« ポルトガル紀行・地の果て編 | トップページ | お嫁、ジョーシキを学ぶ?:その1 »

2008年4月17日 (木)

ウキウキ、わくわく♪

拝啓浪花嫁さま

旅の空気をいっぱいありがとう。おいらまで「旅がしたい!」なんて思ってしまった。青い海のかなたには何があるのか、、未知にたいする「ウキウキな気持」って、歳をとるとダンダン減っちゃうみたいでけど、若い頃、いや子供の頃には新学期がはじまったり、新しい恋人ができたり、はたまた新しい仕事についたり、未知の出来事にぶつかるたびに、「不安」と「うきうき気分」に出会っていたでしょう?旅ったって、本当のバックパッキングで明日はどこに泊まるかも解らず、どうやって次の土地まで行くのかも解らず、こんな旅だと「不安」はいつもつきもの。日本式のしかれたレールにのっかった人生じゃなくって、自分で切り開いて行く人生は、いつも「不安」だけど、必ず「ワクワク」がくっついている。

歳をとらない秘訣は、おそらく、どこまでこの「ワクワク気分」を持ち続けられるか、ってことじゃないかしら。だから、あんまり有名になっちゃったり、裕福になっちゃったりすると、危険や不安と一対になっている「ワクワク気持」をもてなくなっちゃうんだと思うの。有名でもなく、裕福でもないオイラのヒガミかしらね?でも、昔はあの人もっと「面白かったのに!」なんて人周りにいな〜い?え?皆そんなもんだって???つまりね、新しい事に挑戦している時って、その人キラキラだし、本人もワクワク、ドキドキしてるんだと思うの。

お嫁よ、君はいつもいつも新しい大仕事に挑戦して、ワクワクの旅をして、勉強をし続けて、きっと君はいつまでも「旅のこころ」をもって若さを維持♪していけるんじゃないかな? そういう意味で翻訳ってお仕事はいいわね〜?だって、だって、新しい世界にいつでも挑戦することができるし、勉強し続けていかなくちゃならないものね!

オイラはやっぱり両方ほしいな、「仕事」の緊張と「旅」のワクワクと!

ポルトガル紀行:楽しみにしてまっせ!

人気blogランキングへ ← みなさんも、そろって一緒にワクワクでプチリ!Banner_04


|

« ポルトガル紀行・地の果て編 | トップページ | お嫁、ジョーシキを学ぶ?:その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルトガル紀行・地の果て編 | トップページ | お嫁、ジョーシキを学ぶ?:その1 »