« ベィビー旋風更なるちから♪ | トップページ | 役に立ちそうな廃品達 »

2008年4月30日 (水)

残酷な国?

拝啓シュート女さま

ほほ~ベビーちゃんはなかなかのツワモノですな。まさしく隔世遺伝。将来が楽しみだぁ。

そうそう、いまはベビー台風に巻き込まれて楽しんでください。お嫁も、最近富に自立心旺盛になってきているジュニアの「自我」台風を楽しんでおりまする。

さて、今日は広島帰省報告の第二弾を。

法事のあとの食事会でいちばんの話題は・・・そう「後期高齢者医療制度」。

シュート女さまはご存知かしら。後期高齢者とされる75歳になったら(ちなみに65~74歳は前期高齢者と呼ばれる)新たな医療制度に加入することになり(←強制加入だす)、保険料が年金から天引きされるのよ。年間7~10万円の保険料を支払うことになるので、つまりそれだけ年金が減るっちゅうこと。

広島親戚軍団の声:

「そもそも『後期高齢者』っていう響きがいや。ものすごい年寄りになったみたい」←こういう声が多いから「長寿医療制度」っていう名称に変わるそう。

「頼りの年金が減るから老後が心配」「お国は年寄りに早く死ねって言っているようだ」←こうした意見が圧倒的。

シュート女さま、日本って国はいつのまに敬老精神をなくしちゃったのでしょう?

75歳以上っていったら、戦前・戦中・戦後にいちばん苦労した世代じゃないですか? 男性はお国のために出征し、女性は銃後を守り、身内を失う苦しみを味わってきた世代。なんでそうしたお年寄りを大切にせず、勝手に医療制度を決めて頼りの年金を減らすわけ?

どんなことがあってもお年寄りが安心してゆったりと老後を過ごせることを第一に考えるべき。そのためならお嫁も税金をもっと払いまっせ(←あまり嬉しくないけどね)。

どうしてこんな残酷な国になってしまったのか……。 

3日から始まる本格的なゴールデンウィークにこの医療制度のことをもっと勉強しようと考えているお嫁であります。また報告しますね。

人気blogランキングへ ←お国に腹を立てているお嫁に賛同を!Banner_04

|

« ベィビー旋風更なるちから♪ | トップページ | 役に立ちそうな廃品達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベィビー旋風更なるちから♪ | トップページ | 役に立ちそうな廃品達 »