« ダライラマ15世? | トップページ | シュ~ン »

2008年3月 5日 (水)

My thouts are with you...

拝啓浪花嫁さま

え?本当に大当たりのビンゴー!だったの?ジュニア、そりゃ凄いよ。オイラたちがいなくなって、お嫁たちがいなくなって、そしてその次の世代をになうジュニアが、6歳にして「世界平和」を願ってくれるなんて、胸がジーンとしてしまう。「平凡に普通に」これって割と難しい願いだとおもうけど、確かにベィビーとジュニアの会話を聞けたらおもしろそう。ええ、オイラはきっと天国にいるから、シッカリ聞かせてもらいまっせ!

今日はね、会社のスティーブのワイフが亡くなったというニュースが朝から入って来て、とたんにオフィスが真っ暗になっちゃったの。スティーブとブレンダには15歳の女の子が一人いるの。とっても仲のいい家族だったんだよ。いつも春休みには3人でメキシコにあるタイムシェアーのマンションで休暇をすごして、、、、。オイラはこの会社にもう10年以上いるから、メリッサ(娘)がまだほんの子供の頃からしっている。

クリスマスのころはブレンダは「なんだか風邪がながびいて、、、」てな調子で抗生物質とか飲んでいたけどなおらなくって、病院にいったのが一月にはいってから。そして肺癌がみつかって、入院したのが2月の2日。そして昨日、膵臓にも癌が見つかった、ってニュースが入って来て、今朝もう亡くなっちゃったの。まだ50歳くらい。苦しんだ時間は短かったけれど、でも、実にあっけない。あまりにも早すぎる。

「ブレンダ‘S レセピー」とかってスティーブはメールをオフィスのみんなに流していたんだよね。ごめん、いまだに信じられないの。

こういう時ね、オイラはとってもダメなの。一体何をどういっていいのか分からない。日本語だって「このたびは御愁傷様です。」なんて言ったって、言われた方はどう反応していいか分からないだろうに。辛すぎる時はなんだか、じっと黙って頷いてあげるのがいいような気がするんだけど、マイハズ曰く、誰もなにも言ってくれなかったら傷ついちゃうそうです。だから今朝、

「I am very sorry to hear that. My thoughts are with you and your family.]

とメールを出そうと思っていた矢先に、亡くなったというニュースが舞い込んだ。で、また何も言えなくなっちゃった。

ブレンダは天国から、メリッサの成長を見守るしかできなくなっちゃったんだね。

人気blogランキングへ ← 今日はただただプチリとおねがいします。
Banner_04

|

« ダライラマ15世? | トップページ | シュ~ン »

コメント

mottaくん、覚えているかしら?われらがR社で働いていた時、隣の部のYさん(男)の小学校一年生になろうとしている娘がスキー場で亡くなった時、本当に胸が詰まってなんて良いのか分からなくて、結局何にも言えなかったんだよ。辛いよね。金曜日がブレンダのお葬式。言って来ますね。

投稿: シュート女 | 2008年3月 6日 (木) 12時35分

50才じゃまだ若いね。こういう時にかける言葉って、おいらも非常に苦手です。人事部で葬式担当している時になかなか「この度はご愁傷様です」と口に出して言えなかった。何でだろう。英語でもすんなりかけないな。参考になりました。

投稿: Motta | 2008年3月 5日 (水) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダライラマ15世? | トップページ | シュ~ン »