« お仕事ってな〜に? | トップページ | おいらはメロメロのババ♪ »

2008年4月14日 (月)

ポルトガル紀行・帽子編

拝啓シュート女さま

Img_0403_2  ←発見のモニュメントでポーズを取るジュニアとダーリン。1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して造られた、高さ52 m、帆船をモチーフしたモニュメント。エンリケ王子を先頭に、天文学者、宣教師、船乗りたち、そしてジュニア・ダーリンが続く…。ここからおすすめのナタのお店「Pasteis de Belem」までは徒歩10分。

そうそう、日本人の勤勉さはすごいよね。通勤時間ゼロのお嫁は、毎日毎日まじめに電車に揺られて出勤し、きちんと仕事をこなす方々に深い敬意を抱いておりますわ。

さて、ジュニアの帽子ですが…

お嫁が「Pasteis de Belem」に走って戻ったらお店の人たちがニヤニヤしている。そして人差し指で天井を差すポーズ。

「えぇ、帽子、天井にあるの? 飾ってでもいるわけ?」

と思って天井を見上げると、もちろん、そんなところに帽子はない。みんな、ゲラゲラ。

きっと「だまされた~ぁ」と笑っているのね。

照れ笑いをするお嫁。

ポルトガルの人って照れ屋さんが多いけれど、おちゃめさんなのね。さすがラテン系。

帽子はちゃんと保管してくれていましたよ。

なんだかマヌケな体験だけど楽しかったなぁ。

さて、ここベレン駅からカスカイス駅までは電車で、そこからバスに揺られてユーラシア大陸最西端ロカ岬に向かう我ら。

ここでまた不思議な人々と出会うことになったのでありました…。次回をお楽しみに。

人気blogランキングへ ←春ですね。眠たくてたまらないお嫁に応援プチリを!Banner_04

|

« お仕事ってな〜に? | トップページ | おいらはメロメロのババ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お仕事ってな〜に? | トップページ | おいらはメロメロのババ♪ »