« 買わずに使い切る! | トップページ | お仕事ってな〜に? »

2008年4月11日 (金)

ポルトガル・グルメ紀行1

Img_0410 拝啓シュート女さま

そうなの、今でもおはじきがあるのよ。どうも算数の計算の練習に使うみたい。小さなおはじき40個に学年・組・名前を書いてホッとしたところ、計算用ブロックが数十個あることが発覚。めまいがしましたよ~~~。

さて、うっとうしい話はこれまで。

今朝、ダーリンを見送りながらお嫁が言った言葉。それは…

「ポルトガルにまた行きたいよぅ」

そうなの、今お嫁はポルトガルに恋をしているみたい。あの風景にも空にも海にも建物にも歴史にも食べものにも。あぁ~次はいつ行けるかなぁ~、はぁ~(せつないため息)。

今日は日本で「エッグタルト」と呼ばれている「ナタ(Nata)」をご紹介。

ポルトガル全土で食べられている伝統菓子。でもね、ポルトガルで一番おいしいといわれてているのが、リスボンのジェロニモス修道院のすぐそばにある「Pasteis de Belem」のナタ。ジェロニモス修道院から伝承されたレシピを守り続けているらしい。

実はお嫁はパイやタルトが苦手。パサパサしてません? しっかし、ここのナタの皮のパリパリ感は違いまっせ。なにせ400℃で短時間焼くんですもの。日本では消防法で許可されていないそう。

もうパリパリのサックサク。そしてなかのクリームはトロリッ。焼きたてのところにシナモンパウダーを振って食べたときにゃぁ、もう「神さま、ありがとう」の一言でしたわ。

写真の真ん中がそのナタ。右のチョコレート色のものはジュニアが頼んだお菓子(←これが甘食そっくりの味)。

甘いのにしつこくない、いくらでも食べられる・・・。でも、このあと、カスカイス(すてきなビーチのあるところ)でおいしいランチを食べる予定だったので、1個でぐっとがまん(←お嫁はこんなときには理性が働く)。

お店の人はすごくフレンドリー。あぁまた行きたい。

このお店を出てしばらくしてジュニアが叫んだの。

「あっ帽子忘れたっ」

さて、その帽子はどうなったでしょう? それは次回・・・。

人気blogランキングへ 消防法を改正したいお嫁に賛同のプチリを!Banner_04

|

« 買わずに使い切る! | トップページ | お仕事ってな〜に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買わずに使い切る! | トップページ | お仕事ってな〜に? »