« なめとんかぁ | トップページ | いざ郷愁の国ポルトガルヘ »

2008年3月27日 (木)

なめとんかぁ、その2

拝啓浪花嫁さま

あ〜た、そんな愛なんて大したもんじゃないけど、元気になってよかったー!やっぱり翻訳家は徹夜とかるんだよね。いつもなんだか、真央ちゃんじゃないけど、こんなもん楽ショーって感じでお仕事も生活もこなしているんだもの、、。真央ちゃんも凄い練習してると思うけれど、本番を見ているとちっともそれを感じさせない。そこがプロのすごさじゃない?

だいいちね、翻訳家にむかって「翻訳でも、、、」なんておこがましい事を言う、そういうふうに日本語がなんたるかもわからんで、そういう事言う阿呆にはダーリンのおっしゃるような優しい対応はしなくてもよろしい!そりゃ、医学論文を読みなれている医学生にとってやりやすい分野ではあるかもしれないけれど、、、それにしても、、、「翻訳でも、、、」ってのは日本語の根本を理解しとらんでしょ!教授に言いつけてやるから、その学生の名前を今度おしえてちょうだいね!

いやいや、翻訳のお勉強中のオイラにはとっても、「翻訳でも」なんて恐れ多くて申せません。そのうちお嫁の弟子していただける時が来るといいな!なんて思ってお勉強に励みます。

今日はまたちょっと不思議に思う事があるんだけど、東京都民の税金一千億円という想像もできない額の出資金で出来たあの新東京銀行に、更なる四百億円の追加出資をするってんでしょう?それでもって、サリンの被害者に今までに支払われた額が14億円で、被害者は国の援助を求めている。サリンのあった時オイラはまさに日比谷線上にある会社に勤めていて、部下の何人かがその場にいて病院に運ばれたりしたので、全く人ごとじゃないんだけど、オイラだってその被害者になっていたかもしれないわけで、、、、でね、この数字の「億」ってところの前についている数字が1000と400と14だよ。億といわれるととまどってしまうけど、
合計1400と二桁さがった14って数字のちがいくらいオイラだってわかりますよ。ね〜、都知事さんよー、エラそうな事ばっかし抜かしてないで、都知事としてさ、なんとかしておくんなさいよ。あー、いけ好かない都知事だこと。「自分かってな言い草ばっかりぬかす都知事」と「万事他人事」みたいな総理で良いコンビだこと!金を生かすも殺すもあんた達の手腕にかかってんでやんす。なんとかしておくんなせーよ!だいたいもともと都民の金なんだもん。都民をなめとんかぁ?

さーさーさーさー、ポルトガルの旅を明日に控えたお嫁さま一家、準備はできましたかな?
嫌な事はすっぱりわすれてたのしんでおいでなさいませ♪

人気blogランキングへ  ← 怒りのやり場のないシュート女に応援をBanner_04




|

« なめとんかぁ | トップページ | いざ郷愁の国ポルトガルヘ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なめとんかぁ | トップページ | いざ郷愁の国ポルトガルヘ »