« 学習意欲のもと | トップページ | mottaさん、ありがとう »

2008年3月14日 (金)

よく解らん?

拝啓浪花嫁さま

すっかり帰宅が遅くなってごめんなさい。それにしても、「家族ポルトガル旅行」はジュニアにとっては一生の思い出になるだろうな?ジュニアはスーパーママを持てて幸せ者。昔、ボンはオイラのことをスーパーマムと言っていました。なつかしいな〜。仕事に育児に家事。お嫁のスーパーは超スーパーだけどね。「大事に生きる」そう、この春はジュニアにとって節目だもの。何か一生忘れられないことをしなくっちゃね♪

今日何故遅くなったかというとね、これもまた大家業の一環と言えるかもしれないけれど、カナダは変な国と言えばとっても変な国で、ホームレスとかドラッグ中毒者とか精神病患者とかの家を一般住宅地に建てるのよ。精神病患者とかの家は「ハーフウェイホーム」とか呼ばれているみたい。

それでね、このようなソーシャルハウスをうちのレンタルマンションのソバに建てる許可が6年前に降りていたそうな。しかし、その後オリンピック村がその凄く近くにできることになって、ドンドン開発されて沢山のマンションが立ち始めたんだよね。ま、それはともかく、カナダ人はいろんな「種類の人間を同じところに住ますのがいい」って考えだから、「そんな家が建ったらプロパティーの価値は落ちるし、だいたい物騒でしかたがない。」って本音はあってもそれは差別だから言っちゃ言ちゃいけないけど、でも住人としては阻止したい。

そういうミーティングに行って来たの。例えば日本で言う「都営住宅」とかは「ローインカムハウス」って呼ばれていて、これ自体がオイラにしてみれば、なんだか「都営住宅」よりも差別用語に聞こえるんだけどな〜。で、兎に角、こういうソーシャルハウスをコールハーバーと呼ばれているバンクーバーに一等地に建つマンションの何階から何階までは「ローインカムハウス」にしないと建てる認可をディベロッパーにおろさない。オイラもそんなんだったら、「ローインカム者」になりて〜よ〜。てなことを思ってしまうんだけど。

それにしても、じゃ、どうしてポイントグレーとかショナシーとかの昔からの高級住宅地に「ハーフウェイホーム」を建てないの?不思議じゃない?

じゃいっそ日本みたいに、東京のサンヤみたいな地域をつくらないのかしら?あそこはアメリカのスラムのイメージじゃなくって、上等とは言えないけれど、でも十分に清潔だったよ。

価値観の違いってさー、よくわかんないの。

だいたいドラギーに「ドラグ」や注射針を提供している国だもの。取り締まりじゃなくって、こうすれば不潔じゃない「安全なドラグ」中毒者になれるから病気が移る可能性もへり、しいては医療費がかさまないで、税金が節約される、ってロジックらしいんだけど、正直オイラにはよくわからないロジックなんざんす。

さ、待ちにまった週末もまじか。皆様はどのようにおすごしでしょうか?オイラは久々に家のお掃除しましょ!少しだけねhouse

人気blogランキングへ ←お願いね? プチリ、シェ〜シェ!(こちらは〜、マンダリンだい。)
Banner_04


|

« 学習意欲のもと | トップページ | mottaさん、ありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学習意欲のもと | トップページ | mottaさん、ありがとう »