« ほほえましい話Part2 | トップページ | 子どもの笑い声 »

2008年1月16日 (水)

赤ちゃんの存在感

拝啓浪花嫁さま、

楽しい思いで作ってご帰還。「ようこそ、お帰り♪」そしてま〜なんて凄いスケジュールでしょう。とってもついていけないわ!てなこといいつつ、こちらも一週間弱だったけれど家族そろってドタバタ時間をすごしていました。昨晩遅くに空港まで彼らを送っていって帰ってきたら、家の中はシーンと静まりかえっていて、なんだかポッカリ穴があいたよう。

赤ちゃんの存在感って凄いもの、って改めて思っちゃった。皆様、おぼえていらっしゃいますかぁ?あんな小さな身体で家中のみんなの気持と肉体を振り回す。エビぞりで泣いたとおもったら百万ドルの笑み。ウンチが出たの、出ないの。固いのやわいの。「ホラ、丸いのがでたんだよ。」なんて会話、赤ちゃんのいないうちではないわよね〜?

うちのベィビーは玩具に殆ど興味無し!スキな物は:
タッパの引き出し、踏み台、玩具じゃなくて本物のリモコン、ごみ取りクルクル、薬瓶、大きなリンゴ、絵本じゃなくて料理の本、その他なんでも玩具じゃないもの、さわるの禁止の物たち。

食欲:なんと凄い食欲か?主にベジタリアン食:
おかゆ、ほうれん草、豆腐、卵の黄身、じゃがいも、パン豆乳がゆ、おろしりんご、キウイー、バナナ、洋梨、最後にジュースやお茶をもらって、もうおしまい、「All gone!]って空っぽのお茶碗を見せられると、ギャーっとエビぞりで足バタで大泣き。このエビぞり/足バタの大泣きは結局なんだか、オイラゆずりということになってしまったみたい。オイラはこの年になっても、砂利の道ばたでエビぞり/足バタの大泣きをやっていた昔をおぼえているんだから、、、ね〜。

実嫁は毎日ベィビーのお洋服選びで大変。ま〜〜〜それはそれはカワユイお洋服がいっぱい。ケチなオイラはなにも買ってあげないけれど、おそらくオシャレな実母さまがセンスのいい赤ちゃん服を片っ端から、あれもこれもと購入なさっているんでは?ボンが赤ちゃんだった頃は、洋裁なんてできないオイラは、お人形さんのお洋服を縫うヨウリョウで半端布をチクチクぬったり、ちょいと大きくなったら古着屋専門!たまには頂き物のかわいいのもきてたけど、、、。あ、オイラは生まれながらのエコ人間かもね!

そう、一人一人の人間がーどの国にどのような家族のもと、いやどのような状態のもとにでも生まれ落ちた人間は、みんな一人一人、こうやってお乳を飲む事を覚えて、眠ることを学んで、食を学んで、字を学んで算をまなんで、一歩一歩大人になって行くんだと思うと、世界にいる人間全員の命の尊さを今更ながらに思っているシュート女です。単純なようだけど、凄いよね!


人気blogランキングへ ← 今の赤ちゃんの未来のためにもエコライフ。プチリと応援おねがいします。
Banner_04








|

« ほほえましい話Part2 | トップページ | 子どもの笑い声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほほえましい話Part2 | トップページ | 子どもの笑い声 »