« いざ郷愁の国ポルトガルヘ | トップページ | 「空き時間」の有効利用 »

2008年3月30日 (日)

今日は一言「家族」

拝啓浪花嫁さま

読者のみなさま、お嫁一家はポルトガルに出発してから今日で2日目。一体どの辺りをウロウロしてるんで残っしょ?ね〜?家族旅行ってのは楽しくてそしれでもって、年がら年中一緒だからツイツイうっとうしくなったりもしちゃうけど、大丈夫かしらね〜?なんて、ついつい自分に当てはめて心配なんかしているけど、それはそれ、喧嘩しようがどうしようが良い思いでになる事は請け合いだわ。今となってはボンと喧嘩したことだってとっても良い思いでになってるもの。

毎日読んでいただいている方々は、もうお解りかりと思うけど、お嫁は実にそしてさらりと「頑張って」しまう人。今頃は出版翻訳の最後の原稿を送った「のびのび感」をこころから実感しているんでしょう。良い事良い事。

バンクーバーは桜があっちにもこっちにも咲き始め、ソメイヨシノのようにうすいピンクのものや、八重桜のような濃いももいろのものや、いろいろな桜が一時に咲き始めるのが今頃の季節。昨日の朝ジムから出て来たら、なんだか、夢の中に迷い込んでしまったような妙な気分になってしまった。だって、桜はまだ咲き始め、だのにハラハラハラハラいっぱい何かが舞ってるの。はっと我に返って見れば、なんとそれは雪だったの。雪見で一杯、花見で一杯。両方をいっぺんにかたずけられそうな空模様。それがバンクーバーのempty

マイハズは今、まだ雪の残るトロントに出張中で、昨晩はまたまたWebCamで家族が一同にかいしましたよ。ベィビーは性格だけではなくって、容姿もオイラににて来たような気がするのはオイラだけだろうか?そうそう、あと一週間で彼女の一歳のお誕生日だから、マイハズはプレゼントを抱えてボン一家を訪ねたってわけ。もうケッコウあちこち歩きまわって、入ったお寿司屋さんでも物怖じせずに探検を繰り返していたらしい。うーん、頼もしい。でも、人さらいには気をつけようね。

WebCamという便利なものがあるおかげで、ベィビーがプレゼントの「ブーブー」を気に入ってる様子が手に取るようにわかるんだ。(女の子なんですよ、うちのベィビーは。でもなぜか縫いぐるみ系のお人形には今のところ興味を示さないらしい、、、の。)ボンもベィビーも最初の言葉らしきものは「ブーブー」。

ほんとは、WebCam通してじゃなく、この手で抱きすくめたいし、一緒にお昼寝もしたい。あんまり早く大きくならないでね!と願うババさまですよ。喧嘩したって、なにしたって、ソバにいるのが一番!とオイラは思うんだ♪ベィビー、いつか一緒に喧嘩しようね♪

人気blogランキングへ ← 家族を思うシュート女に慰めのプチリを!

Banner_04

|

« いざ郷愁の国ポルトガルヘ | トップページ | 「空き時間」の有効利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いざ郷愁の国ポルトガルヘ | トップページ | 「空き時間」の有効利用 »