« 「まちょ」でマッチョ? | トップページ | 便利のしっぺ返し »

2008年2月 1日 (金)

肉体サイクル

拝啓浪花嫁さま、

おやま〜、ちょっと驚き、だって「まっちょ」かどうかはわからないけど、リストの1から4まで全部オイラに当てはまっているような気がするの。「加齢にたいしてよいイメージを持つ」って言ってもどういうイメージも未だにないのよね。これはこれからです。

先日とても近しい女友達とメールをしていてつくづく思ったこと、、、それは、「百歳まで生きる」ってことにちょっと関連しているけど、とにかく「百歳まで元気で充実して生きてる人」ってはっきり言ってみたことないの。80歳こしたらもうだいたいは「終わり」みたいな状態に近づいていってしまうみたい。うちの「ベィビー」とその彼女の「80歳ちょいの母」とがなんだか同じ状態なの。「おしめに始まりおしめに終わる」。オイラの友人の名言。「生まれるのも死ぬのも大変ってことなんだ。」と。なるほどなあ〜としみじみ思ってしまった。実嫁の大変さを目の当たりに見て、そしてこの彼女の母の介護の様子を実況中継のように聞いていて、確かに世界中にいるひとりひとりが生まれて死ぬ。生と死の間はたしかに自力で生きて、楽しむのも苦しむのも自分しだい。でも最初と最後は自分ではどうにもできないし、「自分」って意識もないかもしれん。「百歳まで充実して生きるコツ」って本を書いたら絶対に行けまっせ!売れまっせ!

ところでね、オイラは時々Book-Offに行って本を5冊か6冊まとめて買ってくるのよ。だって、アマゾンで買ったら、実際の二倍の値段になってしまうんだもの。だから、注意深くBook-Offをアチコチあるいて買い込むの。でね、「ガセネッタ&シモネッタ」を見つけった!うれしかった!勿論米原万里さんの本。下のほうの棚の隅っこにあったの。なんと$2だよ。凄い掘り出し物。「負け犬の遠吠え」も買った。前の米原万里さんの本に出てきていたからね。それから、motta君おすすめの石田衣良の「約束」って短編集。(彼の本はこれしかなかったからしょうがない。)

これらの本を抱えて日曜日から水曜日までスキーのメッカウィスラーに行てきまっす!なんで本もってスキー場に行くかって?だって、スキーしないんだもん。様子はまたウィスラーから実況でおとどけしますね。

人気blogランキングへ←100歳になってもハイパーかもしれないシュート女のエネルギーにプチリの応援、よろしくね。
Banner_04

|

« 「まちょ」でマッチョ? | トップページ | 便利のしっぺ返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「まちょ」でマッチョ? | トップページ | 便利のしっぺ返し »