« 不思議・不思議 | トップページ | 浪花ゆく年くる年 »

2007年12月28日 (金)

Biggest Loser!

拝啓浪花嫁さま,

あ〜たぁね〜♪そうは言ってもね〜、マイハズに言ったらね〜、"She has no room to loose anything."っていってたわよ〜ん。読者のみなさま、オイラが初めてお嫁を見た時に「なんてほそーい人なんだ?」ってことだわよ。日本では自分の身体が実に重く見えてイヤでイヤでたまらなかったのに、こっちに帰ってきたら元の木阿弥。なんのことはない、平気のへ!ってやつでクッキーやらチョコやらドンドン胃袋におさめているオイラ。時も時。クリスマスだもの。毎日届くチョコの山。それでね、実はね,Pala Auto の本屋さんで買った本のなかの一冊はこれ。

Biggest Loser 。シュート女はもう何年も前にBody for Life でやせました。それからずーっとワークアウトは続けているけど、身体のほうがマンネリになれちゃってタバコをやめてから、体重はふれる一方。だからこの辺でもう一度Newチャレンジを!というわけです。

お嫁がね糖分を簡単にやめられた理由、なんとなくわかるな〜。オイラはタバコをやめたのも本のおかげ。これは尊敬する勝間さんが読んだ本の英語版。え〜、簡単にやめられた。そして体重おとした時も本を読んでやせました。(またふとっちゃったけど。)要はね、理屈を頭で理解すれば、物事結構タヤスク運ぶんだと思うの。

え〜え〜、糖分についてもっと教えてくださいよ。オイラは糖分の上にチップスとかオセンベとかの間食も止めにくいんだけど、いい考えあるかしら?あるかしら?いい本あるかしら?あるかしら?

ちなみに、シュート女はとっても好き嫌いが多いので、昔からもう何十年もビタミンをのんで足りないものを補っているんですよ。ピルが食事?だったら簡単でいいのに♪なんて思うほど食が嫌いなんだけど、B1も毎日飲んでますよ。そうか、それでも、あんなにチョコやクッキーを食べてたら、B1毎日飲むのは無駄なんだ?そうだったのか?

そこで、お嫁さま、質問です。オイラはべつにお腹がすいてポリポリしてるわけじゃなくって、タバコ止めてから口寂しいのよね〜。”My mouth is lonly."とかいっちゃって、いつもポリポリやっているんだけど、この辺はどのようにクリアーしたんでしょうね?特にお嫁のようなお仕事してたら絶対に手がのびるんじゃないかしらん?ね〜?

脱砂糖に是非挑戦!って言い切ってやれるのかな〜。そうだ、新年から始めます!と先延ばしにするシュート女の嫌らしさ!減砂糖より、脱砂糖のほうがやりやすいと思うのね。だって減タバコは難しかった。一日一本までいったけど、結局もとにもどってスパスパやってたもんな〜?

人気blogランキングへ ←新年から脱砂糖に挑戦!応援してね、ね、ね、ね。プチリもね。

Banner_04

|

« 不思議・不思議 | トップページ | 浪花ゆく年くる年 »

コメント

montorealさん、今日もまた新しい世界にお誘いくださってありがとう。そうなんだ?枝廣淳子さんって、自然環境問題だけじゃなくて、「食」にも携わっていらっしゃるんですか?早速、大谷ゆみこさんの無料レポートにapply
しちゃいました。今度日本に行ったら「つぶつぶカフェ」に是非いってみたい♪「マイクロビオティック」ってなんだかとっても科学的で難しそうだけど、これだと確かに入っていきやすそう。うれしくなってきました。アリガト

投稿: シュート女 | 2008年1月 2日 (水) 11時02分

トロントで見かけたのは英語版です。

日本では数年前から流行っているようなので、いろんな方の
本がでていると思います。面白いなと思ったのは、大谷ゆみこ
さんの本。枝廣淳子さんのメルマガで時々紹介なさってます。
”つぶつぶ雑穀”という愛称で雑穀料理や砂糖を使わない
デザートなんかを広めていらっしゃいます。
10数年前の本を読んでみたら、マクロビオティックを基本に
していらっしゃることがわかりました。マクロビにチャレンジして
みようと思われる方には、大御所の先生方の本よりもすんなり
受け入れやすのではないでしょうか?

これまた、ご参考まで・・・

投稿: Montreal | 2008年1月 2日 (水) 04時44分

Montrealさん、
ためになるコメントありがとうございました。それで、さっそく、Googleおじさんに色々聞いてみました。私こういう玄米ご飯とか、お野菜系は大好きなんです。でも分かったことがあったんだ。それはね、根が料理が嫌いだから、〜〜〜素のってやつをフンダンに使う。だしの素、めんつゆ、おでんの素、焼き肉のたれ、その他。これが駄目らしい。トロントでご覧になったのは英語の本なのかしら?研究の余地ありです。これからもまた、ためになるご意見お待ちします♪

投稿: シュート女 | 2008年1月 1日 (火) 10時10分

はじめまして!Montorealに住むものです。

脱砂糖・・・も大切ではありますが、食事そのものを見直されると
だんだんと砂糖なしでもやっていけるようになります。それが、
”マクロビオティック”というものです。正食療法とでも言いましょうか。ただの玄米菜食とは言い切れない奥深さがあります。
トロントではナチュラルフードストアで本を見たことがあります。きっとバンクーバーにもあるでしょう。ご参考まで・・・

投稿: Montreal | 2008年1月 1日 (火) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議・不思議 | トップページ | 浪花ゆく年くる年 »