« 時間も「いる」・「いらない」 | トップページ | 溺愛は虐待? »

2007年10月28日 (日)

健全な身体に健全な精神♪

拝啓浪花嫁さま,

10日間土砂降りだった(そういえば英語ではCatsとDogsなのが日本語では土と砂なんだね〜?今気がついた!)バンクーバーの雨の日々、その後にここ3日間のシミジミとした大好きな秋の陽気。「日本じゃ金木犀の香りがイッパイ」、って実嫁の母さまからメールを頂きました。だからかしら、私の知る限りの日本人は11月にみんな日本に帰省するみたい。やっぱり雨のバンクーバーから逃げ出して、金木犀の香る日本に帰る。やっぱり11月って日本の最高の季節、とオイラは思います。一寸前までは10月だったんだけれど、「温暖化」で11月にひと月繰り下がったみたい。

ところで、先日お嫁が書いていた、小学校2年生の女の子がさされちゃったってニュース。しかも、お家の前で。「日本は安全だという伝 説」はもうなくなっちゃった。子供がお外で遊べなくなっちゃったらオシマイって気がするの。淋しい限りだわ。オイラが子供の頃なんか戦後で、まだまだイッパイ”ヒロッパ”があって、暗〜くなるまで遊びまくっていたも んだ。缶蹴り、まりつき、落とし穴、だるまさんが転んだ、ドッジボール、フラフープ、縄跳び、ゴム跳び、なんでもかんでも、雨が降ってない限りお外でドロ ンコまみれで遊んでた!走りまわっていた。それに日本では今じゃは一軒家に住める子供はあんまりいなくて、マンションというコンクリートの中に暮らしているんだから、土の匂いん なて全く知らずに大人になってしまう。一寸これは大きな問題。

いえね〜、シュート女は日本の都会ッ子で、カナダ人達に比べるとそれはそれは情けないくらいに「自然」を怖がってしまうんだけど、先週の日曜日はとっても秋らしい1日で、ToDoListの中に”庭仕事”ってのがあって、マイハズはいないから一人でモクモクと土や落ち葉や樹木 と一時を過ごしたんだけど、スガスガシイ満足感で気持はいっぱいだった。シュート女は土や農作業とはあまり縁がなく大人になってしまったけれど、そ れでもこの満足感は他のものには代えられない、ってそう思う。ましてや、子供の成長期に”自由な外遊び”を抜きに大人になる。取って代わるはパソコンゲー ム。任天堂、DVDにと、なんだか仮創世界の経験だけで大人になってしまう。実体験なしになんだか経験したような気持だけで、、それが嫌でねボンの夏休みとかに、ボンを長期サマーキャンプにおくっちゃったんだよね。成長して帰って来た息子の姿は、息子への心配と淋しさを埋めても、おつりが来ちゃうくらいなものだった。

秋晴れの日はジムのワークアウトに使う時間を、お庭の「落ち葉かき」に費やす事にした。うちの庭はEndlessに落ち葉があるの。こんなお家に住むことはもうないかもしれないから、Enjoy when I can. ジムはいつでも行けるもん。色とりどりの落ち葉と2時間も格闘した後、お庭のジャグジーにつかりながら夕暮れ時の幸せをシミジミと心に刻むシュート女です。

ドンドン自然の中で遊んで大人にならないと、「実りおおい人生」が何なのか解らずに終わってしまいそう。なんとかならないものか?とまた思う。

人気blogランキングへ ←素敵な秋を感謝するシュート女にプチリと応援してちょうだい。
Banner_04

|

« 時間も「いる」・「いらない」 | トップページ | 溺愛は虐待? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間も「いる」・「いらない」 | トップページ | 溺愛は虐待? »