« ブルーマンデー? | トップページ | 東京の青空の下で »

2007年11月13日 (火)

温故知新ブーム

拝啓皆さま&シュート女さま

シュート女さまぁ、お元気ですかぁ? ベィピーちゃんとの日々いかがですか?

さてぇ、お嫁も元気にやっておりますよ。最近のお嫁のブームは「温故知新」。

その一)湯たんぽ

そのニ)落語

その三)乾物

いやぁ昔の人の知恵は本当にすごい(しみじみ)。それをじっくり味わいつつお嫁なりの味付けができればと思っちょるところです。

湯たんぽの良さに目覚めたことは前回・前々回書いたので今日は「落語」のことをちょいと書きましょうかねぇ。

NHK朝の連続ドラマ「ちりとてちん」をご覧でしょうか? 先週は泣きましたよ、あぁ~た。

このドラマは落語家をめざす女性が主人公。ドラマには3年前に家族のため・生活のために落語家の夢を捨てた元・落語家、草原(そうげん)が出てくるの。妻の応援でもう一度夢を追いかけようと決心するシーン・・・。

家族の前で突然落語をはじめる草原。

草原 「瀬を~はや~みぃ~。
     あーぁ、びっくりした。なんだんねん、あんた。
     いきなり…大きな声出して。・いえ、別に何でもおまへんけど。
     岩にせかるる~滝川の~。
     あんさん、えらいその崇徳院さんの歌、お好きと見えますな。
     一度は本意ない別れをするけども、いつか会いたい、必ず会いたい、いう
     その歌が…瀬を~はやみ 岩にせかるる~滝川~の~」
息子を膝に抱き、草原の横に座る妻。
草原  「われても末にあわんとぞおもう。・・・あわんとぞおもう」

いやぁ粋じゃぁないですかぁ。歌に託す思い・・・やっぱり落語が好きや、家族に苦労かけるけど夢を追いかけるわ、ごめんなぁ、ありがとう、っていう気持ちがこの「あわんとぞおもう」の一言に含まれているのよね。泣けますがな。

お嫁はいままで落語に興味がなかったけれど俄然興味が湧いてきましたよ。一応言葉を生業(なりわい)にしているお嫁。言語感覚も磨かれそうだし、落語と翻訳って全然フィールドが違うけれどなぁ~んかどこかでつながっていそう。こりゃ面白い世界が広がったもんだ。

ダーリンと「今度落語会に行ってみよか」と話しているの。フフフ・・・そのときは着物を着ようっと。

浪花嫁・勉強進捗メモ:

ポッドキャスト 英会話 eChat Vancouver」で英語筋肉の筋トレ継続中。最近内容が変わっちゃいましたね。前の方が良かったなぁ。

研究課題関連「加齢」「エイジング」の本を多読中。

アルツハイマーに関する本「100歳の美しい脳」を再読中。文章のうまさ(翻訳のうまさ)にうっとり。こんな文章が書きたいよ~。

人気blogランキングへ ←落語は泣けるでぇ~!
Banner_04

Banner_04

|

« ブルーマンデー? | トップページ | 東京の青空の下で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーマンデー? | トップページ | 東京の青空の下で »