« ポルトガル紀行・帽子編 | トップページ | ポルトガル紀行・地の果て編 »

2008年4月15日 (火)

おいらはメロメロのババ♪

拝啓浪花嫁さま

のお目目のジュニアとダーリン♪お二人ともとても決まったお姿で、お〜なんと素敵な御写真よ!これはキチンとKEEPの一枚ですな〜。とてもお茶目なポルトガルのおじさん/おばさんの様子が目にみえるよう。こういった一寸した出来事のほうが、博物館や美術かんや、日本だったらお寺に神社めぐりよりもず〜と思いでに残るんだよね。オイラも出張でロンドンに行った時、たったの2時間の空き時間で二階建てのロンドンバスでぐるりと観光巡りをしたけれど、どの建物もみんな博物館なみで、どのガーデンも公園みたいで、これと言える記憶は何にもないの。でも、仕事の一日を終えてロンドンの同僚が連れて行ってくれた、迷路みたいな裏道りの小さなパブに、ネクタイをちょん切ったものがズラリとならんでいてたのが今だに頭から離れない。「旅の小さな思いで集」をいつか二人でつづってみましょうか?楽しいだろうな〜。

この週末はホントにあったかな初夏並みの陽気だったので、マイハズと二人で肉体労働をしましたよ。うちのお庭には小さなお家のようなガレージがあって、でも何故か車はドライブウェーに止めている。何故だろう?ただ面倒だからね、きっと。でそのガレージをハンディーマンのおじさんに御願いして、ゲストルームけんお遊びルームけん、私のオフィスけんなんて「離れ部屋」に変えようと思っているんでやんす。ま、シャワーとトイレをどこに作るかが問題だけど、あの小屋は暖房設備も電気設備もあって、あけておくにはもったいないでしょう。スペースがあればあるだけ、要らないものがたまってしまって、そのガラクタを処理するには良い機会。HomeDepoで小さな出来合いの物置を買って来て、BackBackヤードにチョイトおいて、芝刈り機などのお庭用品を収納すれば後はいらないもばかり。シンプルライフを目指しているわりには、いらないものがどっさり。土地だけはいっぱいあるから、物置をおくぐらいどうって事ないし、、、。

てなプロジェクトを始めたのは陽気のせいもあるけれど、大きな家のわりには上と下を貸しちゃっているからね、そんなにユトリスペースのある生活はしてないの、、なんてこれもまたカナダ化現象のひとつかも。

でもね、実嫁とベィビーが長期で遊びに来てくれる事になったので、彼らが居心地の良いように、実母でないオイラに実嫁が気を使わないように、「離れ」アイデアを出してみたら、マイハズは大喜びですぐにハンディーマンのレイに電話してくれた!何故って、マイハズはベィビーの大のファンなの。もっと早くにこの計画をたてていればよかったのにぃ−1って思うけれど、ここにきてやっと一息つける生活に戻ったのだからしかたがない。忙しすぎるのは丁寧に生きられなくってイヤだわね。「いつまでも」ベィビーと、、、という無理はいわない。でもすっごく楽しみにしてるからね〜♪

ウェブキャムで見るたびに、それはそれは可愛くなっているベィビー。理屈抜きで可愛い♪神様、ベィビーを私たちのもとに授けてくださって、どうもありがとう。どうぞ、このベィビーを御守りください♪

人気blogランキングへ ←今という時を大切にの思いで、プチリもお願い!Banner_04

|

« ポルトガル紀行・帽子編 | トップページ | ポルトガル紀行・地の果て編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルトガル紀行・帽子編 | トップページ | ポルトガル紀行・地の果て編 »