner_042年後ナイスバディのお嫁に応援プチリを!

| | コメント (0)

2008年5月13日 (火)

オッパイマッサージ♪

拝啓浪花嫁さま

はてまた、突然話題は「乳もみ」ということなんです。「ブレストマッサージ」と言った方がカッコいいかもしれないけど、要は「母乳で子供を育てましょう」ということなんですね。

最低半年間母乳だけで育った赤ちゃんは、総合能力でIQが5.9ポイントも高いと言う結果がでたそうだ。カナダ政府は「母乳」で育てる事を進めている:と言う記事を読んで思ったんだけど、日本じゃ、お産の時に一週間病院にいる間に看護士さんとかが、なんとか母乳が出るようにマッサージしてくれるでしょ?アッツイタオルでオッパイを温めて、キュッキュってマッサージしてくれると、ピュピュってお乳が噴水のように飛び出してくる。そして一週間後に家に帰される時にはちゃんと母乳が出ているし、そして止める時だって、乳腺炎にならないようにマッサージでジョジョに止めて行く。

こちらじゃオッパイマッサージなんてしてくれないで、ハーブでできたお薬を実嫁はもらっていたし、止める時だって、痛くて仕方がないらしい。それで、医者に行くと、ウルトラサウンドで乳腺が詰まっているかを見極めて、お薬をくれて止めるらしい。

そして、オイラは思うのです。どなたかオイラに「オッパイマッサージ」を教えてくださる方はいないかしら?オッパイマッサージをしてくれる人が身近にいたら、実嫁をはじめ、日本人ママだけじゃなくって、カナダ人のママ達だってどんなに助かるか知れないだろうに、、と思うのです。

マサイと言えば、「走る」足腰でもって、健康増進。これはズバリ、「トレッドミル」でしょう!一日どれくらい歩く/走っているんでしょうかね?30分?

人気blogランキングへ
←今日は、気持の良いほど良く食べるベィビーにプチリ!

| | コメント (0)

2008年5月12日 (月)

さよならをする日まで

拝啓シュート女さま

墓談義、おもしろうございました。

うんうん、分かります。お嫁も、会ったことのないご先祖さまと一緒に暗くて狭いスペースで眠らなければならない(しかも広島の田舎)と思うだけで、なんだか閉所恐怖症になりそうだもの(←ごめんね、ダーリン)。

だから散骨をお願いしているの。大好きなジェリコビーチかスタンレーパークにちょろりと撒いてねって。ジェリコビーチ辺りをふわふわ漂えると思うだけで嬉しくなっちゃう。あっこの春に行って大好きになってしまったポルトガルのポルトの運河にもちょいと撒いて欲しいなぁ。イタリアにも撒いて欲しいし・・・。こりゃお葬式代はいらないけれど(お嫁は葬式・戒名無用派)、散骨代にお金がかかりそう。

まぁ死後よりも、死ぬまでどう生きるかが大切。「さよならをする日」までしっかりとした足腰、瑞々しい心、そしてできればそれなりの美貌(?)を維持したいと切に願うばかりであります。

願うばかりじゃあかんので、健康のためにお嫁は昨日投資をいたしました。

さてシュート女さま、ここで質問です。嫁が昨日思い切って購入したものはなんでしょう?

ヒント:健康増進・足腰・マサイ

お分かりでしょうか?

今日は締切ですねん。大変ですねん。だから今日はこれで失礼あそばせ。

人気blogランキングへ ←Banner_04さよならの日までブログを続けたいお嫁にプチリを!

| | コメント (0)

2008年5月11日 (日)

墓だんぎ

拝啓浪花嫁さま

きょうはね、会社で耳にはさんだ会話を:

U「うちの母が亡くなったんだけど、私たち家を売ってタウンハウスに引っ越したばっかりだから、母の家具をどうしたものか、、、?」

A「うちなんか、家具どころじゃなくって、父が死ぬ前にお墓の土地を母と自分のために買っておいたんだけど、父が死んだ後、母はべつの男と再婚したから、父の横に埋められたくないって言ってるんだけど、、、」

U:「え?、じゃ、そのお墓フリップすれば良いわよ。どこにあるの?WestVan?じゃ〜、今じゃそれこそ、凄く高くうれるわよ〜。」

ア:「じゃ〜、父の横にはどこの誰だか知らない人が横たわる訳?でも高くうれるならね、、、」

そうなんですね、最近じゃ、家族に伝わる家具も生活習慣が変わっちゃって、現代的な住居にはあまり似合わなくなっちゃったし、お墓だって、死ぬ間際にはどの人と一緒にいるかわらないんだから、家族にあまり「残しもの」はしないほうがいい。

日本ではもっと恐ろしい。夫の「〜〜〜家の墓」の下のくら〜くて湿っぽい穴蔵に、先祖代々の殆ど知らない人たちと一緒に埋められて、ジトーーーーット一生、いや、死ぬまで、イヤ、再度生き返るまで過ごさなくっちゃならないなんて、、、、そんなこと考えた事あるかしらね、お嫁さま?

最近じゃ自然葬ってのがあって、どこかに灰をまいちゃって「おしまい」らしいけど、そっちの方が、穴蔵の窒息感はなくってオイラにはあってそう。波にのって、風にのって、アチコチ、ヒラリヒラリと飛んで行く。楽しそう♪

さてね、実はオイラはパンダを見た記憶がない。ボンの子供のころも、いつも井の頭公園ですなせていたので、上野の動物園に行ったことあったかな?ってないいかげんな母なんだけど、そのうちベィビーをつれて、本場中国チェンドゥーにパンダを見に行きましょうかね♪

人気blogランキングへBanner_04実はパンダ見た事のないシュート女にプチりね!

 


| | コメント (0)

2008年5月 9日 (金)

わくわく2本立て

拝啓シュート女さま

そうですか、カナダでも産休後の職場復帰って大変なのね。

それでも以前は「子どもか? 仕事か?」の二者択一だったけれど、いまは頑張れば(そして周囲のサポートがあれば)どちらも手に入れられるものね、有難いことであります。

このブログで何度か紹介した勝間和代さんなんぞ、シングルマザーで3人の子どもを育てながら着々とキャリアアップしている。「子ども、キャリア、高収入」が実現可能って身をもって示している彼女は、これから社会に出て行く若い女性のロールモデルのひとりでしょう。

かなりトウが立っているお嫁もすごくインスパイアされちゃって、勉強やら読書が楽しくてしかたがない。少しずつでも自分の成長を感じれることほど嬉しいことはありませんなぁ。

今週の日曜夜、人気番組「情熱大陸」に勝間さんが登場(情熱大陸のサイトの予告)。すごく楽しみ。また単純なお嫁はひとり盛り上がっちゃうはず。まぁ刺激はいくらあってもいいもんね。

仕事が4本、翻訳オーディション2本を抱えてヨロヨロしながらも楽しい毎日。子育てのわくわくと仕事&勉強のわくわくが同時に楽しめる「わくわく2本立て」。「今がいちばん贅沢なとき」と思っているお嫁。(←たぶん5年後も10年後も同じようなことを言っているはずだけど。お嫁はいつも「今がいちばん」と思える幸せなヤツです)

このわくわく感に水を差すヤツ、それはフクダ君。パンダを貸して貰ってにやにやしている場合やないやろ。「あんな白黒動物いらん。毒入りギョーザのことはどうなってんねん? チベットをどうする気やねん。オリンピックで浮かれている場合やないやろがっぁ。開会式なんぞ行ってやらへん」って言えんかい?

人気blogランキングへ ←Banner_04実はパンダ好きのお嫁にプチリを!

| | コメント (0)

2008年5月 8日 (木)

バランスライフを主婦にも!

拝啓浪花嫁さま

世の中には凄い人がいるんですな〜。というのが「春山満さん」に感じ入ったシュート女の感想です。そうやって、「誰でも良いから」って人を殺す人もいれば、ポロポロと自殺する人々。最近やたら、多すぎない?でもこうして、自然淘汰して、「生き抜く」人だけが残っていくのかしらん。しかし、今の日本には「生き抜く」っていう緊張感がないんでしょうね。でも、それは恵まれたことなんだから、その恵まれた環境をうまく利用すれば、世界がよくなっていく。そうだね、「生きて、生きて、生き抜こう。」いい言葉です。すごくいい。ええ、ええ、勉強したい。学びたい。

さて、うちの半地下に若いカップルが住んでいて、10ヶ月の赤ちゃんがいます。で、12ヶ月の産休もあと二ヶ月。彼女の両親は勿論りこんしていて、お父さんがバンクーバー、お母さんがトロントの方とカナダの両端にいるんだけど、お父さんはまだまだ、「現役」ふうで、遊び人ふうのかっこよさを持っている感じの人で、しょっちゅう娘と孫を訪ねて来ているの。それで、3歳と5歳くらいの女の子づれ。この子たちはお父さんの再婚相手との間にできた子供達で、10ヶ月のセイディーのおばさん達ってわけ。え〜と、だからね、このお父さんはとても「じいちゃん」という役目ははたせなさそう。かといって、まだ小さい子供たちのいる、ステップマザーに「子守り」をお願いするわけにはいかないでしょう。だから、母の住む東海岸に転勤願いをだすかもしれないそうだ。洋の東西を問わず、子育てにはやっぱり「手助け」が必要ってこと。カナダのように産休がキチンととれる国でも、産休あけで職場にもどるのは大変そう。

それと、あと、24時間赤ちゃんと一緒という生活は、それはそれは並大抵じゃないということをベィビーの滞在でお思い出しましたよ。Go with the flow.というけれど、すべてがベィビー次第。昨日はマイハズのお誕生日でレストランに行ったけど、もしかしらた、家で食事するのが一番楽♪実嫁は新聞を読む間どころか、テレビのニュースをみることもなく、パソコンなんて開ける気力もありゃしない。

それでも、昼寝から目覚めたベィビーが「ニコリ」とするのを見ると、周りはみんなメロメロ。ね〜、お嫁、ジュニアーがまだ赤ちゃんだった頃、お仕事はどうやっていたんでしょう?翻訳家は家で仕事ができるから、子供が病気の時とかはいいわよね?でもそれでも、よく、「お仕事」をやりこなせたな〜?

母が仕事を続けるって、やっぱり、大変。だから、おそらく、子供をつれた母達は公園とかコミュニティーセンターとかでお友達になれるんだと思う。そりゃ、共通話題はあるし、子供/赤ちゃん とだけ何日も何日も過ごしていたら、いくら可愛くったって、「気狂いそー」になる時あるよね!でもね、そういう母達が集まってプラスな会話に花咲けばいいけど、マイナス会話、つまり人様のウワサ話になると恐ろしい!と、、。やっぱり、仕事と子育てが両立できる社会になるのが良い!と思う今日この頃でやんす。

人気blogランキングへ ← 子育て主婦にも「自分の時間を!」と思う方、プチリとお願い!Banner_04

 

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

「生き抜く」という原始の力

拝啓シュート女さま

そうなの、硫化水素による自殺が次から次へ。若者がポロリポロリと死んでいく感じです。

あのね、死者に鞭打つのもなんですが、現在の日本で死を選ぶ若者には「生き抜く」力がなかったと思う。不況やらなんやら言われてもまだまだ物質的な豊かさの飽和状態にある日本で死を選ぶのは、心に弱さがあったから。もちろん、これは死を選んだ人たちだけでなく、いまの日本人全体に言えることだけど。

シュート女さま、春山満さんっていう方をご存知かしら?

24歳で難病(進行性筋ジストロフィー)を発症。自らの体験とネットワークを活かしたバリアフリー関連機器の開発、商品企画コンサルティングのほか、医療機関の福祉プロジェクトも多数手がけている福祉・介護ビジネスの鬼才。

彼の本を読んでいると悩みなんぞ吹っ飛びますぞ。

実家は没落。借金あり。実績なし。難病のおまけつき。それでも生きて生き抜いて、現在、首から下の機能が全廃になっても、ビジネスのかたわら日々コンサルティングや講演活動に飛び回っているのですぞ。

ねっ、凄い人でしょ?彼の著書「闇に活路あり」(←なんちゅうぴったりのタイトル!)に

日本はいま、豊かさと安全と、物の飽和状態の陰で、ストレスに弱い体質に変わってしまった

とあるの。なるほど思いません? 家庭教育の根本は人間が本来もっている「生き抜く」力が損なわれないようにサポートすることだなって改めて思いますわ。

今夜は久々に「闇に活路あり」を読み返そうっと。

ご興味があれば春山氏のホームページをご覧あれ:春山 満 のグッドタイム

この連休でたっぷり遊びたっぷり本を読んで気力体力充実のお嫁。新しい勉強法や仕事の進め方を試したいし、勉強したいことがまたいっぱい出てきたの。春山氏には到底およばないけれど生きて生きて生き抜きたいと思っているところであります。

そうそう、シュート女さま、「持ち時間が少ない」とか「ババちゃん」なんぞという表現、ちっともお似合いではありませんぞ。お楽しみはこれからよん。

人気blogランキングへ ←GWも終わり。張り切ってポチっとね!Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月 6日 (火)

なんで、皆死んじゃうの?

拝啓浪花嫁さま

そうね、ジュニアが親よりお友達のほうが良くなるのも後数年か?しかし、小学生まではなんとか、、、イヤ、やっぱり、5年生くらいからはやっぱりお友達優先。いや、「母とお出かけなんて友達の手前出来ないよな〜、僕男の子だし。」ってな具合になるんだよな。そう、だから、今のうちです。

さて、「硫化水素自殺」の数字を見た時には信じられなかった。自分の目をうたっがって、もう一度、その数字見直しちゃった。だって、53人って数字がたった一ヶ月間に「硫化水素自殺」を計った人の数。インターネットの力も凄いけど、日本の流行の先取り力にもおそれいるわ。みんながルースソックスってのを履けば私も履いちゃうし、皆が自殺するから私もちちゃおう。ってのかしら?

インターネットの書き込みを規制しようがナニしようが、そんなもん、また別の方法を考えつくに決まってる。ダイイチ少子化で「若いモン」はダイヤモンドのように貴重な存在。どうしてくれますねん?といってもね、オイラが思うには「根元から」なんとかせねばダメ。ー「生きる」って素晴らしい。今は辛くても、人生一度、やってみようじゃないの。って若いモンに思ってもらえるような生き方を大人が示してみなくっちゃ。

「かったるいな〜、もう死んじゃおうか。」なんて思わないでよね。もったいないじゃないの。せっかくもらった「時間」どう使おうと君しだい。「そんなもんいらね〜。」なんて言わないでよね。せっかく若いんだから、いっぱい「未知」という未来時間があって、どう使おうと君しだい。うらやましいたらないわね!いらないなら、オイラにちょうだいよ。もう、持ち時間が少なくなって来ちゃってるけど、でも、これからアレもしたい、コレもしたい、なんて気ばかり焦るババちゃんオイラですの。

翻訳家ってGWなんてないんだとを持っていたけど、作れちゃう優秀な翻訳家もいるんだね。プライオリティー訓練が行き届いているんでしょうかね?秘訣をおしえてちょうだい。

人気blogランキングへ ← 時間の無駄も税金んお無駄も止めましょう!無駄なくプチリといきましょう。Banner_04


| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

ゴールデンウィークはおとなしく?

拝啓シュート女さま

キャハ、ベビーちゃんは凄い。「何人お孫さんがいらっしゃるの?」と訊かれるほどの騒々しさなのね。

シュート女さまが我が家のパソコンルームでメールチェックをされているとき、何人のタイピストがおんねん?っていうぐらい賑やかだったことを思い出しましたわ……bleah

保険制度については知れば知るほどむかっ腹が立ってくる。ホント、弱者を切り捨てる残酷な制度をよくぞ考えたもんだ。無駄な道路やダム作りをやめて、その分を医療にまわせばええやんと考えるお嫁。やっぱりわたいが政権を握るべきか……。

いま日本はゴールデンウィークの真っ最中。

ポルトガル旅行と広島帰省で財政がちょいと(かなり)厳しいお嫁一家。だからGWはおとなしく過ごしております。

3日は長居スタジアムにサッカー観戦。4日は散歩を兼ねて本屋・おもちゃ屋めぐり。5日の今日は高野山へ。明日も和歌山に遊びに行くつもり。

……どこが「おとなしく」やねん。

やっぱり出好き遊び好きですな。

本当は仕事がありますねん。しかも3本も。ダーリンは「僕がジュニアを連れて遊びに行くから仕事をしたら?」と言ってくれるけれど、いやいや、一緒に行きまっせい。少し前ならダーリンのお言葉に甘えていたけれど、日に日に自立心が強くなっているジュニアを見ていると「3人でお出かけ」できる日々が残り少なくなってきている予感があるので、仕事なんぞほったらかし。連休明けが怖ろしいけれどね。

では行って参ります。

ファイスティ・ベイビーちゃまによろしくheart

人気blogランキングへ ←GWも後半。皆さんも楽しんでね!プチリもよろしく!Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月 4日 (日)

ワンワン健康保険

拝啓浪花嫁さま

まあ〜、なんて芸術的な楽しいお弁当なんでやんしょ?きっとジュニアは鼻高々でお弁当のふたを開けたわね♪かけてもいいわ!なんて夫婦仲、家族仲のよいこと!うらやましい〜。うちのベィビーは下のテナントに「何人お孫さんがいらしてるの?」って言われるほどの強者。一時も静かな時はないざんす。でも、そのうちうちの実嫁とボンが腕をふるって、芸術的なお弁当を作る日がきっとくるだろうな????とオイラも楽しみ。

ところでね、この間の「健康保険」。日本の優れものの保険もダンダン変化してるんだね〜?そう、最長寿国日本。安心して歳くらいとらせてもらいたいよね。

カナダもね、ダンダン出生率が落ちて来ているのね、で、ペットブーム。うちの会社にはミスティーってゴールデンラボが、時々スティーブと一緒に出社してくるし、ココっていう小さな小さな、なんていう種類かしら?が肩からはスッ掛けに赤ちゃんをいれる、だっこ紐?見たいなものの中に入って、車いす(電気スクーター)にのっているベブのお腹のへんにチョコンと寝ているし、サラのは極めつけ、お家の玄関ホールにおおきな犬の柵があって、その上あたりに防犯カメラのようなカメラが取り付けてあって、それで犬Majaを移していて、それが絶えず、彼女のブラックベリー(高度な携帯コンピューター)に絶えず届き、それを自分のコンピュータに転送して監視しているの。オドロキ、桃ノ木山椒の木。なんと彼女のコンピューターの隅っこには、ドックヲーカーがドアを開けて入ってくる様子とかが手に取るようにみえているのよ。

それにうちの小さいマンションのほうのテナントは犬をデーケアーに連れて行くし、なんだか、最近では「お犬さま」のほうが、「老い様」より良い待遇をうけているみたい。

さて、こういう「お犬さま」が病気になると会社の保険も、州の保険もきかないでしょう?で「大変でしょう?」と聞いてみたところ、犬を飼うと人々は健康保険を買わなければいけないらしい。ライアビリティーが発生するかららしい。でも、人間の保険よりはず〜っとお安く、一ヶ月20ドルから30ドルの間らしい。

ヒラリーも、オバマも、「国民健康保険」を導入することを掲げているけど、犬も人間も健康あっての命だもの。

社会の仕組みの中で、やっぱり、健康保険は最優先にしてもらわないと。身体あってナンボでしょう。それに続くは「教育」とかいろいろあるけど、まずは、けんこうです。

人気blogランキングへ ← 健康保険の無駄遣いはやめて、健康保険の維持に賛成の人はプチリとおねがいしま〜す。Banner_04

 

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

夫婦&子育てプロジェクト

拝啓シュート女さま

Img_0501 ←お分かりでしょうか? ご飯のうえに「ケロロ軍曹」がいるでありまっす!

 注:ケロロ軍曹とは地球侵略にやってきたカエルそっくりのケロン星人。

             子どもにも大人にも人気のアニメ。ただいま我が家で大ブーム。

昨日5月1日はわが夫婦の結婚記念日であり、ジュニアの遠足の日。イベント好きの我が家は朝5時過ぎから大興奮。

「ご飯のうえにケロロを描いてね」というジュニアのリクエストに応えて夫婦でがんばりましたぁ。と言っても、お嫁はおかず担当。手先が器用なダーリンが3色の卵焼き(黄色:黄身、白色:白身、緑色:青海苔入)、海苔、片栗粉(←接着剤代わり)でケロロ軍曹もどきを作製。もちろん、トレードマークの黄色い星(ケロンスター)も胸に燦然と輝いておりますわよ。ダーリンよ、お疲れさま。

もちろん、ジュニアは大喜び。

そのとき「うちの親、こんなに張り切ってお弁当を作ってくれたっけ? なぁ~んか、いっつも同じような地味なお弁当だったな。ジュニアよ、君はなんと幸せなんだ」って思ったの。でも次の瞬間に気づきましたわ。

こんな風にお弁当を作っていちばん喜んでいるのは私たち夫婦だわ

って。

そうなのよ、子どものためというよりは自分たちのため。子育てという一大プロジェクトを大いに楽しんでいる私たち。短い子育て期間、楽しんでナンボだものね。しっかり楽しんだらジュニア独立のとき、爽やかにお別れできないかしら?どんなもんでしょう、シュート女さま?

結婚丸8年。9年目に突入した我々。これからも「夫婦&子育てプロジェクト」をしっかり楽しみたいと思うお嫁。ダーリンよ、まぁいつまでもつか分からんけれど、とりあえず9年目もよろしくね。

シュート女さま、えぇ、保険制度についてはしっかりと勉強するつもりです。医学翻訳のエキスパートをめざしているのだから保険制度も押さえておかなくっちゃね。さまざまな矛盾点・問題点があるはず。またこのブログで論じてまいりましょう。

人気blogランキングへ ←明日から本格的なGW!ワクワクプチリをよろしくね!Banner_04

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

役に立ちそうな廃品達

拝啓浪花嫁さま

今日はね、カテゴリーを「もったいない」にするか「住まい、インテリア」にするかまよったんだけど、やっぱり「もったいない」にした。

この前のお嫁の「小さい事はいいことだ」でも思ったけれど、引き出物をなんとか小さなプラスティックカードの「ギフトカード」一枚にして、それで気に入ったものを買いたいな。引き出物ってケッコウ趣味悪かったりするし(失礼)、いただいても、、、でも捨てるのもったいないから、押し入れのすみに押し込んでおいたりするのね、、あ〜、物もスペースも「もったいない」。

というのもうちのガレージがチャクチャクと日々様子をかえて、「離れ」の様相をなしてきているんだけど、いっぱいまだ使えそうな、材木や棚や百年前のオリジナルウィンドウの残りや、メキシカンタイルの残りとか、まあ、あれやこれや、皆捨ててしまわなければならないでしょう。それこそ、捨てるものの山。あ〜もったいない。まだ使える物ばかり。あ〜もったいない。って思う気持にうち勝たなければ、キチンとスッキリ暮らす事なんかできないんだよね。

「捨てる」って本当に苦手なオイラの胸は痛みます。じゃ、もらってくれる人々を探すっていったて、時間の余裕がない。もうしょうがないから捨てましょう。会社をやめたら、一日5個のものを捨てることにしたって、この家はスッキリするまでには随分と年月がかかることでしょう。などとおもいつつ、目をアチコチに、、、。

もう少し、力があって大工仕事に理解があったらこういう廃品でいっぱい役に立つものをお庭ひつくれるのだがな〜、と廃品の大山を眺めてため息ばかり出てしまう今日この頃でやんす。

役に立ちそうな廃品達って、なんかちょっとだけ、老いたオイラたちの世代の人たちに似ているような、、、。使いようによれば、絶対役にたちそうな物/者達なんだもの。

そうそう、是非、「医療制度」のお勉強おねがいします。74歳までの前期高齢者は医療費はらうのかしらん?今までも払っていたのかしらん?教えてくださいな。

つわものベィビーに日々振り回されているオイラ達。実嫁は三つ子を育てているみたい。声がダイイチすごいでかいの、身体は小さいんだけど、、、♪

人気blogランキングへ ←可愛いベィビーヘイヘイ♪プチリと有り難う♪ Banner_04


| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »